« 2014年5月 | トップページ

2014年6月

2014年6月 7日 (土)

The Crying Man チャン・ドンゴン MOMENT・・・1st Lookより

201406077

新しい映画が公開になるとたくさんのインタビューが出ますが、それらを読んでひとしきり考え、想像を巡らせる、ということは私にとっては最高の癒しでもあり、自分の中の軌道修正でもあり、ボケ防止でもあります。(御免ね、ドンゴンさん。ふふ。)

この1st Lookの記事を書いたのは男性のようですが、「良く知っている人のようなのに、まったく知らない人でもあるような」というこの感覚、非常に共感いたしました。あまたの人々から想像され、形作られながら、その偶像から見事に逃れて「チャン・ドンゴン」を生きている・・・ある意味何かの役を演じているよりも興味をそそられるご本人の存在というのがこのヒトのキモなのかもしれませんが、それは永遠に見え隠れ・・・ということで。

(以下、ところどころ良く分からなかった箇所は大いに意訳です。)

2014060710

201406075


201406072_2


201406078

選択は難しかった。オレンジやバナナ、またはアップル、マンゴーやドラゴンフルーツのような、慣れとまだ馴染まないものの間の選択はいつも難しい。果物のパッケージを前にして、チャン·ドンゴンの名前を思い出した。私たちが知っている最もハンサムな男性の名前、目を閉じても顔を思い浮かべることができるほどよく知られているけれど、簡単に触れることができない存在感を持つ人。

時には慣れていながら、粗野な、まるで異国の果物やのような存在。私はチャン·ドンゴンを思いうかべながら、扱いを良く知らない粗野な果物や目を閉じても食べればわかる果物の両方をバスケットに入れた。

それを持ってチャン·ドンゴンに会いに行く時にまた考えた。ハンサムな顔は慣れている、妻帯者であることは馴染まない、ジェントルな声は慣れ、調教された馬の筋肉のような筋肉は馴染まない。それなりの分類を終えるにあたり、やがてチャン·ドンゴンが到着した。

湖のような瞳は相変わらずだったがガッチリした肩は、画面に表示されるものよりも大きくに見えた。聞き慣れた声で話すが、ドラマの中のキャラクターとは違い、言葉が少なかった。ファインダーの中の彼は、笑いながらも、淡々し、同時に深刻だった。誰かの父であり夫であり、世界で最もハンサムな俳優のあまりにも複雑で深遠なその表情は、今まで見ていたものとは異なっていた。それは調理されていない生そのものの、ただ完全な男の表情だった。驚くほど生硬して慣れないくらい悲しい、孤独な野獣は、おそらくこれがゴンの表情だろうか。チャン·ドンゴンのゴンが気になった。異国の果実味が気になった。唾液が溜まる。

***********

慣れているが、リアルな顔、「ハンサムだ」は食傷しても明らかな表現を繰り返すしかないチャン·ドンゴンと顔を見合わせた。

柔らかな笑顔と鮮やかな目つきはいつも簡に思い浮かべるたが、映の話をする彼の表情が寂しいほど涼しく、また、ひりひりとして、改めて考えながらのぞいてみた。 

数々の物語が刻まれた男の顔は、その短いが、余韻の長い表情が心にった

201406073

ニットトップス・・・エルメネジルドゼニア

201406074_3


ホワイトタキシードシャツ・・・ドルチェアンドガッバーナ

Faces of man

生きてきた時間の半分をブラウン管とスクリンのドラマの中で生きてきもいざ際には大幅にドラマチックではない人生を描いてきたが、すっきりした顔の男は、その代わりに生命の兆候を注意深く顔や体に刻んだ。名前の前についた 'ハンサム'を取り外して、完全な '俳優'の時間をながら

201406071


スリーピーススーツ、シャツ、ネクタイ・・・すべてグッチ

2014060711

ニットトップス、ネイビージャケット・・・エルメネジルドゼニア

201406079

ネイビーのコートとパンツ・・・ランバン、トップスはアレキサンダー・ワンby10コルソコモ

201406076

ブラックシフォントレーンの走るジャケット・・・コムデギャルソンオムプラス、ベスト・・・ラブシモンズ by 10コルソコモ、トップス・・・アレキサンダーワン by 10コルソコモ、パンツ・・・グッチ、ネックレス・・・クロムハーツ

あまりにも慣れて、むしろきちんともうとしなかった彼の顔を、彼のジェスチャを深とのぞいて見なければならない理由がまさにここにある

その始まりは、熱くも涼しい映画「泣く男」の「ゴン」からだったらばならない。

写真真撮影のために用意された衣装を着替えてチャン·ドンゴンがついにカメラの前に立った。カチッ、三、四回のシャッター音だけでもあちこちで感嘆の声が出てきた。彫りに伸びた体で感じられる固体エネルギー、流麗なラインが造り出した顔の完璧さ、それこそ時間も打ち解けてなかった「彫刻のような容貌」の作用であった。

 

よくわかる。大韓民国で一番ハンサムな男の代名詞、チャン·ドンゴンの外貌を論ずることがいかに退屈でうんざりしてインスピレーションなく聞こえる。しかし、誰もが彼と直接会えば別段違わないだろう。このように食傷して習慣的な繰り返しのような表現以外に、それについての話を始める方法が容易に思いつかないから。

好きかどうかは別にして、老若男女誰もが認める「ハンサム」な容姿を持ったスターチャン·ドンゴンは、その20余年を生きてきた。21歳のデビューと同時にスターダムに上がったし、数々のスターが咲いて散る中にも、着実に自分の席を守ってきた。つまずかずに荒廃にならず、裏切らず、着実にそれなりの時間を積むのは決して甘いことではない。表面に現れた姿だけでは生まれながらにすべてのものを備えたようでも、おそらくそれも時間と世界の中で何度も挫折して痛めて揺れたのだ。さらに明るく輝くほど、それに比例して闇の重さも背負わなければすることがスターの宿命ではないか。

◆<泣く男>は、大きな人気を呼んだドラマ「紳士の品格」以後の最初の作品だから皆の期待が大きいです。初めて少し楽に過ぎましたが、「紳士」の次の行動としてはちょっと意外ですね

そうでなくとも多くの方々が<紳士の品格>を介して私についてジェントルかつ繊細な新たな魅力を発見しましたが、なぜまた目を剥くのかと(笑)訊きましたよ。私の今回の役は男性性が際立つキラーであるうえに熱いアクション映画じゃないですか。事実、今回は大衆が好いてくれるのかを考える前に、私はそれだけで引かれて役割を選択したのです。全力を尽くしてした作品を撮った後、その中で生じた欠損が次の作品のための新たな欲求を作成するんですよ。私をたくさん見せてくれた<紳士の品格>の後には、再びそれが少し重く、真剣に陥ったいという思いがしました。そんな時にイ·ジョンボム監督に会うことになったんです。

◆韓国アクション映画の新しい地平を開いたという評価を受ける<おじさん>を演出した方だから、すぐにひかれたのでしょうか。

監督の初期の作品の<熱血男児>の時からすごくファンでした。直接会う前から「演出家イ·ジョンボム」について好感を抱いていました。監督が<おじさん>の後のアクションノワール作品を準備していると話を聞いたとき、一人で内心期待も抱いていたんです。監督に初めて会った日の食事の後簡単にビール一杯飲んだ場所で、単に "やる"と言いました。その時はシナリオも出る前だったのにね。

◆シナリオを受けて撮影に入った後も、その大胆な決定を導いたときめきが有効ですか?

初めてシナリオを受けて開いた時、「ああ、簡単ではないんだな」と、長いため息を吐きましたよ。ただ走って転がって銃を撃つアクション映画ではないんですよ。さらに、「ゴン」と言う人物は見慣れず、また、一定の感情線もなく、あまりにも漠然としたキャラクターでした。通常一、二のシーンを撮ってみるとその次は、自然に感情が続き、キャラクターが進みだすものなんですが。ところが「ゴン」は、どちらの方向に行くべきかわからず、そのキャラクターを理解し、受け入れることもすごく大変でした。単純に見ると、アクション映画だと体の苦労がより目立つかもしれないが、実際には人物を詰めていくほうがずっと難しかったです。

◆非現実的な仕事でも数々の映画で「キラー」が登場します。実際には、現実に立脚しているキャラクターではないので、観客の立場で共感するのは容易ないですね。しかし、韓国の多くの俳優たちが 'キラー'役を好きだという感じも受けます。

まあ、男が持つ一種の「ロマン」のようなものが作用することもあるだろうし、映画の世界で通用する典型的な1つの型だと思う。「キラー」とすぐに思い浮かぶ様子や態度のようなものがあるでしょう。図式的であり、表皮的に表現されることが問題が多いんですけどね。そのような点で、監督と一緒に頭を突き合わせて、本当にたくさん悩みました。どうすればこの人物を世界に足を踏んで立った男にすることができるか。外的な「キラー」の姿もあるだろうが「ゴン」とは、人々が独自の感情やストーリーを表現しようと努力しました。

◆具体的にどのような努力をしたのか知りたいです。

「ゴン」は、幼​い頃に砂漠に捨てられてキラーに拾われた人物です。すごく多くの人を殺して見て、心の中の奥深くに傷も抱いているのです。そのため、「ゴン」がお母さんに捨てられて、私はその後の気持ちについて、できるだけ多くの想像をして具体化しようとしました。棄てられたことによる母性の不在が、その後事件に触発され、また、これまで信じてきたものが転覆され、物語が展開していくんですよ。また、初めに監督がびっくりする提案をましたが、自分と一緒に屠殺場に行って、豚を一度取ってみようというのです。真剣に悩んだが、とても目の前で息をする生命を自分の手で奪うなど出来ない。その代わりにしようかやめようか悩みながら、頭の中で想像してみたことが多くの助けになりました。ただかっこよくスタイリッシュに銃を「湯」と撃つことはなく、そのような葛藤と苦痛を長い間経験しながら生きてきた人だけの姿を見つけるために集中するようになりましたよ。

◆何気なく話すが、それでも専門キラーダウン、高難度アクションを披露するためにかなり長い期間練習したと聞いた。今は決して少ない年齢ではないのに(笑)してみただけのことはあったのですか?

撮影5ヶ月前からアクションスクールに通いながら体力も育てて訓練を受けました。自分なりには非常に難しかったと思います。実際には、以前にも戦争映画やブロックバスターのときにトレーニングはたくさんしましたよ。今回は、技術を学んでいく楽しさがあって良かったです。出来なかったこなせば達成感も生じ、何かが発展していくという感じがして弾力がつきましたよ。安定した訓練のおかげで、個人の生活もはるかに良くなりました。体力も生じて体がしっかり元気になりました。私は野球をとても好きなので、同好会活動にも熱心です。元のポジションが投手だったが、肩がすごく良くなくて3年くらいはボールをよく投げられませんでした。ところが、先週の日曜日の練習時にボールを投げたところでメンバーたちが驚きました。映画のための訓練を通じて、自然のリハビリまでになったのです。40代の男性の生活の質が一層高まりブレイクしたんでしょうか(笑)。

◆話を聞いてみると、これまで自分を最後まで押し通して犠牲にして投げつけるキャラクターをたくさん引き受けましたね。戦場で戦ったり、乱暴に噴出したりするような。

いつからそのような役割が主に入って来たし、また私自身がそ​​のような演技を介して、特にカタルシスを感じたと思います。なぜかその「生」の役割すべてを注ぎ込まなければならないという考えもしたんです。いまだに心の中にどの程度、それに対する未練が残っているようでもあります。何かそのように極限まですべて見せてから新しいことをするのがいいんじゃないと思ったりして。<泣く男>も、おそらくそれでより一層ひかれたようです。

最近では、映画の主軸となる俳優たちの年齢層が高くなり、また消化する文字範囲もはるかに広くなったと思います。最近封切りした場合、または予定の作品を見てみると、ほぼ40代の男性俳優たちが幅広いスペクトルに布陣しているでしょう。

私が20代だった時は、40代の先輩俳優たちが活躍できる場それほど広くはなかった。イ·ジョンジェ、チョン·ウソン、イ·ビョンホン氏など同時期にデビューした同じ年頃の俳優たちと会って、それに対する切なさを吐露したりしましたね。ハリウッドだけでも、40代前半であれば、若い感じなのに、私たちは年をとるにつれて取ることができる配役の幅が極端に狭いような気がする。だから、その後、「私たちの力で私たちの時代を開いてみよう」は、稚気覚悟も決めていたものですが、実際に韓国の映画産業が発展し、また、良い俳優たちの努力と、観客層が広くなり、現実的に肯定的な変化を経験しているようです。本当に幸せなことでしょう。実際、今だから演技可能な人生があるんですよ。もし20代のときに、これらの日の役割を引き受けた場合、果たしてその人物の内面や人生の深さをうまく表現できていたのだろうか疑問ですよ。それは努力しても、されていることが絶対にないでしょう。もちろん、今も下手で不足するが、それでも何かの歳月が積もっていくということを嬉しく思います。

◆結婚して、子供が産まれて、自然人として体験した変化も俳優 'チャン·ドンゴン'に多くの影響を及ぼしていますか?

直に言えば、その部分は大きく異なったり揺れたりはなかったと思います。私も意識していない部分に反映されたかもしれませんが特に妻や子供を意識しませんよ。ただ、「将来の観客」という存在を考えるようになりました。子供が大きく私が出演した映画を見ると思うと気持ちがちょっと違っていましたよ。長男は5歳になるので、自然にスーパーヒーローへの憧れがあるようです。世界でパワーレンジャーが一番かっこよかったそうです。そんなヒーロー物にお父さんが素敵な役割で出てきたら最高だなとも考えてみました。以前にジョニー·デップが子供のために<チャーリーとチョコレート工場>を撮ったと言っていた、その心情を少し分かりました。

◆今、再び新たなマイルストーンを立てた俳優チャン·ドンゴンが、今後どのような姿で、何に向かって進むかどうか知りたいですね。

確かに定められた計画はまだありません。縁があり、また幸運であれば、良い作品に出会うでしょう。実際には、以前の私は何かを、どこかを決めておいて、そこに向かって歩んで行きました。ちょうど走って大変休む時もそこを見て休んだが、今はちょうど私が流されいる感じです。波が流れるように体を預けているような、その感じが悪くないですよ。

たまに通り過ぎた日々を振り返って見たりしています。成功も失敗もあったが、悪かったときも自覚していなかった良かったときでも、その瞬間を満喫していなかったようです。あまりにも一箇所だけに焦点を当てて硬直していたんですよ。今水の流れに身を任せたまま流されているので、より柔軟で、広く私を作っていくんじゃないかと思います。そう信じています。

 

| | コメント (2)
|

« 2014年5月 | トップページ