« 危険なオトコ、トロントへ | トップページ | 危険な関係・公開 »

2012年9月22日 (土)

Between The Stage ②

201209188_2

201209184

いつまで続くのかとうんざりだった残暑ですが、やっとこさ遅まきの秋の気配、さすがに疲労困憊な気分です。

危険なオトコのレッドカーペットやらアップしようと思っているうちに、こんどは事務所の合併のニュースなど飛び込んできましたが、ご本人はCMのお仕事などに落ち着いて打ち込んでおられる様子。私たちには計り知れない現実の中のチャン・ドンゴンさんとしては、こういう経済活動というか、シビアなお金のことにも確実に行かないとならん、自身の家族やスタッフの生活のことなどなど、私はこういうことは良く分からないクチですが、なんとなく想像は出来ます。

以前スターMから独立してAMエンターテインメントを構えたころとは色んな意味で安定感からして違うのでナンも心配はしていませんが、それにしてもかの国の俳優さんたちの事務所事情って相変わらず流動的で落ち着かないところは落ち着かないですよね。まだ看板も掛っていなかった船出間もないAMエンターテインメントの事務所を懐かしく思い出します。

ま、俳優さんを巡る最小・基本の人員さえ万全ならエエのではないでしょかね。(右大臣・左大臣はいつもおそば近くにいる、と信じちょりますよ。)

そういえば親友のキム・ミンジョンさんはSMの所属でしたっけ。

201209185

超大物人気司会者のカン・ホドンやシン・ドンヨプと先月契約して話題になったSMエンターテインメント(イ・スマン代表プロデューサー)の子会社SM C&C。19日にはトップ俳優チャン・ドンゴン、キム・ハヌル、ハン・ジミンらが所属する芸能プロダクションAMエンターテインメント(以下、AM ENT)を吸収合併することや、人気お笑いタレントのキム・ビョンマン、イ・スグンと専属契約したことが発表されたため「韓国芸能界の怪物・SM」がもたらす影響について、業界関係者を中心に関心が高まっている。

SM C&Cは同日、AM ENTの吸収合併を発表した際「今回の合併により、ドラマを含めアジアでの映像コンテンツ制作事業や俳優マネジメント事業のグローバル化を本格的に進めていく方針」と述べた。AM ENTはチャン・ドンゴンが株を100%所有しており、昨年は売上高119億3200万ウォン(約8億3800万円)、純利益4億7100万ウォン(約3300万円)を計上している。規模は小さいが安定した収益を挙げる会社というのが業界の評判だ。SM C&C関係者は、キム・ビョンマンとイ・スグンの獲得について「2人は韓国はもちろん、中国・日本などのアジア市場でも通用するほどの実力を持つお笑いタレント。韓国での活動を支援すると同時に、海外進出を前向きに模索していく」と述べた。このほどKBSを辞め、フリー宣言をしたチョン・ヒョンム元KBSアナウンサーもSM C&Cと専属契約について話し合っているといううわさだ。

 SM C&Cは、SMエンターテインメントが韓国店頭市場コスダックの上場企業で旅行会社のBT&Iを4月に買収して社名を変更、業種を拡張した企業だ。映像制作・タレントのマネジメント、韓流ツアー販売などの事業を行っている。 

 専門家らは「SMエンターテインメントはアイドルグループを前面に押し出したK-POPブームで十分な資金を確保しているが、そのうえ韓流トップ俳優のチャン・ドンゴンや人気お笑いタレントのキム・ビョンマン、イ・スグンを獲得、ドラマ・コメディー分野に事業拡大することで、まさに『韓国ポップカルチャー産業界の恐竜』になろうとしている」と話す。この影響について、芸能プロダクションであるミュージック・ファームのカン・テギュ取締役は「体系的な組織を持ち、現場経験豊富なSMエンターテインメントの経営拡大は、その相乗効果により韓流ブームの効率的拡大を促進するだろう」と肯定的だ。だがその一方で、ソウル芸術大学のキム・スンス教授は「SMエンターテインメントは韓国芸能界にこれまでなかった巨大な権力になった。独占・寡占による問題が生じないよう、周囲が監視する必要がある」としている。

朝鮮日報・崔承賢(チェ・スンヒョン)記者

201209185_3

トロント映画祭記者会見のドンゴンさん。チャン・ツィイー嬢と余裕の雑談風景なども見られ、何よりでした。(って、ナニがさ?笑)

201209187_3

201209186_2 201209187_4

今回髪が短くカットされすぎて??レッドカーペットの時の定番オールバックがちょっとイマイチだったかも~~

201209183_5

トロントからタイトなスケジュールで帰国後はレクサスのお披露目でした。

201209182

|
|

« 危険なオトコ、トロントへ | トップページ | 危険な関係・公開 »

JDGあれこれ(188)」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ、miyukiさん、おひさです

ドン兄さんもいろいろ考えての所属事務所の決定
でしょうから、まあ別部門(ジャニの皆さんも演劇部門
の別会社作ってますからね)だけど安定事務所、
と考えた方がいいですね

去年、若いお兄さんたちと一緒にミンジョンさんも
日本に来て東京ドームで1曲歌われた日には、
私も去年の「不朽の名曲」という番組で歌われた
かの「フィーリング」主題歌以来のびっくりでしたよ
(ドームで歌われた曲は違いますけど)
ミンジョン兄さんなんて知らない人ばっかでしょうね
(私だって「フィーリング」見てなかったら・・・)

来年もし東京ドームでまた若いお兄さんやらお姉さん
達が歌いに来たら、ドン兄さんもゴネて(爆)、
1曲ドームで歌ったらどうでしょうね??coldsweats01
まあわたくし、ドームでビョン兄さんの「約束」(懐かしい)を聴いた酔狂者ですけどね(爆)

投稿: あまみつつき | 2012年9月24日 (月) 21時37分

dogあまみつつきさん、こんばんは^^
ミンジョン兄さんといえば
私が思い出すのは「秘密」か「ゴースト」ですかね。
いつかIKKOさんに言い寄られ(??)
オトナの対応をしているミンジョン兄さんという
場面も日本のワイドショーで
見た記憶があります。
こんど放送になる「紳士の品格」での
ミンジョン兄さんは、素敵です。
(むふ)

さて・・・
うちのドンゴンさんとお若いコたちとのコラボが果たして
実現するのかについては謎ですが
かの国の事務所事情って
ほんとわかるようなわかんないような、ですよね。
いろいろ教えてくださいませ。
(最近お若いコたちと並ぶと
アジョシっぷりがなあ・・・汗)

投稿: miyuki | 2012年9月26日 (水) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 危険なオトコ、トロントへ | トップページ | 危険な関係・公開 »