日々是好日(99)

2011年11月 2日 (水)

最近ちょっと目に入った話題などいろいろと・・・

2011110152_2 

唐突なんですが、「アラビアのロレンス」のアリさんです。ロレンス少佐の「白」に対して黒い衣装に身を包んだハリト族のアリさんのまあ美しかったこと・・・思わずシャリフ氏主演の名画「ドクトル・ジバゴ」がリバイバル上映された時は、お小遣い握って田舎から銀座の映画館まで出掛けたものでありました。(遠い目)

先日何気なくネットニュースを見ていたところ、アリを演じたオマー・シャリフ氏が最近カタールで催されたドーハトライベッカ映画祭のレッドカーペットにてファンの女性に平手打ちをしたという記事を目に致しました。

どうやらピンでの撮影をカメラマンに請われて立ち止まったところに、一緒に写真を撮ろうと寄って来たのが叩かれた女性。アラビア語で叩く前に「順番を待ちなさい」とシャリフ氏は言ったのだそうですが、「女性にビンタ」という事実は如何ともしがたく世界に配信されてしまった次第・・・

私が見たニュースでは、ビンタといっても「軽く叩いた」というものでありました。その場の詳細はようわからないのですが、79歳シャリフ氏、前にも所謂「キレちゃった」事件はあったらしいです。(おまわりさんにパッチギとか・・・ぷぷっ・・・)

おじいちゃんは、とかくキレるもんです。(というとキレないおじいちゃんに甚だ失礼ですけども。汗。)何かぷちっとくるものがその場の流れにあったのかもしれませんですね。

世に男女間のひどい暴力沙汰はいくらでも転がっておりますが、世間の目にさらされている立場の人は、たとえ相手がごり押しでもまず行動も慎まねばならないと思うから、腹が立ってもじっと溜めなければならなくてさぞやいろいろストレスでしょうねえ・・・。

201111011

上は「ドクトル・ジバゴ」。ロシア革命当時のお話で、シャリフ氏はエジプト人ですが、ユーリー・ジバゴというロシア人を演じたわけです。

この人はほかにナチス・ドイツの将校もやってるし、なんとあのチェ・ゲバラを演じてこれがよう似ていて熱演だったというから驚きます。

201111017

「将軍たちの夜」いちばん右がシャリフ氏。ちなみに、左から二人目は「アラビアのロレンス」でも共演したピーター・オトゥール氏。

201111018_2

・・・たしかに、似てるかも、ゲバラ。

昔のハリウッド映画ってそういえば、スター様が何処の国の人でも演じていて、別に不思議とも思わず見ていたものですが、皆さまいかがでしょう。(ハリウッド映画はドコの国の話であろうと英語ですもんね。だからかな?)

叩かれた女性は、ちゃんとツーショットは撮ってもらったとのことです。

「ファン」ということつながりで最近こちらもちょっと気になった話題は、旬のひと「グンちゃん」

◆先月30日、チャン・グンソクはツイッターに「私生活まで追いかけてくるファンの娘たち、俺を付け回して一挙手一投足全て知っているなんていう嘘をつきながらしきりに騒いでいるだろう。しかし、憶えておけ、その分お前たちは俺から遠くなっている。笑える時に笑っておけ^^俺は怒ったら怖い男だ~」という警告のメッセージをつぶやいた。

続いて「お前たちの顔はよーく覚えている」、「追っかけファンは顔を覚えているという言うと、めっちゃ嬉しがっているかもしれない。言っておくが、笑える時に笑っておけ~お前たちこれからはoutだ!」とつぶやいた。チャン・グンソクは私生活まで侵害し、しつこく追いかけてくるファンに頭を痛めているという。

チャン・グンソクは海外の「追っかけファン」についてもコメントした。「面白いのは、タクシーが10台ほどついて来るから車から降りて日本語で<ついて来るな!俺は怒ると怖いぞ>っと言ったら、話が通じない。後から分かったことけど、別の国の人たちだった」とその時のことを回想した。

チャン・グンソクは「追いかけてくること自体が不愉快ではないが、<程度>というものがなければならない」、「日本と日本人はとっても好き^^私生活まで追っかけてこられること自体が嫌いなだけ~また、中国と中国人も好きだよ。私生活まで追っかけてくるファンが嫌いなだけ~。俺がもうついて来ないで~って言ったらそこでやめてくれたらいいんだ。<程度>というものがあるだろう~」と、度の過ぎたファンの情熱が、チャン・グンソクを苦しめていると伝えた。

チャン・グンソク以外にも韓流スターは、私生活まで執拗に追いかけてくるファンのせいで不愉快な思いをしていることが多い。過去にも韓流スターが時々ツイッターなどでその気持ちを吐露したりしたこともある。

お疲れ様です、ツンデレ・グンちゃん、ずいぶん勇気ある発言ですよね。

201111012

長い髪にキッチリ、アイラインを入れて最近のグンちゃんはもっぱらメトロセクシャル・ファッションですが、三年前の大鐘賞のレッドカーペットで私が見たグンちゃんはこんなもんちっち・ヘアでした。あのころすでに本国では「今、旬の子」で盛り上がり始めていましたが、思えばすっかり遠いヒトですわな。

2011110110

上は先月東京ドームでプレーボーイズがチャリティー試合をしたときに国歌を歌いに登場したグンちゃんとスンウ兄さん。

ところで、うちのどんごん兄さんは中国にて撮影中に付きほとんどなんも聞こえてきません。先日「危険な関係」撮影現場を遠目に捉えた写真がありましたが、こちらも一般のネチズンによるものらしいです。

201111016

赤い衣装のセシリアさん、ドンゴンさんはアーガイル柄のセーターにハンチングですね。この男、なんという名前のキャラなんでしょう。もうちょっと情報でないもんかなあ・・・

201111013

この青年はパク・ユンジェ、あのチェリムさんの二つ下の弟さんです。口元がお姉さんにそっくりですね。「不屈の嫁」というドラマで財閥二世の役にて最近注目されているユンジェさんの映画デビューがギドク監督の「海岸線」だったそうで、ドンゴン先輩は美味しいものをたくさんおごってくださってうれしかった、とセクションTVで話したとのこと。

ユンジェさんはカン上兵の同僚ユン二等兵役でした。

201111014

どうでもエエ話ですが、カンちゃんの使っている迷彩メイク用三色シャドウは今も同じものが売っております。(お肌に優しい商品、だそうで。笑。)

ようつべさんで最近見た「アジョシ」の、ぞくぞくするよな素敵なメイキング、貼っておきます。走るテシクさん、30半ばの男と思えない身のこなしです。うっとり・・・(隣を走ってるカメラ載せたリヤカー引いてる人もスゴイですが・・・)

それから、エンディングで流れる印象的な曲に乗せたMVも・・・。

| | コメント (2)
|

2011年9月 3日 (土)

残暑・韓流

201109036

一緒に撮ったのではないでしょうが、大好きな二人が同じCM上に居るのが嬉しいLG電子3DのCMです。兄もアナーキストのセルゲイの横っ跳びシーンが彷彿のアクションで頑張っておりますが、カンペキに動きの収まる弟に対し、どこか何かがつい「・・・ぷふっ」と綻んでいる気ぞするのは私だけでしょうかsmiledog(スマン)

201109037

では、CM本編、御覧ください。豪華キャストですね~。shine

大型台風がとどまり、残暑と湿気の新学期です。私も仕事のシフトがまた「夜の女」状態になるのですが、かったるいことこの上なし、でございます。

残暑の中、昨日はヨン様が日曜日のイベントのために羽田に降り立ち、いつものアツい歓迎お出迎え風景が繰り広げられたとのこと。思えばこの夏も暑い中いろんな人が日本で活動し毎日と言っていいくらいどなたかが来日していて、逐一ニュースをチェックしきれないほど日常になった「韓流」、反動のようにネット上で盛り上がってしまった問題もありましたね。

しかし元祖ぺよん様はやはり根強いでございます。ニュースを見ながらなんだか妙にホッとしている私は「旧・韓流」のひとなのか?(旧も新もないですよね、まあ。)

201109032

日本に来る時は体調不良なことが多いヨン様ですが、今回は万全なのかしら。ちょっと笑った(失礼)ニュースの一節「困った時にも微笑みを絶やさない貴公子」、しかし今回同じ飛行機に「箱乗り」で羽田に降り立った強烈追っかけ組の皆さまもあったとのことで、こうして出迎える皆さんの前にお出になる前にすでに50人からのファンに駆け寄られもみくちゃになってさすがに「困惑」されたらしい・・・

52

(↑「箱乗り」参考画像・LGのCMより。なんちって・・・)

昔は「箱乗り」といえば暴走するかたたちの曲乗り(?)のことでありましたよね。同じ飛行機に乗るファンは昔から存在しましたが、ヨン様のところはそれも規模が大きかったのねん。

ヨン様、大変お疲れ様でした。

今週はワタクシも「アジョシ」と「ハウスメイド」を見に出かけ、ちょっと汗だくの残暑でした。感想書きますので読んでくださいね^^

201109031

記者会見でセロンちゃんを気遣うあじょし・ウォンビンくん。セロンちゃんが履いているのは女優さんたち御用達の赤い靴底のクリスチャン・ルブタンでしょうか。たいがいぺたんこの子供用の靴のことが多かったと思うのですが、今回は可愛らしいドレスにハイヒール、微笑ましいような、ミスマッチのような??意外さがいいのかもしれませんね。んで、片やビンくんはどんなオトナの女優さんが隣に来てもどうもあんまりしっくり来ない・・・結局彼女が隣に居るのが今のところ一番収まりがいいかもしれませんです。

映画「アジョシ」での二人を見るときっと納得できます。ぜひご覧くださいませ。

201109033

・・・・ビンくんのこの「盛り」は自前・・・だと思う。ずいぶん多いけど。(笑)

| | コメント (8)
|

2011年8月20日 (土)

美しき天然たちの新人時代

201108202

大荒れ秋雨前線(?)が炎暑を洗い流して10℃からの気温の落差が生じた関東、うっかりすると風邪を引くか足腰冷え冷えになってヨボヨボしそうな婆様miyukiです。coldsweats01皆さまもどうぞ、十分お気をつけくださいませ。極端なのはシンドイですねえ。

さて、今日のドンゴンさんのふさふさ・ぴかぴか・ちゅるちゅるアイドル画像は以下の記事のこんな話題から・・・downwardleft(特に目新しい内容ではございませんが。)

 (マネートゥデイ/チ・ソンフィ記者)

最近オンラインコミュニティの掲示板で、"国内の男性俳優たちのデビュー当初のいきいきとした姿"という文が掲示されて目を引いた。 

投稿には、我が国の有名な美男スターたちの新人時代の姿が収められている。'彫刻美男'な彼らのデビュー時の姿はどうだろうか。

201108205

※詰襟のインソンくんもさることながら、ワタクシは右側の画像の女子に目が釘付けに。このスッピン中学生みたいな女のコ、シン・ミナちゃんですね。

軍除隊後、様々な広告を飾り、活発な活動をしている俳優チョ・インソンはドラマ"学校3"で演技者でデビューした。当時彼は、詰襟の制服に短いヘアスタイルを演出して花美男外貌を誇った。

201108201

※ウソンくんはあんまり印象変わらないような気もしますが、やっぱりハシバシはピチピチかな?

デビュー当時の写真がやや鋭い目つきを持ったチョン・ウソンは、優れた容貌と反抗児イメージで目を引いた俳優。魅力的な額と強烈な目つきが今と別段差がないという評価だ。

"元祖彫刻美男"と呼ばれる俳優チャン・ドンゴンはデビュー当時、大きな目と滑らかな鼻筋、シャープなあごの線'で彫刻美男'のタイトルを得た。トップ俳優コ・ソヨンと結婚、1児の父になった後、ソフトなイメージが際立って見えているようだが、濃い眉とすっきりとした鼻筋に漂う洗練されたイメージは、昔も今も魅力的だという反応だ。

201108203 

※まあなんとふっくらした頬が可愛いことよ、ビンくん^^

俳優ウォンビンはデビュー当時と、現在の姿が同じでスターで指折り数えられる。デビュー当初の長髪のヘアや漫画の中から飛び出してきたような容貌で花美男俳優の隊列に上がった。最近、映画"アジョシ"を通じて腹筋とアクション演技を披露して野獣男子隊列に合流した。

201108204

※ジソぴも線が細いわあ・・・(笑)

今ではタフなイメージが強いが、デビュー当初の面白いキャラクターの演技を披露した俳優ソン・スンホンと、最近"無限挑戦"を通じて"洗濯板腹筋"を披露した別名'ソガンジ'ソ・ジソプはコミカルな感じのデビュー当時の写真がオンライン掲示板に掲載された。

201108206

映画"高地戦"で、魅力的な演技を披露した俳優のコ・スは、デビュー当初のソフトなイメージが強かった。コ・スのデビュー時の姿を記憶しているファンは、彼だけのヘアースタイルでソフトなイメージを引き立てていると伝えた。

201108207

※あれま、たしかに、ドンウォンくん。職場の同僚のおねえさんが東京都下のとある街の映画館で行われた舞台挨拶に出かけた際、ふつ~に無防備に道を歩くドンウォンくんに遭遇し、あまりの馴染みっぷりが意外でちょっとビックリしたそうな。このひとの舞台挨拶って、いつも激戦でアツいことになるんですよね。)

現在、軍服務中の俳優カン・ドンウォンはモデルとしてデビューし、ランウェイの舞台や雑誌のグラビアで強烈な印象を残した。

さて、ちょっと興味深かった以下の記事は、2、3日前の朝鮮日報。なんとなく、アルファベット表記がどなたなのか、わかるようなわかんないような・・・coldsweats01

「神は僕を作ったが、医者は少しばかり手直ししてくれた」。

アイドルグループSS501のキム・ヒョンジュンが先月、テレビ番組で整形をカミングアウトしたときの発言だ。ある公開オーディション番組の収録では先日、審査員を務める中堅俳優が、志望者にまじめな顔で「整形が必要そうだが、その気はある?」と質問、編集でカットされた。いずれも、今や女性だけでなく男性タレントの間でも整形が一般化していることを物語っていると受け止められている。

201108208

実際、ある有名美容整形外科医は記者に「現在芸能活動をしている女性タレントの99%が整形手術を受けているとすれば、男性タレントは90%ぐらいになる」と語った。「しばらく姿が見えなかったタレントが活動を再開したとき、その前後をよく比べてみて」とも。「充電中」というタレントの十中八九は整形しているという。

男性タレントの整形手術で最も一般的なのは女性タレント同様、鼻を高くすることだという。もちろん、その「成果」はピンからキリまでさまざまだ。美容整形外科専門医の間では、既婚の男性韓流スターKさんが「二重まぶたも鼻の手術も過不足なくよくできている代表的なケース」に選ばれたという。一方、シチュエーション・コメディーでブレークした若手スターJさん、人気急上昇中の韓流スターCさんは「鼻を高くしすぎたため、手術前より変になった」という声が多いそうだ。歌手・タレントのHさんは、手術後に鼻がさらに曲がってしまい「闇(無許可)手術では」とのうわさが飛び交っている。

ある整形外科医は「アイドルグループからソロになったK君は、鼻を2回いじったと聞いている。最初はプロテーゼを入れたが失敗した。そこで先日、肋骨(ろっこつ)を利用した最新技術で2度目の手術をし、鼻を高くするのに成功したとみられる」と語った。この整形外科医によると、肋骨の移植方法はまだ普及していないが、シリコンに比べ硬いため、確実に思い通りの形を出せるというメリットがあるという。

また、別の韓流スターSさんは、髪が後退していくのが悩みだった。結局Sさんは、後頭部の頭皮から取った毛包を一つ一つ取り出し、寂しくなった生え際に植える方法で悩みを解消したという。

50代以上の男性タレントは、ほとんどが目の下のしわを取る下眼瞼(がんけん)手術や、まぶたのたるみを取る上眼瞼手術を受けるそうだ。「韓国演歌界の三天王」と呼ばれているHさん、Sさん、Tさんもこの手術を受けたという。だが、1970-80年代に「青春スター」と呼ばれた俳優Lさんは下眼瞼手術で失敗、本来の年齢よりも老けて見えるようになったとうわさになっている。

3、4カ所以上いじる「複合整形」を受けた人も。男性アイドルグループZE:A(ゼア)のグァンヒは整形を自分のトレードマークにしてバラエティー番組で活躍、「整形ドル(整形アイドル)」とまで呼ばれている。07年に整形していたことを公表したFly to the Sky のファニについて、複数の専門家は「鼻と二重まぶた、目頭切開手術を受けたようだ」と分析している。

テレビ界や芸能界では、男性タレントの間で巻き起こっている整形ブームを「韓国社会における容姿至上主義や、整形医学技術・放送技術の発達が合わさった産物」と見ている。特に、画面にタレントの顔がより鮮明に映る高画質テレビ時代が幕を開け、男性タレントは以前に比べ強く整形へのプレッシャーを感じるようになったのでは、と指摘する声もある。

鄭智燮(チョン・ジソプ)記者

※あまりに極端な整形にはたしかに目が行ってしまいますが、芸能活動のうちにどんどん洗練されて行ったり、整形だけとはいえないところから変化をしていくのがスターと言うもんだろうとも思うわけで・・・ま、何はともあれどちらさまも、無理の行かないようにしていただきたいものですよね。

| | コメント (8)
|

2011年8月 2日 (火)

オダギリジョー・クロニクル

2011080214

けっこうな大木になった(?)我が家のブルーベリー。母が植えてそのまま野放し。coldsweats01毎年夏になると紫に色づいた実を摘んできて、ソースなど作って有難くいただくのがここ数年のこと。きょうも午前中呑気にザルに収穫していたところ、ドクガの幼虫のトゲにカブレ、エライ目に遭いました。いや痛いもんだすなあ・・・(泣)bearing 皆さまもお気を付け下さいませ。(ほんの小さな毛虫なんでごじゃいますよ、あうあう・・・・。)

スッカリ気持が萎えてしまい昼からぐずぐずしておりました。思いついて集めてきた、「マイウェイ」ドンゴンさんと共演のオダギリジョー氏のこれまでの出演作写真など並べてお届けしてみたいと思います。

熱狂的に見守って来たわけではないのですが、見れば「ああ素敵だなあ・・・」とうっとりする俳優さんの一人・・・出演は多岐に渡っていてテレビドラマも数がけっこうあります。

デビュー作ではないですが注目されたのが変身ヒーローものの「仮面ライダークウガ」 (2000年)であるというのは有名な話です。

201108022

・・・はい、↑たしかにオダギリさんですよね。

2011080217

↑友がもう一枚送ってくれました。ふふふ。仮面ライダーだわ。

変身ものというものに違和感がありどうしても受け入れがたかったんです、とテレビで言っておられるのを私も聞いた記憶があります。同時に現場スタッフへの尊敬と愛情は強く、親交は番組が終わった後も続いたとのことです。クウガも「マイウェイ」と同じく自分の考えをハッキリ述べたものの、熱心なオファーにより役を演じることに興味を持つという段階を踏んでいたようです。

201108025

話題を呼んだ故・飯島愛さん(右端)の「プラトニック・セックス」 (2001年)の映画化。オダギリさんは恋人役。

201108023

映画初主演の「アカルイミライ」 (2003年)。浅野忠信さんと共演。

201108024

ビートたけし氏主演の「血と骨」 (2004年)。刺青のやくざさん役の演技の存在感にはドンゴンさんも「いいな」と思っていたんだそう。(ドンゴンさん、「血と骨」見たんだ、とも思いましたわ。)

2011080211

NHKの大河ドラマ「新選組」 (2004年)では斎藤一(はじめ)役を。このドラマは新選組ものの例に洩れず各キャラごとに結構盛り上がっていましたが、この斎藤さん、写真ではちょっとわかりづらいですが、ニヒルでビジュアル的にもエライ恰好良かったんですよ、ええ。(中央、香取君の近藤さんの斜め左前、刀の柄に手を置いているのがオダギリ斎藤。)さらに手前の山本太郎さんもマイウェイに出演していらっしゃいます。

2005年は映画の出演が多いです。まずこちら、「メゾン・ド・ヒミコ」。

201108027

「メゾン・ド・ヒミコ」・・・ゲイたちが集って暮らすホテルのオーナーの恋人という役どころでありました。(ゲイたちを馬鹿にするような行動をした子供に黙って静かに怒りを炸裂させてどついてる演技が印象的でした。)

2011080212_2

「オペレッタ狸御殿」 雨千代役。妙に似合っていますが、ちょっとワケわかんないマニアックな映画でありました。往年の時代劇ミュージカルのリメイク。(鈴木清順・監督作品)姫様はあのチャン・ツィイーですよ。(ちなみに、故美空ひばりさんがデジタル出演していて、雨千代の母、ですと。おおおっ。。。)

2011080216

「パッチギ!」では「悲しくてやりきれない」を歌っておられました。この格好けっこう似合ってるかも。下半身は強烈ストライプのベルボトムです。(笑)

201108026

「ゆれる」 (2006)韓国版のポスターより。「ゆ・れ・る」とハングルのタイトル。(おおDSヨン様・上級編の書きとり問題が彷彿と。^^;)

2011080210

テレビドラマ「時効警察」 (2006年)

2011080213

「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」 (2007年)主人公のボクはイラストレーター。余談ですが、樹木さんの着ているツイードのコートが素敵。

201108028

共演はイ・ナヨンちゃん、キム・ギドク監督の「悲夢」 (2008年)記憶に新しいポスターです。

20110080218

田壮壮監督の「狼災記」 (2009年)は日本ではまだ未公開。

201108029

スペシャル・ドラマ「塀の中の中学校」 (2010年)では受刑者であり年齢も境遇も違う強烈な生徒たちの担任の先生を。先生もちょっと挫折を味わった人物でした。

そして「マイウェイ 12,000kmの真実」楽しみですね。

2011080215

・・・いちどドンゴンさんの作品もこんくらいさくっと一気に紹介してみたいもんですが・・・coldsweats01

| | コメント (23)
|

2011年6月 6日 (月)

MOVIEWEEK 『美しい顔』2011・男性部門より

201106061

《第10位~7位》 ※それぞれコメントしているのはカメラマンの皆さまです。

●人々は彼の魅力的な音楽とスタイルに熱狂するのに、感受性いっぱいの目つきをまだよく知らないようだ。
グォン・ヨンホ    (BIG-BANG・G-DRAGON)写真左上

●ミュージシャンの真正性を示す文字。
キム・ボソン

●カメラの前にじっと立っているだけで、彼だけのカリスマ性に魅了される。
李承燁      (復活・キム・テウォン)写真右上

●善良だ。それで時々は話をとことん行くようにも作る 情熱的な俳優だ。 

ハン・ヨンシン   (チソン)写真左下

●雰囲気だけ投げても画像全体のストーリーと印象をすぐに見つける力!
オ・ジェフン     (キム・ガンウ)写真右下

201106062

《第6位*チャン・ドンゴン》

●誰もが公認する国内最高の顔。 彼がカメラアングルの中にいるだけで幸せだ。
チョ・ソクファン

●顔の角度がスマートで、健康的な魅力がある。
イ・ガンビン

201106063

《第5位*チョン・ウソン》

●年輪が加わるにつれ、色濃くにじみ出る優しいカリスマ。
キム・ヒョンソン

●分かっていて良い被写体になってくれる俳優。 自分自身を自ら輝かせてくれる知っている。
キム・ボハ

201106064

《第4位*ソ・ジソプ》

●曖昧な眼差しと表情が、見る人にとって優しい印象を持たせる。
イ・ジョンホ

●天性、学ぶ。 私は、ソ・ジソプのようなオーラを放つ人に道でもどこでも出会ったことがない。 やっぱり'ソガンジ'。
ハン・ヨンシン

201106065

《第3位*チャ・スンウォン》

●カメラを圧倒するエネルギー。 現場をリードして、写真家のレベルに熱意を示す。 撮影が終わって暗室での作業時も席を守って、完成した写真を最後まで確認するほど情熱的な友人だ。
キム・ウク

●完璧な体と顔を持つモデルであり、俳優。
パク・スンガプ

201106066

《同率第1位*ウォンビン*ヒョンビン》

●男も愛する顔。 格好いい。 このようなおじさんはない。
パク・スンガプ

●いつものように、彼の顔は『美しい』という表現を超える。
グォン・ヨウンホ

●弱い男と強い男の姿が共存する俳優。
キム・ヒョンソン

●どの角度からカメラを向けても完璧だ。
アン・ソンジン

201106067

●入隊前のベルリン国際映画祭で堂々としていた彼の姿を忘れることができない。
チェ・ヨンビン

●遵守した容貌に柔らかく親切な思いやりまで備えた人間性の勝利者。
アン・ソンジン

●トレンディながらも真剣な学び。 ポーズが多様で、もっといい。
キム・ヨンジュン

※毎年このランキングに入り続けるメンメンってやっぱりすごいと思います。なんとなく今年も納得の顔ぶれ、ですかね。

ちなみに女性の第1位はキム・サラン嬢、2位はチョン・ジヒョンちゃん、3位はシン・ミナちゃんでした。偶然みたいにも思えますが男女とも1位は話題を呼んだドラマ「シークレットガーデン」の出演者。ヒロインのハ・ジウォンちゃんは女性部門の7位にランクイン、堅実です。

男性部門堂々の3位、チャ・スンウォンさん・・・ドンゴンさんよりふたつ年上ですが、最近とみにカッコいいです。悪くてすこぶるつきにセクシーなおやぢのまさに見本ですね。(笑)happy02

大学一年のときに学生結婚、お子さん二人、もう結構大きくていらっしゃると思うのですが、こんなカッコいいパパ、羨ましいぞう~~~

ドンゴンさんもファイティン!smile

| | コメント (4)
|

2011年5月27日 (金)

映画を撮るということ

201105272

今年のカンヌ映画祭はブラッド・ピット主演の「ツリー・オブ・ライフ」がパルムドールを受賞し、閉幕しました。

いろんな話題がありましたが、いちドンゴン・ファンが「マイウェイ」制作報告会の話題に浮かれつつもちょっと驚いたのが↑の写真左側のキム・ギドク監督のお姿。

監督はこれまでにも例えばポン・ジュノ監督の「グエムル」の大ヒットに関してのちょっと残念な発言などがありましたが、カンヌで「ある視点」部門賞を受けたドキュメンタリー作品「アリラン」の中での名指しの発言等がまたいろんな話題を呼んでいるようです。

名指しされたのが↑右側のチャン・フン監督。かつてギドク監督のもとで助監督を務めた所謂愛弟子であった人です。

チャン・フン監督は「映画は映画だ」「義兄弟」とヒットを飛ばしますが、ギドク監督のもとを事実上離れ、メジャーと手を結び撮った戦争映画「コジジョン」が今夏公開を控えています。

201105274

※チャン・フン監督の新作「コジジョン」シン・ハギュン、コ・ス、キム・オクビン、リュ・スンス、そして、勘三郎さんことリュ・スンリョン・・・と賑やかな顔ぶれが並んでいます。

師匠と弟子の「別れ」に関しては過去いちど「廃人説」記事が出て盛り上がりギドク監督自身が「チャン・フン監督とはずいぶん前に和解した」とメッセージを出すほどだったようです。

その後輩監督との決別の経緯で心に深く傷を受けて悲しみ、監督自身の言葉によると健康も害したとのことで、「悲夢」以後3年、それまで毎年一作撮ってきた作品を撮らなかった・・・私もカンヌでのギドク監督の変貌には少なからず驚きました。ずいぶんお痩せになったような・・・??

映画とはお金がかかるもの。そして、いろんな人間関係やビジネスの話が渦巻くところを乗り越える強靭さや裁量もないとあかんわけですね。それぞれの監督さんの間に、演出の才だけではなく、作品を撮るための方法や考え方の違いがあるのは当然のことですが、良くも悪くもギドク監督って、過去もう韓国では映画は撮らないと言ってみたりと繊細かつ「恨」なかたなんだなあ・・・・と思った次第です。

201105271

カンヌでは「海岸線」の主演を務めたドンゴンさんとも会って旧交を暖めたというギドク監督。日本にもたくさんのファンを持ち、韓国本国よりも海外での評価がなんぼか高いギドク監督。しかし、生きていくのは大変だ・・・そんなことを人生をかけて表現していらっしゃるのかもしれないなあ・・・とおこがましくもそんなことも感じました。

以下、二つほど記事をあげておきますです。

201105273_2

ぎこちない師弟関係の二人の映画が今年の夏順に封切りする。

キム・ギドク監督とチャン・フン監督、ぎこちない二つの司祭の映画が、今年の夏劇場で並んでリリースする残忍な運命をむかえることになった。 23日キム・ギドクフィルムとティーピーエスカンパニーは各々'豊山(プンサン)犬'(プンサンゲ)と、'高地戦'(コジション)が6月23日と7月21日封切りを確定したと明らかにした。

'プンサンゲ'はキム・ギドク監督が3年の間の沈黙を破って、製作に参加した作品であり、'高地戦'はチャン・フン監督が、'義兄弟'以後新しく初お目見えする映画だ。

偶然にも同日封切り確定を発表した二つの映画はキム・ギドク監督と、チャン・フン監督の間の格別な縁で注目されている。

チャン・フン監督はキム・ギドク監督が製作とシナリオに参加した'映画は映画だ'で、2008年派手にデビューした。 '映画は映画だ'というキム・ギドク監督の原案で大幅修正されて作られて、その年興行と批評の両側で成功を収めた。

201105278

だが'映画は映画だ'が配給会社問題で収益が正常に回って行かなくなり、チャン・フン監督がキム・ギドク監督を離れて投資配給会社ショーボックスの、'義兄弟'を演出したために両者の葛藤がもたらされた。 毎年映画を作ったキム・ギドク監督は衝撃で2008年以後映画演出を中断した。

映画界に広がったこのような事実は今年のはじめ、記事化されながら論議でふくらんだ。

201105275

当時キム・ギドク監督は、"当時はたくさんさびしくて残念だったが今はみな理解する。チャン・フン監督が数回謝罪をしたし、私は理解することにした"と明らかにした。

"豊山(プンサン)犬'製作費一部をチャン・フン監督が支援してくれたし、それで製作が始まることができる"と伝えた。

一段落したようにした二人の葛藤は今年カンヌ国際映画祭でキム・ギドク監督が、その間沈黙を破って発表した'アリラン'を通じてチャン・フン監督を、実名批判したため再びふくらんだ。

キム・ギドク監督は自身の映画世界を描いた'アリラン'で、"映画を共にしたいと雨の中で待った人、Eメールを送った人を受け入れたところ5年後に離れた。資本主義の誘惑を受けて離れた事は分かる"としてチャン・フン監督を取り上げ論じた。

201105276

※「プンサンゲ」は「ロードナンバーワン」で熱演したユン・ゲサンくん主演

偶然にも'豊山(プンサン)犬'と'高地戦'は南北葛藤で広がる素材を入れた。 チョン・ジェホン監督がメガホンを取った'豊山(プンサン)犬'は、一人の男が高位北脱出者の恋人を脱北させながら起きることを描いた。

キム・ギドク監督は'豊山(プンサン)犬'が、"私が製作する映画の中で最も大衆的な映画。私を起こす初めての信号弾になる作品"と明らかにした。

彼は今年カンヌ映画祭にチョン・ジェホン監督と同行しながら愛情を誇示した。

'高地戦'は朝鮮戦争当時占領するために血と汗を流して、葛藤を生じさせる人々の話を入れる。 '映画は映画だ'、'義兄弟'をひきつづき成功させたチャン・フン監督と、'共同警備区域JSA'のパク・サンヨン作家の出会いで、早目に映画界の関心を引いた。

外出することなく在宅したキム・ギドク監督と、実名批判で衝撃を受けたチャン・フン監督、二人の司祭の交錯した運命は、

もう観客らの選択にかかっている。 '豊山(プンサン)犬'はノギャランティーで相変らず低予算で、'高地戦'は80億ウォンを越える製作費で作られたが、

それもまた韓国映画の二つの顔だ。(STAR NEWS)

201105279

彼が韓国映画界の‘ニュースメーカー’という事実は間違いない。海外映画祭では脚光を浴びたが、国内では興行・評価の側面で多くの挫折を経験した金基徳(キム・ギドク)監督(51)。

彼が自伝的ドキュメンタリー「アリラン」で21日(現地時間)、第64回カンヌ映画祭「ある視点」賞(Un Certain Regard)を受け、また話題の中心に立った。「Stopped On Track」のドイツ人監督アンドレアス・ドレゼン氏と共同受賞だ。

韓国では「非主流」だが、世界では「主流」の‘金基徳の逆説’を再演したのだ。韓国の監督がこの賞を受賞したのは、昨年の「ハハハ」の洪尚秀(ホン・サンス)監督に続いて2度目となる。金監督はベルリン映画祭監督賞(「サマリア」)、ベネチア映画祭監督賞(「うつせみ」)に続き、世界3大映画祭で受賞するという珍しい記録を持つことになった。

13日のカンヌ現地上映の際、髪をほどいて結ぶパフォーマンスで世界メディアの起立拍手に応えた金監督は、この日の授賞式では作品に出てくる民謡「アリラン」の一節を歌いながら喜びを隠さなかった。

◇究極作家主義の勝利=「アリラン」は、08年から江原道(カンウォンド)の山奥で暮らしてきたという金監督が3年ぶりに沈黙を破って発表した作品。映画を制作するという行為に対する根本的な質問、助監督出身で‘義兄弟’演出者のチャン・フン監督に対する背信感の吐露、韓国映画界に対する直接的な発言などで論議を呼んだ。

金監督は今回、脚本・演出・演技のほか、撮影・照明・音響・編集など「1人ドラマ」を完成した。現地の反応は分かれた。映画専門誌スクリーンインターナショナルは「疑う余地のない究極の作家主義映画」と称賛したが、別の専門誌バラエティーは「金基徳の熱いファンでさえも退屈な映画」と酷評した。

しかしカンヌ映画祭は「ある視点」部門の20作品のうち「アリラン」を最高賞に選んだ。‘作家金基徳’に対する称賛とみられる。チョン・チァンイル釜山(プサン)映画祭プログラマーは「芸術映画の究極的志向は映画に関するすべてのものを作家である監督が一人でやり遂げることだが、『アリラン』はそれを実現させた名実ともに‘1人映画’。新しい映画を好むカンヌ映画祭側が金監督の作家性・実験性を認めたようだ」と述べた。(中央日報)

| | コメント (4)
|

2011年4月30日 (土)

服を素敵に着るオトコ

201104305_2

ドンゴンさんが「グッドモーニング・プレジデント」の公開を控えていた2009年9月、のちに「マイ・ウェイ」で共演することのになるオダギリさんは中国の田壮壮監督の作品「狼災記」でトロント映画祭にお出かけでした。

↑の写真は同映画祭でやはり上映された是枝裕和監督の「空気人形」舞台挨拶のひとコマです。

201104307

こちらが田監督とヒロインのマギーQさんとオダギリさん・・・先日なんとなくこの写真を眺めていて「・・・ん?」と気がつきました。オダギリさんの着ているジャケット、これって・・・・

201104303

同じ2009年暮れ「韓流フォーカード~FOUR OF A KIND~」で来日した時にドンゴンさんが着てたこのちょっと変わったジャケットと、襟の型は違うけれどもしかして殆どお揃い??

(脇の下の三角のマチの入り方や、打ち合わせ部分など見ても、たぶん同じブランドかな、と思えど結局どこの服なのか判りまへんでしたが。^^;)

201104306_2

う~ん、この服にニーハイ・ブーツとこの形の帽子を合わせる・・・ってオダギリさんならではの、出来そうで出来ないセレクト。

201104304

で、こちらはドンゴンさん全身像。特に冒険はせずいつものようにすんなり着ている感じですが、この服はドンゴンさんのカラダのラインをよく生かしてくれて、妙に印象的でした。

オダギリさんのような感覚のお洒落は誰にでも出来るというもんではありませんで、たまに髪型含め殆ど「アート」になってる気が致しますが、このかたはフツーのスーツなど役で着てらしても素敵ですよね。

旧日本軍の同じ軍服での共演、楽しみです。

201104309

「狼災記」(井上靖原作)こちらの衣装デザインはワダエミさんだそうで。染み入るような素敵な青です。

以上、服の小ネタでした。

201104302

さて・・・昨日はヒョンビンくんがいよいよ配属先のペクリョン島へ。着ている制服はたしかに洗濯屋さんに出されていたもののように見えます。

一緒に島まで付いて行った取材陣やらファンがとても多く、船のチケットは早々に売り切れちゃったみたいですね。迎える島の皆さんも横断幕を上げて歓迎したそうな。

ぺクリョン島は仁川港から船で四時間ほど。その間トイレにも行かず外にも出ず。同僚の皆さんもヒョンビンくんを守って(?)おったとか。ファンが「飲み物でも差し入れしていいか」と軍関係者に申し入れたところ、その関係者はヒョンビンくんの直筆メッセージを貰ってくれたんだそうな。「応援してくれてありがとう」と。

去年砲撃のあったヨンピョン島とペクリョン島に配属になるお子たちには通常新兵が配属先に赴く前には与えられない休暇が与えられる・・・ってやっぱそれだけ大変ってことなのですね。

社会で活動中には自分でこんな重そうな荷物は持つこともないと思うんですが、偉いです。(チュンフン先輩も「彼はほんとによくやっている」と褒めていました。)

201104301

昨日は「ロイヤル・ウェディング」の日でもありました。宮殿のバルコニーでのキスはデジャヴュでありました。ウィリアム王子の母上ダイアナさんの結婚式もテレビで見ていたっけなあ・・・

新婦ケイトさんのドレスはアレキサンダー・マックイーンのチーフデザイナー、サラ・バートンの手になるもの、ティアラはカルティエだそうです。スレンダーな体にすんなり広がるカラーの花のようなラインがよくお似合いでした。どうぞ、末永くお幸せに・・・

2011043010

| | コメント (3)
|

2011年4月29日 (金)

ドンゴンさんちはお引っ越し(ニュース徒然・4月最終週)

201104293_2

↑「恋風恋歌」よく見るスチールとはちょっと違うバージョンです。

早いもので、あのお式からもうすぐ一年が経ちますね。ソヨンさんが大きなお腹を抱えて新婚時代を過ごしたあの黒石洞のマンションから、最近三成洞のマンションに極秘で引っ越しをなさったというニュースが。

◆チャン・ドンゴン&コ・ソヨン夫妻が新居を構えたソウル市銅雀区黒石洞から、江南区三成洞に極秘で引っ越した。

同夫妻は今月中旬、三成洞の高級マンションに転居。しかし、三成洞のマンションを購入したわけではないという。チャン・ドンゴンの関係者は「新居に関し、過熱報道が多かった」とし、「静かな生活を送るため最近引っ越した」と明らかにした。

チャン・ドンゴンは映画『マイウェイ』の撮影のため、多忙な日々を送りながらも、妻コ・ソヨンと子どもを気遣い、引っ越しを決意。二人は引っ越しの情報が外部に漏れることを恐れ、セキュリティー面で安心な物件を探していた。

チャン・ドンゴンは5月、第64回カンヌ国際映画祭で『マイウェイ』の制作報告会を行い、現地で各国プレスの取材に応じる。

(朝鮮日報/チョン・ヒョンファ記者)

黒石洞のあのおうちは、部外者が入り込むということはなさそうな、要塞みたいなマンションですが、いかんせん結婚の報道と一緒に注目の的になった立地条件上も「目立つ」物件です。最近はイ・ミンホくんが引っ越してきてその時にも報道がちょっと盛り上がりましたっけ。出入りするにも気を使ったりと何かと落ちつかなかったのかもしれません。

三成洞の物件、賃貸なのでしょうか。う~~ん、家賃はちょっと想像もつきませんデス。coldsweats01moneybag

もとのおうちは購入したはずですから、どなたかに貸すのかご家族が住まれるのか・・・。

撮影の合間ドンゴンさんも引っ越しの用事モロモロを済ませたり、休暇でソウルに戻ってきたヒョンビンくんと食事をしたり。来週は馬山、釜山で撮影のあといよいよ再来週はカンヌ映画祭のプレス活動、そしてヨーロッパロケです。

ファイティン!rockhappy01

さて、↓こちらは、洗濯屋さんで確認されたヒョンビンくんの入隊時着ていたブルゾンと軍の制服・・・とのことですが・・・。

201104292_3

たしかに「キム・テピョン」(本名)とあります。サイズは95M185とな。(これは胸囲と身長?)

同期のお子がテレビの取材に明かした裏話「ヒョンビンのリップグロス(クリーム?)」その香りで、あ、彼が来た、とわかるのだそうな。(笑)

そういえば、ウォンビンくんが入隊のときもさきに兵役を済ませていた俳優中間がリップクリームと、これは必需品だよとバンドエイドを差し入れてくれたのだという話を聞きました。

リップのかほりはホホエマシイですが、そのヒョンビンくんが今日29日、仁川港から出航し向かうのが、昨年春哨戒艇「天安」沈没事件のあったペクリョン(ペンニョン)島だというのにはちょっと驚きました。北方限界線に沿って、去年砲撃事件のあったヨンピョン島よりさらに北です。景色が素晴らしいところのようですが、とにかくくれぐれもお気をつけて、ご無事で任務を遂行なさいまし。

201104299_2

◆俳優ヒョンビン(本名キム・テピョン)が“ペクリョン島の真の海兵”になる。海兵隊司令部は18日に報道資料を出し、「浦項(ポハン)海兵隊教育訓練団で新兵教育を受けているキム・テピョン訓練兵を西海(ソヘ)ペクリョン島海兵隊6旅団に専属配置することにした。22日に新兵訓練修了式を終え5日間の休暇後にペクリョン島で一般歩兵戦闘兵として服務することになる」と明らかにした。

海兵隊司令部は8日にヒョンビンを兵役義務未修者を対象に海兵隊入隊を誘致する募兵広報兵として配置する方針を明らかにしていた。海兵隊関係者は、「キム訓練兵が一般戦闘兵として平凡に勤務することを望む国民の願いを前向きに反映して既存の立場を変えた」と話した。(中央日報より)

201104297 

↑ドラマ「初恋」の懐かしい画像です。ヨン様の隣、チャヌのあぼじ役だったキム・インムンさんが25日癌のため亡くなりました。「ホテリアー」でもヨン様のあぼじでした。映画「マイ・リトル・ブライド」ではムン・グニョンちゃんのはらぼじ役。

贔屓の俳優さんのドラマの中であぼじやおんまを演じた俳優さんたちはなんだか慕わしく、懐かしい気が致します。元気なニュースを読めば嬉しいですし、訃報を聞けばとても寂しいです。

ご冥福をお祈りします。

201104298

↑こちらのカップルはお別れしていたようです。よくデート場面を目撃されていたのにねえ・・・。

◆女優チェ・ジウ(35)とイ・ジヌク(29)が破局していたことが分かった。

イ・ジヌクの所属事務所の関係者は28日、「イ・ジヌクはチェ・ジウと別れた。これからは俳優仲間として付き合うことにしたと聞いている」と伝えた。しかし破局した時期と理由については明らかにしなかった。

業界関係者によると、2009年に交際を認めた二人だが、イ・ジヌクの軍隊入隊などにより関係が疎遠になり、今年初旬、それぞれの道を歩むことにしたという。交際開始から3年目の破局ということになった。

チェ・ジウとイ・ジヌクは2007年、ドラマ『エアシティ』で共演したことがきっかけで親しくなり、交際を始めた。

なお、チェ・ジウは現在ドラマ『医科大学』への出演を前向きに検討している。除隊したイ・ジヌクは、現在、次回出演作品を選んでいる最中だという。

(朝鮮日報/ヤン・スンジュン記者)

201104296

東京で3月に開催予定だった今年のフィギュアスケート世界選手権がモスクワで始まりました。

男子では小塚崇彦くんが4回転ジャンプを決めて逆転の銀メダル、いやあ盛り上がりました。直前滑走のの高橋大輔くんにエッジのビスが外れてしまうというアクシデント発生。ふだんイマイチ地味な小塚君、このコはどうも、大ちゃんが危機に陥るとぴりっと覚醒する・・・のかも???(萌え。ぷぷ・・・)catface

フィギュア界のサラブレッドである小塚君のスケートはノーブル。ヨーロッパのスケート通にもとっても受けが良いようです。

「何か日本にお土産を持って帰りたかったので・・・」と言った彼が手にした日の丸には「がんばろうニッポン」とありました。

「完璧に滑れると、疲れないんですね。」とも言ったそう。心と技の一致した演技が出来る瞬間って、スポーツ選手にとってもなかなか訪れないもんなのでしょうね。

おめでとうございますhappy02

201104295

↑開会式ではリンクの上に日の丸が・・・。男子の金メダルはカナダのパトリック・チャン(このコのご両親は香港の出身なんですね。アグネス・チャンさんと同じ、漢字では陳さん。)、銅メダルの王子様はアルトゥール・ガチンスキー(ロシア)

↓ニュースではないけど、こっそり、今日のオマケ(笑)数年前のチョコパイのCM撮影の折のひとこま。ぷぷっ・・・すでに立派な貫禄の某Yちゃん(手前)

201104291

前回のびっくり白塗りビンビンさん、日本のCMではこのように、清楚です。↓ドンゴンさんとの共演も、戦時中の話だからして、きっとこんな感じですよね?

201104294

| | コメント (6)
|

2011年4月27日 (水)

イイ男と薬指

201104263

驚きのニュースも出尽くして、ちょっと静かになったでしょうや?何かの陰謀説(大衆の視線をはぐらかす?)か?と言われたり、例の事件のニュースを扱えば視聴率が上がるために余計報道合戦が白熱してしまった等々、いろんな分析も出ていた昨日、「傷心チョン・ウソン、日本へ」とな。

もともとドラマ「グッドライフ」6話から出演予定のお医者さん役の撮影のためのスケジュールはあったようですが、すこし日本で休養なさいませ。いやほんとに大変でしたなあ。

先週拾ってそのままアップしそこなった、ちょっとしたネタでございます。なんか、イ・ジアちゃん関連のニュースに比べたら微笑ましすぎます。(笑)

なお、例によって、元ネタにワタクシが勝手に引っ張ってきた写真を足しております。

◆薬指が人差し指よりも長い場合は、魅力的な男? 国内トップスターの指の比較!

[bntニュース/ミン・ギョンジャ記者]

最近の女性たちが薬指が人差し指より長い男性に魅力を感じるという研究結果が出てきた中で、国内トップスターたちも、この方式が適切になったのか確認してみた。

その結果、ほとんどの男性芸能人たちの人差し指が薬指よりも小さかったことが確認された。 しかし、一部の芸能人たちは人差し指が薬指よりも長く、あるいは同じだったにもかかわらず、相変わらずの人気を享受していることが表示される正確な研究ではないと思われる。

ハンサム代表格である歌手のイ・スンギは、研究結果のように、薬指が長かったし、最近SBS新ドラマ『シティーハンター』を撮影中の俳優イミンホも優れた容姿に合わせて薬指も長かった。

201104269

永久的な彫刻美男チャ・スンウォンとチョン・ウソンも研究の方式のように人差し指よりも薬指が長かったし、軍隊でも話題になっているヒョンビンもまた薬指が長かった。 このほかにもチャン・ドンゴン、ビッグバンのTOP、チョ・インソンもまた、人差し指よりも薬指が長く、『魅力的な男』として堅固に位置づけた。

ただし、薬指が短い場合は、魅力的な男ではないか? タイの王子ニックンとキム・ヒョンジュンは、写真上人差し指よりも薬指が短く見えるが、これらの魅力には、この研究結果は、無用物であるようだ。

201104265
一方、この研究結果は、4月20日(現地時間)、英国王立学科生物学ジャーナルに掲載されたスイスのジュネーブ大学の研究結果として残るが母のお腹の中にいるときに、男性ホルモンのテストステロンの影響を多く受けるほど、『男性的な身体』で発達し、女性をより容易に誘惑することができるという内容だ。

カミーユ・ペールデンが率いる研究チームは、バランスの取れた顔、深い声、体臭など、テストステロンが多い男性の外形的な特徴で、女性が本能的に引き付けられるか調べる実験をした。 その結果、女性が魅力的な顔だと選んだ男性は薬指が人差し指よりも長いことが分かった。

また、女性は、テストステロンの影響で左右対称を遂げた男性の顔にもっと魅力を感じていることが明らかになり、女性が感じる魅力的な男性は、見た目とは関係なかった。

・・・・なんだかわかるようなわかんないような、ちっと回りくどい説であります。テストステロン??

指が長い男子が好き、という女子はたしかに多いですね。意外な繊細さを感じてドキドキするのと、あのなんとなしに持て余してるような風情もたまらないのかも。

201104261

201104262

我らがチャン・ドンゴンさんの指の長きこと、その持て余しっぷりdogはいろんなお写真に見られます。

201104268

・・・が、たまにはこんなふうに積極的に使用する場面なども。(笑)お兄さん、何か電波でも出そうとしてます?・・・とうっ!!

201104264

・・・・ところで、じつはこの方もなにげに薬指のほうが、長し。(て、テストステロンか・・・^^;)映画ファンには人気高し、本国でmiyukiが見たときも「きゃああ~~~っ!!」と黄色い声援が上がっていたキム・ユンソクさん、次回作は隣りのご主人ジョンジェくんと共演の「泥棒たち」です。

2011042611

隣のご主人ことイ・ジョンジェさん、こりゃもう、楽勝!?ですね。

201104266

あじょし・ウォンビンくんも、楽勝smile

201104267

う~~ん、美しい・・・・・(ウットリ・・・・)

ところで、ウォンビンくんがらみでちょっとびっくらしたお写真をおまけに。

2011042612

Mr.オクレみたいな七三わけのビンくんは日本でのジュエリー・ドレッサー表彰式以来ですが、何やら隣の女性の真っ白メイクのせいか妙に色が黒く見えますよね。なんだってこんなにてんこ盛りのメイクをしているのでしょうね、服に負けないようにかな?

この女性、なんと目下ドンゴンさんとも共演中のファン・ビンビンさんなんですよ。ウーロン茶のCMのすっぴんみたいな清楚さとはまるで別人のようです。(ビンくんの表情が曖昧なのは、ビックリしてるのかも~~^^;;;)少し前行われた北京でのバーバリーのショーでのひとこまのようです。

| | コメント (2)
|

2011年4月24日 (日)

韓国芸能界始まって以来の大スキャンダル???

201104242 特別に思い入れているファンでなくともなんとなくココロにモヤモヤと雲が掛かり、成り行きが気になる、くだんの「イ・ジア事件」。

なんでそんなに大騒ぎになったかといえば、彼女の結婚していた相手がソテジという伝説がかったアーティストであり、現在の恋人がチョン・ウソンという実力・人気・容姿ともにすこぶるつきのノチョンガ筆頭、誰もが羨むエエ男だったから。そして、彼女自身のあまりにも謎だらけだったデビュー前のプロフィールがつぎつぎと明らかにされて、まさに蜂の巣をつついた如しの騒動になってしまった。
何かとアツく燃え、突っ走る韓国メディアやネチズンたちも、さすがに驚きを隠せない今回の騒動って、いったい・・・??

201104241

【ソウル22日聯合ニュース】歌手のソテジと女優のイ・ジアが結婚後、離婚していたことが明るみになり、韓国芸能界やファンの間に大きな衝撃が走った。イ・ジアがことし1月にソテジを相手に慰謝料5億ウォン(約3780万円)、財産分与として50億ウォンを請求する訴訟を起こしていたことが21日に明らかになり、2人が夫婦だったことが発覚した。訴訟については、両者の言い分が食い違っており裁判は長期化しそうだ。

 カリスマ大物歌手と日本でも人気の女優が結婚後に離婚していたという事実を知らされた韓国芸能界やファンは大騒ぎだ。

2人の所属事務所は、まったく知らなかったことで本人らに事実を確認中だと説明していたが、イ・ジアが所属事務所を通じ、ソテジとの関係や訴訟について全てを認め、ベールに包まれていた2人の過去の関係が明るみになった。

ソテジとイ・ジアは1993年に米国で出会い、1997年に現地で結婚後、アトランタなどで結婚生活を送った。しかし、2000年6月にソテジが帰国し、活動を再開。その後1人で過ごしていたイ・ジアが2006年に離婚申請書を提出し、2009年に正式な離婚が認められた。

イ・ジアは、ソテジが有名人だったため、女優デビュー後も私生活を隠すしかなかったと説明している。離婚問題を円満に解決したかったが、お騒がせして申し訳ないとコメントした。2人の間に子どもがいるといううわさについては「まったくの事実無根」だと否定した。また、現在係争中の訴訟も離婚訴訟ではないと強調した。

 一方、ソテジの所属事務所は「ソテジがレコーディングのため海外滞在中で、連絡が取れない。連絡がつき次第、本人に事実を確認する」としている。

 現在、2人は離婚の時期をめぐり意見が食い違っているという。イ・ジアは2009年に離婚が成立したため、慰謝料・財産分与請求が可能だと主張しているが、ソテジは2006年に離婚し、請求期限が過ぎたとの見方を示している。

10代にロックグループ「シナウィ」のベーシストとして音楽活動を始めたソテジは1992年にグループ「ソテジワアイドゥル」を結成、数々のヒット曲を送り出し、韓国音楽界の歴史に新たな1ページを刻んだ。

イ・ジアは、米国留学中だった2004年に出演した携帯電話の広告がきっかけとなり2007年にドラマ「太王四神記」でデビュー。その後、「ベートーベン・ウィルス~愛と情熱のシンフォニー~」「スタイル」「アテナ:戦場の女神」など話題作に出演し、人気を博した。

201104245

芸能人にとってそのパブリック・イメージというもののありよう、持たれようはまずいちばんに商品価値を大きく左右するものだと思う。仕事をするうえで大切な信頼関係に水をさし、迷惑をかけ、大衆の興味や怒りなどなどを巻き込んだ騒ぎに発展した理由のキモは何といっても「離婚していた事実や相手」というより「当然話しておくべき大事な相手にも彼女が明かしていなかったのかもしれない。」ということなんではなかろうか。

ニュースの拾い読みをしている一介の韓流オバチャンに過ぎないけれどそんな私ですら、すっかり動揺して仲間と過ごすはずだった誕生日のパーティーもキャンセルしたというウソンくんが気の毒でならない。知っていたのか知らなかったのかは存じ上げないけれども、恋は始まったばかり、ついこの間イソイソとご報告があったばかりだというのにね。

彼女のデビューはヨン様と共演した「太王四神記」。日本で放送が始まるとき、NHKで特集番組があったのだが、その時の彼女は今思うとちょっとイタイかんじがしなくもなかった。
出演した感想を微笑んで語りながらいつしかぽろぽろと目から涙が零れるのである。「ヨンジュン先輩」に向かってひたすら何かの余韻を引きずる感情を投げかけているような。ヨン様のほうはそれをなにげに受け流しているような感じに取れた。
キハ役のムン・ソリさんのクールで堂々とした、ヨン様と対等の姿とは対照的で、やけに印象に残っている。新人さんだから、頑張ったんだよねというくらいに思っていた。

201104246

その後、彼女が出演した「ベートーベン・ウイルス」を面白く見て、ミョンミンさんのカン・マエに転んだ。

「太王四神記」でも「ベートーベン・ウイルス」でも、彼女は熱演していたし存在感も才能も美しさも(ちょっと人工的だけれど)十分備わっていたと思うのだが・・・。

いかんせん、「順番を間違えた」「何か無理があった」ということだろう。
バツイチだって、子供がいたって、世間を味方に頑張っている女優さんはいくらでもいる。

せっかくの才能はもったいないと思うのだが、今後の道のりはなかなか困難なことだろう。そしてウソンくんの対応には、彼の男っぷりがかかっている?・・・と思われ。(頑張れ!!)

メディアの関心は、新人彼女がなぜいきなりドラマの主演クラスの役を得られたのか、そこにどんな人間関係や駆け引きがあったのか、ということにも注がれていて、ちょっとへえ、と思ったのが、かつてヨン様の日本でのビジネス・パートナー、IMXのあの孫社長の実のご兄弟がソテジ氏のマネージャーだったことがある、というもの。

孫社長、お懐かしいそのお名前。あれから幾星霜が流れて過ぎて(遠い目)たくさんの韓流ファンがとなりの国の芸能スキャンダルに驚いていることよ。

201104243

ヒョンビンくんは四泊五日の休暇で、ドンゴンさん、ハン・ジェソクさんと一緒にご飯を食べたようですね。そのあとはご家族とゆっくり過ごすんだとか。海兵隊では頑張ってますね。ますます顔が細くなっちゃったみたいな・・・??

201104244

| | コメント (4)
|

より以前の記事一覧