« 2012Jang DongGun’s STORY in Jeju・・・① | トップページ | 2012Jang DongGun’s STORY in Jeju・・・③ »

2012年3月19日 (月)

2012Jang DongGun’s STORY in Jeju・・・②

201203171

イベント開始に先立っていつものようにグッズの販売がありました。つい予約してしまった時計が思いのほか大きかったのには焦りました。(いや、ちゃんと飾ってますよ~~、昔コエックスで品切れて買えなかった置時計のリベンジっす。あれくらいの大きさかと思ったのに、今回のはシッカリ「掛け時計」でした。床に置いて使ってますが。笑。)

ヘビチ・ホテルグランドボールルーム、所謂結婚披露宴などのパーティーが開かれるような会場で事前に抽選で決まったテーブルの席について開始を待つことしばし。

いつものようにY室長と後輩君を右大臣左大臣のように従えた姫様よろしく、登場したドンゴンさんが会場の後方の席から順番に廻り、テーブルに置かれたジャスミンのアロマキャンドルに火を灯してくれました。

登場した途端に若干名の方が駆け寄られてましたが、Y室長のいつもながらの優雅で絶妙なガードにお守りされてとにかくテーブルぜんぶに等しくキャンドル・サービスを完了。(緊張で汗をかきました、とドンゴンさん。)

ワタクシどものテーブルにいらしたときは、当方ノンビリ座って相当のほほんとして待っていたところ、喧騒というか人垣というか、そんなモロモロがなんとなくモーゼの十戒の如く(大袈裟?)左右に途切れて私の正面から腰を低くしたドンゴンさんが「ちゃ~、あにょはせよぅ~~^^」と言いながら現れた恰好になったものでひょおっ!となりました。しばし各テーブル、幸せに大騒ぎ。(笑)

白黒チェックのジャケットに白のシャツ、黒のジレ、パンツ、ポケットチーフ・・・カジュアルながらもちょっと華やかな装い。

懐かしいドラマ「サラン」の「Love song」を歌ってくれたのがどのタイミングだったかちょっと思い出せませんが「ほんとうに久しぶりにこの歌を歌いました」と。

ワインで乾杯をし、姫様「汗を拭いてまいります」と一旦退場、ワタクシたちはディナータイム、ドンゴンさんが「こんなご飯でもてなして差し上げたい」と考えてくださったと言うメニューを美味しくいただきました。

2012031711

「Jang Dong Gun」とネームの入ったヘビチ・ホテルの料理人の恰好でメニューをあれこれ試作するメイキング・ビデオ(?)が上映されましたが、この料理人スタイルがなかなか可愛かったです。所謂シェフのあの白い帽子でなく、襟の高い白衣の首に結んだ短いタイ、料理人の長いエプロンと、頭に巻いたバンダナが揃いのモノトーンのストライプでこれがまたお洒落。

脇の大いに甘い恰好で(笑)盛りつけしたりお肉を切ったり、ポッサム・キムチを美味しそうに試食したり、後輩君に肉を食べさせてみたり。ウニとわかめのスープが好物である、とか、「食欲をそそるタラの新芽」(間違っていたらスミマセン)云々言いながら若菜のビビンバの真ん中に黄色いタンポポを載せて満足げなドンゴンさんでした。ドンゴンさん自身が美味しいものを、楽しく食べることが好き、というのが伝わってきました。

201203179

2012031714

この若菜のビビンバがとっても美味しかったです。(タンポポでなく菜の花になってますね。春だなあ。)お肉と一緒に出てきたポッサム・キムチは甘めの濃厚な味わい。デザートの五味子茶も素敵でした。写真が下手で申し訳なし。日本ではもっぱら天ぷらになるタラの芽ですが、韓国では茹でてコチュジャンつけて食べると言うのが一般的のようですね。

名物アワビのお粥、じっくり味わいました。おかずの中にあった上品なトンチミ(私はトンチミ・マニアです。笑。)、お汁までキッチリいただきました。

本来ならテーブルいっぱいにいっぺんに出されるのが韓国のお食事の形式なのでしょうが、ホテルなのでディナー形式で一品ずつうやうやしく運ばれてきます。途中で気がつくまで出てくる通りに順番にいただいちゃってました。^^;(何も考えてないですな、私。)

御馳走様でした。

お食事タイムがすんで、お色直しをして再登場の姫様の恰好は裾のラインが丸く開いてペンギンさんみたいな(?)素敵な白のジャケットにインナーはカットソー、黒のカーディガン、シルバーのネックレスが見えました。ボトムは黒のパンツだったので第二部もモノトーンの装い。

MC&通訳は、韓流フォンデュや各イベントなどでお馴染みのイ・ユミさんでした。

『マイウェイ』のプロモで、語りというものをオダギリさんから影響を受けたのか?と思うほど、この日のドンゴンさんの語りは過去に比べ率直・正直度がアップしていたかもです。おかげで合間にドンゴンさんがぽろぽろ呟いたことがなかなか面白く興味深く、天然ぶりからコボレおちるいつもの感じも捨てがたかったのですが、そうそう、こういう語り、聞いてみたかったのと思うmiyukiでした。

ドンゴンさんデビュー20年の記念ということで、これまでの作品を映画、ドラマともに振り返るコーナー、事前にアンケートを取ったドラマの中の「好きな台詞」ベスト3、やってほしい役は?のコーナーと続きます。(ここら辺は③で・・・)

40歳!(私が初めて接した生ドンゴンさんはそういえばまだ32歳だったんだなあ・・・遠い目。)とはイベントの中ではたしかわざわざ触れていなかったとは思いますが、節目のお誕生日を皆で祝い、ビンゴ・ゲームなどの仕切りはちょっと手間取っちゃいましたが当たったアドニスの皆様、おめでとうございました^^。(腕を組んで歩く、ツーショット写真、腕に付けていた数珠ブレスをプレゼント、といった内容でした。)

各国アドニスからのプレゼントは、本国アドニスがお馴染みのジオラマのお人形「マイウェイ」版(コレクションが増えるのを喜んでいるドンゴンさんでした。)、日本からは1972年産のものと、アドニス・オリジナルのラベルを付けたワイン、そしてインターナショナルからはいつもの寄付の証明書を。インターナショナル・アドニスはWFPへの寄付のほかに、東日本大震災への寄付を赤十字に託してくださったとのことで、頭が下がることでした。私如きがここで御礼を言うのもナンですが、いち日本人としてありがとうございました。ドンゴンさんもここで、「一日も早く復興されることを願っています。」と。

ゲームで出てきた問題がらみで、そうなん?と思ったのが靴のサイズ。昔のファンミではたしか「27.5」と言っていたはずでしたが、今回28㎝になっていました。おいっ!(笑)それからあの大きな瞳の視力は「右1.0、左1.5」昔に比べちょっと落ちてしまった、と言っていました。ともあれ、たまに掛けてる眼鏡には度は入っていませんですネ。

昔のドラマの映像を見ながらユミさんが「今よりふっくらしてますね」と言うと直訳では「母乳肉」と言うらしいのですが、所謂まだ乳離れしておらずお母さんのご飯を食べているころのお肉がまだ付いてますね、みたいなことを言っていたのが印象的でした。さすがオンマの強いお国ならではのコトバだなあ。

自分の顔で好きなのは「横顔」、「僕の横顔はちょっとイイ感じじゃないですか?でも、昔の映像を見て思ったのですが、鼻の先のラインがちょっと落ちたかも??」そう言ってしきりに鼻のアタマに手をやるドンゴンさん。

福岡での舞台挨拶でオダギリさんが言っていたのですが、ドンゴンさんについて「はじめて会った時はちょっと太っていました。(ウォリアス・ウェイ公開の前後?)監督に言われてダイエットして細くなっていましたが、この間(ジャパンプレミア)会ったら中国で撮ってる映画のせいでさらにガリガリになっていまして・・・」

そうなんですよ、細かったんです。(ついでに右大臣・左大臣も一緒に痩せた気が致します。)ファンミのあと出席したジンモくんの映画「珈琲」試写のときに「ソヨン奥様、もっとご飯を食べさせなくては」という記事もありましたが、これから美中年F4ドラマの撮影、大変だけれどあの細身は保ったほうがいいかと・・・(ごめんね、Sでっ^^)。ファイティン!

美しく、まだ十分お茶目な40歳でした。長い手足の置場もない、みたいなトークの合間の椅子に座る姿の大きなわんこっぷりの可愛さを、会場にいた皆さん十分堪能なさったと思います。

↓前にも一度挙げたのですが、「Love song」の楽譜です。

201203175

イベントのあとの会場、こんなかんじです。(握手会の順番を待ちながら。)

2012031712

挙げるタイミングをスッカリ逃しましたが、ファンミのあと6日のドンゴンさん、「珈琲(カピ)」試写会で。この眼鏡はトム・フォードとのことです。(個人的には以前掛けていたレイバンの伊達眼鏡のほうがお顔の形に合っていたような気が致しますデス。)

201203177

201203176

|
|

« 2012Jang DongGun’s STORY in Jeju・・・① | トップページ | 2012Jang DongGun’s STORY in Jeju・・・③ »

JDG三昧(旅・レポ)(51)」カテゴリの記事

コメント

待ってましたよ~~ ヽ(´▽`)/

ありがとうございます。
みゆきさん、良くいろんなこと、
憶えていらっしゃいますね~


私、初めてだったので、なんか「ぼおっ~」
としていたようで、あんまり憶えていません。
帰ってから、記憶がなくなるのが怖くて、
必死になってた のにネ ^^


昨日①を読ませていただき、みゆきさんの
「じしんがないなら、ついてくるな」
を思い出し、またひとり笑った、友Rです。

③もあるよね  ^^

投稿: red | 2012年3月19日 (月) 21時59分

dog友R様、その節は
いろいろお世話になりました(笑)
いろいろ廃人の呟きを聞いていただきまして。

ファンミではあの「Love Song」を
思いがけず生で聞けて
ふと振り返ると
感きわまるRさんが。
そう、Rさんはイナさんが贔屓だったっけ。
③でも触れようと思っていましたが
日本のファンは「サラン」というドラマが
思いのほか好きだったんだなあ、と
改めて思いました。(私も、大好きです。)

ふとした時にちゃんと思いだしますとも、
あの日のドンゴンさんのことを^^ええ。

投稿: miyuki | 2012年3月21日 (水) 02時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012Jang DongGun’s STORY in Jeju・・・① | トップページ | 2012Jang DongGun’s STORY in Jeju・・・③ »