« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

MOVIE WEEKチャン・ドンゴンインタビュー・・・其の壱

    200909301_3

※皆様、おはようございます。

あらまっ、とっちゃん坊や大統領ったら、いいんですか?PLAYBOYなど手に嬉しそうに。bomb(あ、いや、男子ならば至極まともな。ぷぷ・・・bleah

ときに、ワタクシ、昨日、今日と「昔の男」のイベントに参加しております。いろいろ思うトコロもあり、またレポ書きますので読んでやってくださいマシね。

というわけで、時間の都合上、こちらムービーウィーク、雑誌のサイトで見た通りに、小出しにアップさせていただきます。例によって、間違い、想像多々、どうぞお許しくださいまし。

“思ってもみなかったコメディの才能”

◆子供の時大統領の夢を抱いていました?

ええ、小学校の3年生まで私の夢は大統領だったような気がします。(笑)

◆長い間の夢を叶えることになったんですね、おめでとうございます。(笑)

いろんなことが新鮮ですね、映画雑誌のインタビューも4年ぶりですから。「タイフーン」を終えて「ランドリーウォリア」を撮りながら時間が過ぎましたが、物理的に露出が無かったので、観客と会うのが随分久しぶりになってしまったんです。

標準語の演技も久しぶりで(笑)ときめき半分緊張半分なんですが、はじめは緊張のほうが大きくて。

撮影前にチャン・ジン監督とたくさん時間を持って打ち合わせしました。

◆「グッドモーニング・プレジデント」への出演はどのようにして決まったのですか?

チャン・ジン監督とほかの作品の話をしていて、「グッドモーニング・プレジデント」の話を聞いたんです。次の企画と聞いて、とても面白かったので本が出来たらいちど見せてください、とお願いし、出来上がったシナリオをいただいて、ほんとうに面白く読みました。

普段作品選択は慎重にするほうなのに、たぶん最も簡単に決めた作品でした。監督への信頼が深かったのです。監督なら私のコメディ演技を任せても構わないという気がしました。(笑)

◆(監督の作品に)出演して隠されていたコメディの本能が表に出てくるのを感じました?

最初はこれでいいのかなあ・・・という思いでしたが(笑)モニタリングして、スタッフたちが(私の演技を見て)笑うもんだから欲が出てきました。

シナリオに無かったことも監督と悪戯のギャグみたいにして作り出したこともあったし、最初は笑いのツボのない場面だったのに追加されたりして。

◆例えばどんな場面が?

まだ完成したのを見ていないので、それがちゃんと入っているかどうかは分かりません。カットになってるかも。(笑)

「グッドモーニング・プレジデント」では、私のするコメディがとても微妙なんです。これがコメディなのかどうか悩む部分が多いんですが、そのへんの綱渡りを決行しているんです。

事実ひんやり(しらける?)しないだろうかと悩みました。映画の中のコメディスタイルが、知っている人だけ分かって笑うようなちょっとズルいコメディなもので。もちろんいくつかの場面は遠慮なくコメディ演技をするんですが、ある場面では気がつかない人もいるかもしれません。

だから、観客がどの部分で笑うのかが気になります。監督は心配していないとおっしゃいましたが。(笑)

◆チャン・ジン監督が、「チャン・ドンゴン」という俳優がどれだけ人を笑わせるかを(皆が)知ることになるだろうと言い切っていましたが。

ははは!まだ映画が公開されていないからこんな話が出来るんですよ。

              

    200909302

◆今回第14回釜山国際映画祭のオープニング作品に選ばれました。

毎年ではないが参加してきて、今回は自分の作品を持って行けるから確かに気分がイイです。

だけど、開幕式の会場が野外なもので、若干ごたごたした感じがしそうで心配です。

初めて公開する席だから、欲が出てもうちょっと集中出来る雰囲気の中で見せたい気持ちがあります。

◆今までに先例のない笑いのたくさん出てくる開幕式にならないでしょうか?(笑)

そうなったらすごくいいんですが。(笑)

◆大統領になるために特別に準備したことがありましたか?

特別ありませんでした。

就任式資料のようなものはちょっと見ました。この映画は大統領府内部の話なので、公開されている資料があるはずもないんです。

よくニュースで見られる姿を映画の中で風刺して再現する場面があってそれがとても面白いんです。私は登場しないけれど、討論場面のようなのも笑わせて。

◆格好良く演説する場面も出てきます。

大統領が対国民演説をすれば、周囲に人が多くて視線もいろんな所を見てと思ったけど、本当にカメラのレンズだけ見て演技しましたよ。

普通はどうしてもカメラを意識しないで演技をするのほうが馴染むもんだから、むしろレンズをじっと見つめてしようとすればぎこちなくなって・・・そのうえ、そのまま台詞ともつかない演説文だと他のところを見回したりもできないから(カンぺのこと?)暗記もさらに大変でした。

◆何か難しいところがあったとすれば・・・?

私を中心に誰かが一人ずつちょっと出てきては、去ることかな?(笑)

庶民の青年役のパク・ヘイル氏が一回、北朝鮮訪問代表役のリュ・スンニョン氏、一回・・・こういうふうに状況ごとに(短く)相手が度々変わるもので、それを違うように対応しなければならないのが難しかったです。

普通ひとつふたつ場面を撮れば呼吸が合って、その俳優と最後まで撮るのに、(違う相手と)一貫したキャラクターを維持することが少し、いやかなり気になりました。

◆観客にとってはいろんな俳優との多様な掛け合いが笑いのポイントになるようですね。パク・ヘイル氏はまた、22歳の青年という役で登場します。(笑)

パク・ヘイルさんが私に無理な要求をする青年で出てくるその場面はほんとうに面白かったんですよ。リハーサルの時もすごく笑わせて・・・。
コメディというのは、たった今笑わせても次は笑わせないことも出来て。練習をたくさんしても、それよりずっと面白くなることがあったり。

(いままで)知らなかったことを悟り(知り)ました。

200909303_2

※CINE21は「グッドダウンローダー・キャンペーン」を前面に。

| | コメント (4)
|

2009年9月28日 (月)

The Last Man Standingチャン・ドンゴン“ELLE”インタビュー①

    Gmp

個人的に、JDGよ、いつも乙女だわんこだ隙隙だ、と弄り倒してゴメンなさい。と、改めて思った内容でありました。
彼のスタンスはいつもオープンマインドでありナチュラルであり、聞かれたら可能な限り答えましょう、ナンだと思います。

しかし映画雑誌はさておき、このような女性誌のインタビューだとインタビュアーによっては、最初からチャン・ドンゴンという存在に幻惑されまくって表現されている場合などあり、気持ちはよおくワカルところなのですが、たまにちょっと靴の上から足の裏掻く状況のことも・・・。
そういう意味で今回のELLEは、あんまり難しくない表現で書かれた韓国語とみえて、翻訳機だけでもけっこう分かりやすかったです。

ワタクシは、韓国語は出来ません。キッパリ。よって、原文から直に翻訳を起こす能力はありませんので、翻訳機で出たものの単なるリライトです。よくわからないところは妄想交じりですので、間違っていることも相当あるかと思いますが、あしからず、宜しくお願いいたします。

※長いので読んでいただきやすいよう、①を上に持ってきています。②は①の下にございますので、頑張って読んでくださいね~~^^;あまり読みやすく出来なくてごめんなさい。(少しでも内容が伝われば幸いです。)

    2009092713_2

◆4年ぶりですね。

皆、チャン・ドンゴンがどんな映画で戻ってくるのかと心配していました。事実、焦れてもいました。早く観客たちとまた会わなくては、と思う心・・・ですが、本意でなく作業過程が長引いてしまったら、こんどはなかなかそう簡単に出ることが出来なくなって。
「グッドモーニング・プレジデント」はイ・スンジェ先輩とコ・ドゥシム先輩とともに三人の大統領の中の一人で出演するので、はじめから重圧感をそう感じずに済みました。

◆俳優にはオムニバスに出ることが良いということもありますね。

ずっと(ひとつの)延長線上にあるようなキャラクターを演じてきましたが、その最中、もっと「楽しい映画」に出ることが必要だと考えました。私にとっても楽しく、見る人も、拍手喝采までは行かなくとも穏やかに暖かく笑うことの出来る映画・・・いろいろと良く(条件が)合いました。

2009092722_2 ◆ぴったりですよ。あるときから巨大な運命を担った役柄ばかり引き受けてきましたが、率直に、チャン・ドンゴンの日常的な(普通の)姿を懐かしがる女性たちも多いのです。周囲でもなんとなくそう感じませんか?

周囲も、両親も、心もとないと言いました。こんどは死ぬ役はチョッと辞めてほしい、年も年だから難しいことばかりしないで、と。

大統領役ではあってもそのような面で「日常的な姿」を見せることになりました。ひとまず、身なりからすっきりとしていられた、事実とても新鮮で、気分転換になりました。撮影現場に行くのが楽しくて、重圧感や演技に対するプレッシャーも以前に比べて減りました。

以前より熱心に仕事しなかったという意味ではなくて、(コメディ映画は)なにか準備して行ってもとくに意味が無かったんですよ。

◆現場が最も大事だということですか?

本当に現場の雰囲気が重要な映画でした。(私が役を)どういうふうにこなすだろうとか、私がやった、感じたときの気持ちがそっくり反映されて。監督があまりにもそうしたこと(雰囲気)を作るのが上手いんですが、(私の)些細な言葉、言い回しひとつでも、感じが変わる、そんな経験をしたんです。

◆チャン・ジン監督は現場でよく「選んで」いくことで有名ですよね。

監督とは作品で会ったのではなくて、プライベートな席で二、三回会いました。監督が準備していたほかの作品の話などもして。「グッドモーニング・プレジデント」のシナリオが出てくる前のことでした。そのうちこの映画の話を聞いてとても面白くて。本が出来たら必ず読ませて欲しいと言いましたが、監督のシナリオは大当たりで、現場の呼吸も予想よりずっと良かったです。

200909273_2 ◆大統領役で、偶然にもその時期に国喪が重なって、特別な感じがしたでしょう。

とても驚きました。映画に出てくるのと似た事件が度々続いて。監督とも話したんですが、映画が公開されたら観客が、一連の政治状況をシナリオの土台にしたと誤解するのではと思いました。
このごろの子供たちは将来の希望で1位が芸能人だけど、私たちの時はちがっていて、クラスの中に必ず何人か大統領になるという子供がいたんです。

◆ひょっとして、その中の一人だったんですか?

私はうんと幼かった時の夢が常に大統領でした。どんな(大変な)職業かも知らずに、素直に大統領になったら最高だと思ったんでしょう。

だけど、ほんとうは誰もが出来るものではない仕事だとよく解りました。「グッドモーニング・プレジデント」を撮りながら「本当になんでこんな仕事をしたいだろう。」という気になって・・・。

私もこの国を生きて行く社会構成員、国民の一人としてたまに悪口も言ったりしたけれど、むしろ大統領という職業には、想像力を持って見ること、理解の心が必要ですよ。
「あ、この人たちも同じ人間で、人として体験する様々の感情の前で対応出来ない、普通の人間なんだな」ってね。

◆スクリーン復帰も久しぶりで、その上韓国語、どのくらい久しぶり?

その上、標準語ですよ。やはり韓国語が一番上手いでしょう?はは。そんな渇望がずいぶん解消されたんでしょう、終わるのがとても惜しかったです。とても早く終わった気がして、もっとやらなくちゃいけないような気がして。

こんなに楽しく演技出来るキャラクターにまたいつ会えるだろうかと思うほど面白かったんです。
久しぶりといえばちょっと人々が漠然とわからないと思うくらいに作品選択に慎重を期しました。時間がかかったというより、前の作品がまだ公開にならないものでそう感じられるのでしょう。3年ほどかかって進行中ですから。

◆それにしても知りたいことばかりです。題名だけでもすでに3回変わりました。最初は「砂漠の戦士」だったでしょうか。私も気になっています。やっと完成と聞きましたがまだ見る機会がありません。

全世界封切りを準備中ということで、コンピューターグラフィックスなどの後半作業時間が長くなって、むしろ撮影期間がいちばん短かったようです。近い将来正式に封切りの日時が出てくるでしょう。

初めはウィットと個性を生かして行く映画を目指したけれど、撮っていたらますます大きくなって、マニアをターゲットにしていたら収支が合わなくなってしまって、それで題名もちょっとシリアスに変わったのです。個人的には二番目の「ランドリーウォリアー」が良かったのだけれど。

◆言葉どおりのハリウッド映画なんですね。

撮影しながら、キャラクター自体が方向を切り替えもしたし、ほんとうにハリウッドの目の高さに合わせたアクション映画になりました。それがよくないということではなくて、最初に私が選択したときとは作品意図が変わった、ということです。

他の見方をすれば進化ということもあるので、結果が出れば、観客が(成否を)判断するでしょう。

    200909274

◆この間プロ・バスケットのヒョン・ジュヨプ選手が引退する時、ふと「最後の勝負」(ファイナル・ジャンプ)を思い出しました。彼と一緒にドラマを見て育った世代なんです。ほんとうにすごかったですよ。(バスケットもドラマも人気で。)

「最後の勝負」は1994年でしたが、当時走った選手たちが今でも走っていますね。時々芸能番組に出てくる選手もいて・・・。同じ時代を生きて、それぞれの仕事に忠実だった人たちの今の姿を見て思い浮かんだ想像だけれど、当時私が考えた10年後20年後の姿と実際今どのくらい似ているかと考えるんです。

◆どうなんです、どのくらい似ています?

そうですね、率直に言って当時は具体的に想像することなど出来なかったでしょう。自分の未来を描いて生きてきたというより、与えられた仕事をするのに精一杯忙しかったから。その時考えていたのがどんな姿であったか思い出せないほど、(流れは)激しかったし瞬間瞬間を渡っていくにも手に余ったのです。今思えば、当時の私が殊勝だったらもっと道がたくさんあったかもという気にもなります。

200909275 ◆外的にだけ見れば、比較できないほど位置づけが広くなりました。

この頃時々ケーブルで昔出演したドラマが出てくることがあるんです。ほんとうに身の縮む思いなんですが、(見てみれば)闘志と情熱だけではどうにもならないのにと思う・・・ただ歳月が流れて年をとったためだけではないようです。

反省したり、その時期に比べて内的に余裕がずいぶん出来たということを実感したりもします。よく演技も経験がなければならないと言うでしょう、それが何のことなのか、今なら少し分るような気がします。

台詞を上手く言って発声が良くてということを離れて、(この役が)どんな感情を選択するか決めるべきなのにそこで決定的な違いが生じてしまうのでしょう。

経験が無くて分からなかったときは2種類しか選択できなかったけれど、今は5つか6つのうちからひとつを選び取ることが出来ます。

◆今はマネジメントで独立した状態ですが「チャン・ドンゴン」というブランドに対して考えてみたことがありますか?

今のマネジメントは、営利的に大きくしようというのではないんです。

「チャン・ドンゴン」というブランドを悩んだ時期は短いけれどありました。結論はひとつしかない、私が良いと思う道を行き、(仕事の、自分の、)本質に忠実にしよう、さらに育ててブランドを作るのは私の領域ではない、と考えました。

専門家たちがそういうのをつくるのは有難いし幸せなことだけれど、私はこれ以上そういうことで悩まないことにしたんです。

200909276_2 ◆特に我が国は文化的にも「せっかち」なのではないでしょうか。トレンドの最前方にいる俳優たちはそれでプレッシャーが大きいようです。ずっと新しい役割を見せ続けなくてはと強迫も同じようで・・・

他の国のことは詳しくわからないけれど、時々我が国は芸能人たちに望むことがちょっと多いという気がすることもあります。

本質(本当の姿)とちがうのになぜこういう姿を望むのかといいたい時もあって・・・それで、圧迫感や不満が少しあって否定的な見解で眺めていることもあったのですが、見方を変えればそれが役に立つこともある。

社会的雰囲気のためにも、私自らもう少しよくなることが出来る方向というか、そんなことがあったら・・・

◆うわあ・・・ずいぶん肯定的ですね。

そう考えればそうで、そうしなかったらまたどうだったんだろう。ちょっと二律背反的ですね・・・(意味深・・・??)

◆あきらめなければならない部分が多くなるのは事実でしょうか。

今が過渡期なのもあると考えます。大衆文化に対する視線や人々が必要とすることなどをすこしずつろ過するところでもある・・・・

200909278_2 ◆チャン・ドンゴンに不足しているのは何でしょうか。不足と感じている何かがあるのでしょうか。

とても多いです。ほんとうにとても・・・

◆どんなところで?我が国代表のハンサム、であることはひとまず置いてもアンチもいない韓国の模範俳優じゃないですか。

もちろん有難いですけど、一方では、ずっとこんな風に誠実に生きなければならないのかなという気になって・・・ははは。

◆人ならば誰でもいらいらしたり、優しくしたくない日もあるのに・・・(あんまり優しいともっと人から期待されるのでは?)

そうであることも無くはないですよ。本当に俳優として不足したことをとてもたくさん感じるのです。演じるたびに感じます。

そういうことに心から挫折して、いい場面が出来たらちょっと緩んで。

相変わらず、俳優として最も大きい価値がある特性で私が持つことが出来ないものに、どれだけ喉の渇きを感じるでしょう。いったん満足しても(すぐ)不足だと思うんです。

200909277 ◆まるで恋愛話を聞いているみたいです。ほんとうに演技が好きなんですね。

難しい時期もありました。演技するのが怖くなったこともあったし、嫌いだった時期もあります。今回の作品は、終わって間もないけれど、やはり現場にいるときがいちばんよかったです。

◆気が楽だったということですか?

そのままで楽しくて、気楽で。現場にあってこそ、私が誰なのかわかる気がするんです。そうでなかったらこれがまたちょっと行ったり来たり・・・(迷う?)

※②へ続く。↓

| | コメント (5)
|

The Last Man Standingチャン・ドンゴン“ELLE”インタビュー②

    200909279

◆あ、煙草を止めた、という声に少し驚きましたよ。(ヘビースモーカーで)有名だったじゃないですか。

そうです。友人たちが、私が止めたといっても信じないんですが、2週間たったらそろそろ本物?と・・・。もう3週目ですが、私の禁煙に周辺の友たちが刺激されているようです。

200909278 ◆何かきっかけでも?長い間の習慣に背を向けるのは容易でなかったでしょうに。

親しい友人のハン・ジェソクが1年前に煙草をやめたんですが、そのあとずっとオマエも止めろとそばで小言みたいに言うんですよ。

そのうち総合検査を受けたらほとんど命令に近く禁煙を言い渡されまして。現場でこらえるのにちょっと大変でした。

◆肌はもともと綺麗なのでしょうか。それとも禁煙したから?ヘラ化粧品でモデルもなさいましたが。

最近はちょっとよくありませんでした。どうしてもゴルフと野球で。肌が良かった時は良いんだということがよく分からなかったけれど、今は「昔は肌が綺麗だったんだな」と思います。
このごろHD TVがほんとうに恐ろしいじゃないですか。時々皺がとてもリアルに出てきて吃驚仰天します。それが、私のドラマに出ない理由かな、ははは。

◆ドラマを長くやりませんでしたね、9年とは・・・

ドラマをやらないと思ったことは一度も無いんですが、選んだらそれが映画ばかりだったということで。ドラマもこのごろでは、また(ドラマも)して見たいと思います。特に、日常を描く演技が出来たら良いでしょうね。

体系的に管理を受けたり気を使ったことはないけれど、このごろは何か顔に塗ることだけはきちんとしていますよ。モデルだからということもないけれど、ヘラをよく使います。スキンローションとエッセンスをサボらずに。週に一、二度は外に長くいることが多いからUVカット剤もきちんと塗ります。

◆このごろ鏡を見て何か感じますか?

年齢がすこし見えるということでしょうか。

◆年をとることは不快ですか?

(いいえ)悪いことではないでしょう。

俳優としての人気とは別に、男の人生に於いて全盛期があるなら、40代半ばを越えてこそ始まる気がします。それはもちろん各自個人的なことだけれど。20代のときは30代半ばを過ぎたらほんとうに自分には何もなくなると思っていました。そうです、わからないから想像も出来なかったんです。

当時先輩や大人たちを見て「ほんとうに楽しいのだろうか」と考えたけれど、それは違っていました。父が言ったことがあります。
「君はいまの自分がいちばん面白いと思うだろう?年をとったらまたまたその年齢に合う面白くて、人生の価値というか、そんなものがある。」

私もそう思う。20代の時面白かったことを今またしろといわれたらつまらないと思います。

年をとることが恐ろしいことはないです。私がしなければならないことが面白い、と自ら思ったり・・・。

「ハンサムだとは思わない」・・・美貌のことでなく、顔つきなら私よりずっといい人が多いという意味でそう言ったんです。はは・・・人が言うほどハンサムではないです。

2009092710_2 ◆それにしても、目の前で目撃しているのにそんなに熱心に説明しなくても。(笑)ともあれ、人が年をとったら自分の顔に責任を持たなくてはというのは誰でも同じ、ということでしょうか。

そうです。私はひとが「出来るなら、やる」というのよりも「やれば、出来る」を信じるほうです。

持って生まれた顔つきが重要なのではなく、結局その人が持っている内面がますます現れてくるんです。

◆それでもふと自身に感心する瞬間があったりするでしょう。自らセクシーだと感じる瞬間は?

あることは、あります。ええ、セクシーに感じられるのはお酒を飲む時かな?酒を飲めば容易になる部分があります。そのときそのときの感情にすこしは忠実になるから。

セクシーさは計算されたことだったりもするけれど、素直に沸き出るセクシーさもあるでしょう。お酒を飲む時は、むしろ嘘なんかもちょっとついて(???)感情自体を誇張して表現して。人を意識しないで私の感情に最も忠実、であるともいえます。

◆このごろ面白いと思うことは?演技のほかに。

以前は、私が誰なのかと他人に証明するために生きた人生とするならば、今はある程度積み重ねてきたものがあります。私だけでなく、他の人々が認識するものが出来てそういうものを享受する面白さ、守る面白さ、育てる面白さもあります。以前はとても不安だったんですよ。今は不安感は無くなってすこし余裕も出来たようです。

男が年をとって、自身を証明して素晴らしく見えるように作れる余裕、それは物質的なこととは違うようです。人が生きて体験する感情があるとすれば、かなりの感情の大部分を一回ずつ体験してみたようで・・・。不惑ということを今はすこしわかるような気がします。まだ40にはならないですが。

◆不安だった心が余裕へ変化した時期を作品で言うとしたら?

作品ではないようです。あいかわらず、「俳優」ではまだ不安だから・・・。ほんとうですよ。

どんな作品を契機にして私が変わるかというよりそのまま人生であるようです。生きて、30代なかばを越えて、一昨年からそんな風に思うようになりました。何かを得るための激しさがすこし減ったかわりにそれだけ余裕が生まれたようです。放棄というものとは違った感じで・・・。

むしろ以前より自分を愛するようになったし、すこし利己的になったようです。以前はずいぶん人に気を使って生きたとすれば、今はもうすこし自分を中心に置くようにして。

2009092711 ◆あなたが考える本当に素敵な男とはどんな男なのでしょうか。

30代半ばを過ぎたら会う人も変わりました。以前は好きな人とだけ会っていたけれど今は幅が広くなって、映画界のほかにもいろんな人と会うようになりました。

自然に感じるようになったことのひとつが、成功というのは必ずしも物質的なことばかりではないということです。男が年をとってほんとうに素晴らしくなるというのは結局自分自身を守るというのと同じです。

自身を守るプライドを持って、頭を下げる時も素晴らしく下げる・・・自身の価値をあきらめないことです。物質的だとか社会的成功の可否とは関係なく常に堂々とした人が素晴らしいのです。

◆この間イ・ヨンエさんが結婚を発表しましたが、うんざりしているだろうことを聞きますが、なぜ結婚しないのかという質問を。

するべきですね、早くしたいです。

◆孤独なことは無いですか?

いいえ、孤独ではないです。(真顔になって)以前、パク・チュンフンショーでそう言って以来あんまり人が孤独なんですか?と哀れんでくれるのだけれど、そうではないのです。深刻に孤独なのではなく、退屈という意味でああ言ったのであって、周辺にいい友達もたくさんいて、私が孤独だと感じることは誰もが感じている程度のことのようです。

◆恋愛モードのチャン・ドンゴンはどんな姿なのでしょう。映画の中では切ない目つきをずいぶん見せて、恋愛開始の瞬間から相手の期待値が高いのでは?

ははは・・・それもずいぶんご無沙汰だね。

◆恋愛はどのくらい休みました?

そうだなあ・・・公式的には・・・う~~ん。ひとまず大変なことなんです。このごろは(皆)人の目を意識しないで発表するけれど、個人的には私生活を守らなければと思うほうなんです。私だけの問題というより、韓国社会では常に女が不利だという気がしますね。

◆以前インターネットで「チャン・ドンゴンと結婚したら生じることのある仕事は」というのが話題になったけれど、それを見てドキッとした向きが多かったようです。

ちょっと誇張されてたけれど、面白かったです。面白おかしく書いたものだし、チャン・ドンゴンと具体的な名前が書いてあったけれど、他の誰でも、スターとふつうの女性が結婚したらおんなじなのではないでしょうか。

    2009092712

◆今まで女性から聞いた最も激しい言葉はなんですか。

ええ・・・(しばらく悩んだあと)それほど思い出すことがありません・・・

◆でなければ、誰かにとって悪い男だったことがありますか。

状況や場合によってはそんな気もします。基本的に悪くするつもりではなかったけれど、誰かにとって悪い男だったこともあるでしょう。

◆おおお、とても巧妙な答えですね。

常に悪い男ではなかったようです。

◆時々カッとしたりは?

ますます、減っています。そのような頻度が。それさえ私の基本的な性格ではないようで。さっき話した余裕ということの延長であることもあります。

◆あきれることがあれば、腹も立つでしょう。

意図的に感情を噴出するのでなく、腹が立ったと表現します。怒るのも一年に一回か二回程度です。

◆到底こらえることが出来ないことがあったら?

ええ、怒ってああだこうだとする価値が最初から無い人もいました。普通は礼儀とマナーを持って対しますがそんな必要がないだけでなく、そうしてはいけない人々もいました。こういう手合いにまで好意を表す必要はないと思っています。

◆未来を考えて浮かび上がる漠然とした絵がありますか。

2002年のワールドカップの時、友人たちと話したことがあります。その話をした友人たちは今も親しいんですが、つぎは4年後だから、結婚もして子供もいるね、皆で夫婦同伴で応援に行くか、と。2006年からさらにまた三年すぎたけど、相変わらず状況は変わらないですね。
そうなんです、すでに2009年です。
「2009年ロストメモリーズ」の2009年。どんどん時が過ぎるようです。これからまた5年経ったらおなじかどうかわかりません。今度こそ今よりは変わっている可能性が高いでしょう。愛する妻がいたらいいし、赤ん坊もそばにいたらいいでしょうね。

    2009092713

◆その前にはまた何があるでしょう、何処に向かって歩いているのでしょう。

今は、社会構成員として、一人の男として、チャン・ドンゴンにさらに集中することになりました。いや、集中というより関心がたくさん出来ました。

◆国連食糧大使とかいろいろなキャンペーンの広報大使に出るのも同じ流れでしょうか。

もしかしたらそちら側でもチャン・ドンゴンという元気なイメージを利用するということかもしれません。良い方向に利用されるのなら悪い気はしません。事実私がどんな意識を持って熱心に出るより、(先方から話が来て)することになる場合が多いです。

以前は俳優という名前で認められたいという心がとても強かったし、他の活動をすることじたいに拒否感が強かったのです。良いことにもかかわらず、隠れていたり断ることが多かった。もちろん今でも警戒する心がないわけではないんです。たびたび俳優が著名人化されるのも考えものだったし。

でもその考え方もすこしずつ変わってきました。たとえ飾りでも社会に良い影響を及ぼせることならば、するべきだろうと。

◆ひょっとして、政治への進出の考えは?

まさか。(真顔になって)無いですよ。能力も無いです。

◆大統領映画を撮ったら政界でも一度くらい見ることにはならないでしょうか?地球を救うハンサムなアメリカの大統領は一杯見たけれど、こんなに温かい大統領ははじめてじゃないですか?

いいえ、(とんでもない)ほんとうに奉仕しなければならない職業で、個人の名誉や恥辱のために選択できる職業ではないです。

◆同世代を共有する消費者として個人的に楽しむものは?

デジタルにとても弱いんです。アナログがより良くてそれが素晴らしく見えると考えたけれど、今はほんとうに恥ずかしいかぎりでi-podが五個ほどあるんですが、使い方を知らないんです。周りに頼んでダウンロードしてくれと言って使っているもので。PCもインターネット検索をするくらいの水準で、メールも使わないですし。

2009092714 ◆え?Eメールもですか?

私がそういうことに努力しないんです。決心しても出来ることでなくて。このごろは車に対する関心もかなり少なくなりました。

ほかに何かあるでしょうか・・・ああ、野球、野球はほんとに運動自体が好きで・・・。ゴルフも好きですがゴルフというよりゴルフ場という空間がいいですね。空気も良くて。

ゴルフに比べ、野球は毎週始めて会う会社員たちと試合しながらその人々を意識しないでほんとうに楽しむことが出来るんです。

あ、ワインをたしなむということも好きですよ。

◆それは惜しい。最初はワイナリーを撮影地にするかと真剣に悩んだのに・・・

撮影できたでしょうかね、酔っていたら・・・

◆いいじゃないですか、酔って撮影、次は必ずしてみましょう。

顔が赤くてもほんとうに大丈夫ですか?ははは・・・。

※エディター・・・パク・ソヨン
写真・・・チョン・ジェホ
スタイリスト・・・キム・ヒョソン
プロダクション・・・K- LASVEGAS

| | コメント (6)
|

2009年9月25日 (金)

ろんりーわんこ・どんごんのモデル日記⑳

    200909241

コンセプトは「地上最後の男」なんだそうです。

The Last Man Standing・・・・

ある朝起きたら、誰もいなくなっていて、こんなところに取り残されて、そうしたらボクもいずれ遠からず鳥の餌ですよネ・・・・(アレ?なんか間違って理解してますかね?汗。coldsweats01

    200909242

いつもままならないのが人生、それでも歩き続けていれば・・・・ってボクの好きなお歌の歌詞にあったけれど。(先生、こんな砂漠で、ガチ、トランクはつらいっす・・・)

    200909243

嗚呼、二日酔いするほど飲むのはもう止めよう・・・・・とシミジミ思うのは、こんな時デス。

    Ta_200909231655534

    200909245

日が暮れたら、砂漠は寒いんだろうなあ。誰にも見せる宛てはなし、だけどきちんとネクタイしてます。(スッカリ設定に嵌るボク。)

    200909246

このまま寝込んでしまいたい、オフィーリアなボク・・・・(意味不明。笑。)dog

    Ta_200909231655567

あの、先生、肝心のバイク、無いんすけど・・・。(バイクならチョッとは自信が。)え?歩くんすか?果てしないなあ・・・。Yちゃあん、ちゃんとお迎えに来てねえ。

※ろんりーわんこの呟きは管理人の妄想です。

さて、ELLE10月号、もう雑誌は発売中ですがまだ届いておりませんで、サイトに挙がったお仕事の様子をご覧ください。けっこう長いインタビューで、かなり興味深い「人間チャン・ドンゴン37歳男子の本音」が伺えますので、そちらはレビューを改めて・・・・。

翻訳機そのまま貼るのもツマンナイかな、と思いましたので。catface

バーバリー・ブロッサムとかバリー(靴)とかルイ・ヴィトン(トランク、シャツ)とか、チェーザレ・パチョッティ(靴)とか、デュポン(ベルト)とかあのクロムハーツ(サングラス)とか、お召し物にはそんなブランド名が並んでますが、なにぶん詳しくなくてゴメンナサイ^^;

    200909248

    200909249

      ※Yちゃ~~ん、どっかにいますか~~?

            2009092410

         ※ぷぷっ・・・・何やってるんでしょなあ、大統領・・・(BY管理人)

| | コメント (16)
|

2009年9月24日 (木)

大統領のソナタ

    200909238

はい、今日のお題に“深い意味”はございません。(笑)読んで、見てのとおりcarhappy01

現代(ヒュンダイ)ソナタ最新バージョン第一号車を贈呈された大統領、22日はお忙しく活動でしたね。

字幕つき大統領報告会動画はこちらから。 (お持ち帰りできます。)

動画その②、こちらから。

動画その③、こちらから。

フォトセッション。まぶしいよう・・・はこちらから。^^

「免許を取ったとき、最初に乗ったのが父のお下がりソナタⅡでした。」と大統領。ソナタは韓国に於けるマークⅡとかそんな位置でしょうか。(ちなみに、某「冬のソナタ」では大学教授んちの坊ちゃんで放送局にオツトメのサンヒョクがソナタに乗ってましたっけ。日本ではあの④様がソナタCMにご出演でした。)

        2009092391

大統領、ドコへ行っても大人気ですね。うしろのギャラリーは現代自動車の社員の皆さんでしょうか。

そんな大統領は、女子には強気に出れないが「シングル・パパ」。

どうもニュースの翻訳文ではいまひとつわからないのですが、チャン・ジン監督の実のお子さん、本編にも出ているのでしょうかね。それとも現場に遊びに来ていたのをドンゴンさんがこうしてあやしているのを撮ったということなのかもしれませんが。最近始められたというブログに、メロメロ大統領の貴重なお写真をアップしてくださいました。本編もお子さんに注意して見てみたいと思います。

    200909233_2

泣いていたのかな?可愛いですねえ、もう大統領、目尻が皺皺・・・・(爆)

    200909235

    200909234

「眠ってしまった息子を抱くのに大わらわ・・・」ってもう、どうにでもして~~って顔ですよネ、大統領。大人の女子はかえって こんな濃厚な(笑)接近は出来んのですよ、ぼうや。(しかし、鼻でコドモの顎を支えるの図。爆。happy02

ツルツルで、ぷにぷにで、チョッと湿っててあったかくて柔らかくて、ちっちゃいのにずっしり重くもあり。

チャン・ジン監督は、いまは亡きお父上の生前の姿を映画「息子」の冒頭シーンに収めています。監督も30代後半の結婚で、目出度くこんな玉のような男の子のパパに。きっとどんごん大統領にもいいアドバイスをしてくれたことでしょう。(ええ、疑ったりしませんよ、大統領があんまり嬉しそうだからついつい頭を掠めた“しょたこん”疑惑なんて。あっ、すみませんすみません・・・・coldsweats01こそこそ・・・・)

        200909231

おおっ、監督まで、接近しすぎですからっ。ププ・・・。bomb

あいかわらず、ヤッパリどこかに抜け穴の開いてる・・・けどしゅてきな大統領の本国での「本格執務公開」は10月22日です。movie

        2009092312

まだちょっと前髪の長さが残る大統領、グッド・ダウンローダーキャンペーンでのお仕事。またこんなイノセントな目をしてまあ・・・。dogdog

おまけ・その1・・・昨日のお仕事でのひとコマ。手前の唄子チェヨンちゃんの綺麗なお膝の横になんと大きな青タンが???shockいてて・・・あっしもよく作りますが、青タン。思わず後ろにいる大統領よりさきに目が行ってシマイマシタ。

        2009092311

        ・・・・・・大統領の靴は、革底・・・・と。

おまけ・その2・・・これは何かの番組のキャプチャでしょうか。若かりしビンくん、兄さん、「レディ・ゴー」で共演したころくらいでしょうかね。シウォン王子もいらっしゃいますね。しかし、吃驚しました、いちばん手前のキム・スンウ兄さんのお若くて綺麗なことに。ほお~~~・・・。good

(そういえば、ここのところニュースで頻繁にお顔を見る前原国土交通大臣て、ちょっとスンウ兄さん系じゃありません?)

    200909237

    (あのコロの、君は丸顔・・・・・)

        Girdano09_2

夕べコメントの中で話題が出ました、このシーン。

「ジェソクさん、チャン・ドンゴンにぽっぽ、良かったでしょ???」って???coldsweats01

コレはたぶん、お店に行くとくれるチラシ・ポスターでは?と思われるのですが、向こうは「ネットニュース」でもファンが載せたみたいな写真、出すんですのネ。(ニュースの中身は、ユ・ジェソクさんのファンの間で話題になっているぽっぽシーン、だそうです。ぷぷぷ。)bomb

| | コメント (6)
|

2009年9月22日 (火)

今日の大統領ニュース

    2009092222

本日午前中にアックジョンCGVにて、「グッドモーニング・プレジデント制作報告会」、つつがなく行われた模様です。

うふふふふ・・・miyukiはついこんなお写真からイってしまいます。これからいろいろ翻訳のニュースが上がると思いますので、簡単に・・・(はらぼじ大統領と何を内緒話?^^)

おや、はらぼじのほうが、ネクタイが華やかデスね。

    2009092215

    2009092216

    2009092217

お顔のモードはたしかに晴れやかな大統領ですが、髪の毛の寝かせ方、方向は微妙?(笑)かな?

動画はこちらから。 (お持ち帰り出来ます。)

「いろいろバラエティへのオファーがあるのに出ないのはなぜか?」と聞かれて、「出ないと決めているわけではない。しかし、最近芸能番組には自信がない。私が出たところで思うように効果をお返し出来ないのではないかと。でも、広報担当と相談してみます。」と。(え?Yちゃんと?)

    2009092223

この距離感は役柄そのまま?「イケメン・カリスマ大統領、しかし人としてはじつは優柔不断で、初恋の女子には及び腰のダメダメ・・・」ってば。dogあう・・・

「意図せず年を重ねて一人身の寂しさを囲う仲間は結構いるけれど、なんとかなればいいのにな(けど、無理にペアにもなれんし。)と思う。」(すみません、このへん大いに意訳。です。)

韓国の結婚は、とくに長男など大変、ウソンくん、ジョンジェくん、ドンゴンさんともに、なんとな~く40くらい(準備その他含めて考えると・・・)と漠然と思っているらしい・・・とはウソンさんがどっかの番組で言っていたらしいですが。

ウソンくん、ジョンジェくんはともかく、大統領、で、お相手は?bleah

    2009092219

嗚呼、スーツ男子の膝頭萌え・・・(すんません。^^;)

大統領曰く「意思疎通の出来る人(希望)。)」・・・・なかなかに意味深?(ロングヘアとか、Vらいんとか、手首足首綺麗なシト、とかは?)

そうです、互いの意思疎通がやはり、何よりの大事でしょうとも。頑張れ、大統領!

    2009092220

・・・・隙隙の向こうに宇宙・・・・は健在。coldsweats01左足先がちょこっと内向きなとこが愛らしく。

    2009092218

きょうはチャン・ジン監督も官房長官風味?この映画は徹底的に娯楽作として作りました、とのことです。

「チャン・ドンゴンの仮面を被ったチャン・ジン」てなタイトルのニュースもありました。スター俳優を上手くコメディに乗せられた、と監督は思い、ドンゴンさんも初めてのコメディ映画の上がりにとても満足している様子が伺えます。

    2009092214_2

「きょうも、マブシイ・・・・」長い睫毛が指の間から見えますがな。

    2009092221

はい、ひとまずの〆、今日もご一緒に、「ぷう」(絶対皆さん、狙ってますよね。笑。)

追伸・「 ‘おじさん’という呼称に慣れようと努力中というチャン・ドンゴンは“だが同僚俳優ハン・チェヨンが私を‘おじさん’と呼んだことは理解することはできない。 彼女の年齢も侮れない。”と冗談を投げかけた。

これに共に位置したハン・チェヨンは“私がそのようないたずらもためらいなく打つことができる程チャン・ドンゴンは安らかで親しい兄さん”と答えて,チャン・ドンゴンを恥ずかしくさせた。 」(翻訳機まま。)

よっぽどあじょっしが悲しいのでしょか~。bomb(大統領、そんなコトゆってチェヨンさんに怒られなくてよかたっすねえ。こそこそ。)

おまけ・チャン・ジン監督が自ら撮影してブログに挙げたお写真、だそうです。 控え室ですか?

          2009092218_4

| | コメント (10)
|

立体ショートは変幻自在★チャン・ドンゴン@Esquire

    200909221

もう、腹括りました。ドンドン立ててくださいまし。(髪)くれぐれも、オサレにお願いします。bomb半端に寝せないで、元気良くネ!!アンドレせんせいの番組の時はちょっとイケてませんでっ。bleah(笑)

これから大統領公開に向かって、ガンガンニュースが挙がって来ると思いますので、なんとかついて行きたいと思います。dashdash(P様、R様、お知らせありがとうございました。^^)

    200909222

後頭部、大変上手に出来マシタ。doggood(って何様?ですねん、スミマセン^^;)

    2009092252

最初見たとき、このTシャツ売って~~~happy02と思いましたがな。CG合成ですよね?(シャツの写真、全部大きく見せてぢゅせよ^^)

    200909223

よしよし、片足に重心、ちゃんと乗ってますね。(年取ると、これがヨロけますのよ。トホホ~~。)coldsweats01

    200909224

    200909227

あらっ!こんなに短くなっても襟足アンテナ健在ですよ~~、皆さん♪ぷぷぷ・・・flairhappy01

    200909228

特別番組でアンドレ・キム先生とのご縁を語るスターの皆さん。アンドレ先生のファッションショーに出られることが、何もない新人にとってどんなにか有難いスターの証明であった・・・というようなことを口々に。(ソンギ先生は何か別のこと言っておられるかも。)

ウォンビンくんにとって、芸能界でなんとか生きていけるようにしてくれた大恩人とは、まずアンドレ先生(ケーブルテレビの学園ものに出ていたじゃ○ーずジュニアみたいなビンくんをたまたま見て、あのコいいわね、呼んで、とお声をかけてくださった。)それからユン・ソクホ監督らしいです。

なんだかソンギ先生以外男子は似たような感じの前髪ですネ。

    200909229_2

表紙の服はチェックだったんですね。^^

今年の釜山映画祭開幕チケットは、1分35秒で売り切れたということです。

なお、今年の東京フィルメックス、韓国映画ショーケースにて、大統領が早くも日本で見られるかも、とのこと。チャン・ジン監督の作品は、ヤッパリしっかり日本語字幕つきで、台詞の中身を理解したいもの・・・・嬉しいですね。(11月21日~30日・於・有楽町スバル座)

| | コメント (6)
|

2009年9月20日 (日)

メトロセクシャルのかほり

10月号の雑誌の表紙でAMエンターテインメントの兄貴分と弟分が競演しちょります。

        200909201

う~む、ぷぷぷ・・・何もココまで同じテイストでなくとも。coldsweats01 ヒョンビンくんたら、もうこんなに髪が伸びたんですネ、ドンスが終わってから。

それに引き換えアニキったら・・・・・

          200909204

こんなに短くスッキリしちゃって。あああ・・・・私の愛しいシンさんの巻き髪はもう遠い日の追憶なのね。crying

いた仕方ございません、いまは大統領のドンゴンさんですもの。(この間のじおだのの撮影のあたりに切ったものかと思われます。)

「メトロセクシャル」という言葉があります。韓国の男優さんに対してもたまに使われていた表現かと記憶しています。

※メトロセクシャルとは・・・都会に住み、仕事もプライベートもスマートにこなし、毎日の自分の生活に価値を持たせることができるという、新しいライフスタイルをもつ。女性のようにファッションやスキンケアなどに熱心な、洗練された生活を送る男性。

基本異性愛者であるようです。(とくに付け足すことでもない?笑。)

なんとなくわかる気もいたします。概念は曖昧で、おばちゃんには上手く説明できませんがつまり平たく言って、オシャレに信念がある若い男の人ちゅうことでしょうか。

加齢臭とか、オトコ臭いとか、そんなんは無縁。繊細にして、芳しく、美しい若い男・・・ぎりぎり三十代始めくらいまでのかんじでしょうかね、なんとなく。

    200909209

    ※ヒョンビンくん。雑誌の中身から。ドンスはいま何処の装いですね。

    200909202

    ※最近の「W」から、花男のイ・ミンホくんとキム・ジュンくん。

    200909207

    ※“ベートーベン・ウイルス”のゴヌこと、チャン・グンソクくん。

        2009092015

    ※「霜花店」のハンベクさま、花男・西門さんちのお兄さんを演じたイム・ジュファンくん。

    2009092012

※この間韓国でソン・へギョちゃんとリーバイスの広告を撮ったオダギリくんは韓国でも大人気。

この間のバクダン酒ドンゴンさんは、やっぱこのへんの路線ではないですネ、悲しいかな。

しか~~しっ!!!!

ジンテ兄さんのあと、背中のファスナー下ろして颯爽とお肉を脱ぎ捨てたドンゴンさんが(嘘です。すんません。^^;)天使だったころは、写真集「J」をはじめいろんな姿がたしかに絢爛たる「メトロセクシャルのかほり」だったかと。(たまにポロポロ、ハズしてましたがね。bomb

        2009092014

        ※ほんとうは、オリジナルの羽根おぶい紐があったほうが、しゅきデシタ・・・・catface

  200909206_2

・・・・(無言。)うっとりです。んで、↓しつこいようですが転じて先般のバクダン酒。

        200909208

        ※「地上最後の男」・・・っておいてきぼりってことです?あう・・・coldsweats01

アレこれとはどう違うというのさ?と怒られそうですな。非常に観念的感覚的なトコロにツボりそう???

        2009092010

※ドンスさん。10代の設定。メトロセクシャルにあらず、しかし、のちの急先鋒やくざさんなりの美意識(サテンのシャツとか。^^;)が伺える「ボンタンずぼん」姿。本編でもこんなに太いずぼんでしたっけ?(教練服のずぼんの印象がとっても強い・・・)

        200909203

※大統領のだんす。40代はじめという設定。「男盛りのイケメン大統領」とは表現できても。(笑顔はキマってるけど、肩、チョッと硬いですよ~~大統領。^^)

“本日の〆・ふさふさ時代のアンドレ先生”↓

韓国独特の美意識で、歴代のメトロセクシャル美を発掘してこられた偉人です。最上の敬意を表したいと思います。confident(お若い時はちょっとチェ・ミンスさんみたいな先生。いまはまさに大長老???爆。)

アンドレ先生のショーに出たあと、先生にいただいた服をアメリカで着たら「アジアのどこかの国の王族か?」と聞かれたよ、とドンゴンさんが仰ったそうな。

        2009092013

追加の話題。ハン・チェヨンさんが、ドンゴンさんに「あじょっし~」というと怒られると。そういえば、小・中学生ファンがおっぱと呼んでくれなくなったとチュンフン先輩に訴えてましたなあ。

「おっぱ希望」なんでしょうか。 (でも、わたくしは、呼んであげたくとも、おっぱと呼べないのでございますヨ。しくしく。crying

がんばれ、大統領!!shinemovieshine

| | コメント (13)
|

2009年9月19日 (土)

『花より男子韓国版★プレミアムイベント』に行ってきた。

    200909191

すっかり時間がたってしまって今更のレポで申し訳アリマセン。晴天・残暑のヨコハマで楽しく完結して帰って来てからはや10日余。途中で「大統領」のニュースなどにちょこちょこと気を散らされたのも確かですが、このイベントに出かけてこっち、私なりに韓流の越し方徒然を思い出し、イロイロ考えたのでありました。

200909195 「花より男子」日本では「はなよりだんご」と読ませますが、ハングルでは「こっぽだなむじゃ」。なむじゃ、とはご存知男子のこと。日本の有名少女漫画が原作で、ちなみに、私は未読です。(聖☆おにいさん、がじつにものすごく久しぶりに読んだ漫画だったのね、私。)

しかし、最初の映画化でつくし役が内田有紀、道明寺は谷原章介、花沢類は藤木直人というやつは、シッカリ見た覚えがあります。藤原紀香が脇役で出ていたっけ。類先輩がなんというか、はじゅかしいくらいヘナヘナ男子だったのは、単にこれがデビューだった藤木くんがダイコンだったせいなのかしら???(すんません・・・汗)coldsweats01

    200909192

         ※一泊したホテルの窓から、9月6日、この好天。海風が吹くと爽やかでした。

台湾のF4も大ヒット、日本でもドラマ、映画(いちばん最近のメンバーの。調べたらアニメとかちょこちょこあるようで。)ともに大ヒット、で、このたびの韓国版はといえば、大不況のさなか、企画がなかなか通らずTV局には新人ばかりの学園ものなんぼのもんじゃと断られ資金調達にも大苦戦し、PDが頼ったのは日本からの資金援助、ヒットしなかったら死ぬところだった・・・・というインタビューを読みました。

お金持ちの常識でコトが決められる学校に、たった一人紛れ込んだ一庶民の女の子と「花より美しい」4人の男の子“F4”・・・・おおお、大富豪と庶民の身分違いの恋といえばまさに韓国ドラマのほうが大得意分野ではないですか。

200909193 本国で放送が始まるや、いじめ場面の強烈さなどに非難が巻き起こるなどしつつも最終回に向かって話題集中、花のような男の子たちには、まだ若くキャリアがあまりない=ギャラがお手ごろ価格&旬のうちにそれっ!!とばかり、CM、モデル、次回作等の依頼が殺到、道明寺司(ク・ジュンピョ)役のイ・ミンホくんなど、目下数年前ならウォンビンくんが出演した類のCMを軒並席巻している状況で。

日本から資金を先行して出したのは、IMX(インタラクティブメディアミックス)関連??かつて④様とともに日本での韓流を作り上げたいわば老舗。韓流も記憶に残るいろんなイベントがありましたが、それはけして喜ばしい結果ばかりではなくて。バブルと言われ、終わったとも言われ、しかし、残るものは残っていくんだろうな、地道に丁寧にやってもらえさえすれば、と今回のパシフィコでのイベントに参加して思ったのでありました。
いまや④様は私には別格別世界になってしまいましたが、各韓流、いろんなお部屋が出来ていて、中を覗いてみればそれぞれに楽しく盛り上がっているカンジですね。 

200909196 こんな年相応以下の行動力しかない私でも、じつに日本のタレントさんより韓国の俳優、ミュージシャンのほうのがいっぱい生を見ている、って考えてみたらちょっと不思議な状況ですがな。(笑)

みなとみらい・パシフィコ横浜大ホールで行われた韓流イベントに出かけたのはこれで三回目。はじめてがウォンビンくん、二回目がこの間のドンゴンさん、で、今回。ビンくんのときは真冬の海風に曝され入場までにとぐろ巻いて長時間並ばされ消耗、ドンゴン兄さんの時は嵐並みのの雨風にサリーちゃんのパパみたいな頭になり・・・
今回も3時半ころから気合の入ったひらひらチュニック姿のお姉さま(圧倒的に多い韓流ファンスタイル。ほんとです。)たちが並び始めて、少しの間残暑の太陽を浴びながら汗をかきましたが、さすが数々の修羅場をくぐったIMXの仕切りはなかなか上手でありました。

一人では興味があってもなかなかこのようなイベントには参加できません。誘ってもらったり、きっかけがないと。今回誘ってくれたゴン太さん、ありがとうでした。おかげさまで、旬の綺麗な男の子をいっぺんに見物出来、明日の活力に。flair(おほほほ~~~。^^)

    200909194

     ※ミンホくんのカラーは紫色らしい。日本だけでなく本国のファンカフェからもお花が。

さてさて入るとそれぞれに洩れなく冷麺やブロコリのショップで扱っている食品のサンプルなどなどお土産、チラシ・パンフ類が入ったピンクのF4袋が手渡され、物販コーナーへ。とくにお目当てのノベルティなどは無いけれどせっかく並んだのだからと、ついなんとなく使えそうなものを買ってしまう。イベントの時の財布の紐はどうも緩んでしまってイカン。

    200909197

    ※鍋と、ラーメンと、生写真。(爆)

で、気が付いたら買ってしまっていた「一人用ラーメン鍋セット、ラーメンと生写真つき(ここがミソ?)」だって ・・可愛かったんだもんgoodhappy02 ・・・・て結構売れてましたから、この鍋。ドラマの途中で出てきます。

        2009091911_2

        ※はい、このように使います。

TBSの安東アナと李由美さん(二人とも神話学園のあの可愛い制服着用、アンディ生徒会長ったら、41歳^^;なんか妙に似合っていましたが。)通訳おなじみの根本さん。

学園祭という設定で、 「いつまでも、生徒の皆さん!とアンディに呼びかけられてた会場は、たしかに年代さまざま。花沢類(ユン・ジフ)役のキム・ヒョンジュンくんがSS501(だぶるえすごーまるいち。ハングルではだぶるえすおーごんいる。)のメンバーということもあり、ゲストで他の子も出たので、K-popファンがかなり多かったかもしれません。冒頭のT-maxによるドラマ主題歌「パラダイス」からたちっぱ、ひ~~~cryingドコで座るんだ??おどおど・・・coldsweats01

200909198 舞台に登場する子たちのまあ、可愛いことって言ったらアナタ、完全息子の世代すから。「いやあ、可愛いねえ~~。」と手放しの私、思わずある意味気楽デス。(でも考えたら、大人のスターの皆さんだってみんなみんな年下、お若いんですよね。大汗。)
四人並ぶとドラマではくるくる頭に毛皮のエリで、北村一輝系の濃いタイプ?と思った道明寺ミンホくん は意外と控えめで渋かったです。時々ビンくんを思い出し、大いにそそられました。歌を一曲歌ってくれたのですが、これが上手い!驚きました。

186センチというと、ウソンくんとおなじくらいありますかね。四人の中でもさらに背が高かったです。百想芸術賞で新人賞を取ったさい、レッドカーペットで躓いて大コケの映像が何度も流されて笑われていましたが、「初めての受賞なのにこけちゃって、でも賞を貰ったのでいまはキモチよかった思い出です。」と。

花沢ジフ先輩は役柄、④様に似ているとあちこちで言われているようですが、「欲しい時に入る助け、伸ばしてくれる優しい手(クールなんだけど。)」という典型的王子様役でしたからね。衣装もいつも白っぽいし。(miyukiはイベント前にシッカリがんばって予習したでアリマス。)
二年前いちどイベントで見たときはアイドルアイドルしていましたが、今回すっかり成長、存在感たっぷりでした。歌手のひとはふつうに舞台に立っているときもオーラ満開といいますか。歌い踊るときは、ほんとにカッコいい。ぜんぶ日本語で受け答えしていましたが、なかなか笑えるやりとりで、面白いコなのね、と思ったらB男でした、ははは。

美作役のキム・ジュンくん 。F4では多くを語らないけど頼れるいい奴な役回り、ドンゴンさんといっしょで、立派な綺麗な顔立ちが際立つお兄ちゃんでした。T-maxのメンバーとしてずいぶん日本と韓国行き来してるようで、イベント後もいつの間にかまた日本にいたりしました。そのうち大化けするかもしれません。がんばっていただきたいものです、の25歳(メンバーの中でいちばん年かさなのでオトナでした、助けてもらいました、みたいにつくしちゃんも言ってました。)

牧野つくしことクム・チャンディ役のク・へソンちゃん は女の子らしい華奢な可愛さ柔らかさのある子でしたが、音楽、映像など、意欲的に活動しているようです。つくし役は難しいですわな、同性に共感を得ないといかんですからね。
チャンディの家はクリーニング屋さんから、ポンせんべい売ったり、お父さんが船に乗って漁の仕事に行っちゃったり、とまあ、苦労の連続ですがこのウチの描写がとっても韓国の家族、韓国の家なんです。ぼっちゃんの司がこの家に泊まったときのごはんの風景など、あああ、韓ドラ、こうでなくっちゃでした。(笑)なにげにつくしの弟、あのパク・チビンくんがやってましたし。

200909199 で、当日日帰りで日本に4時間の滞在だったという西門役のキム・ボムくん。撮影中の「ドリーム」というドラマでは、ジンモくんと共演、格闘技の選手役なんだそうですが、うそでしょ、というくらい華奢でいちばん顔が小さくて、可愛いといえばこのコがいちばん可愛かったっす。ドラマの撮影がたいへんで、余計痩せちゃったのかもしれません。西門イジョン、笑う顔が船越だなあ・・・・といつも思っていましたが、痩せてウエンツに。そういやあ、美作ジュンくんは、でっかい小池徹平くんのようで。いやあ、二時間ドラマの帝王船越さんも、だから笑顔が可愛いのです。なんのこっちゃ。(笑)

とんぼ返りということで、いちばん最初に出てきた可愛いボムくんは、羽田から当日最終の飛行機に乗るために、「えええ~~~~・・・」という声とともに去っていったのでありました。そうか、ヨコハマから羽田は案外近いんですよね。お疲れ様でした。

前日5日にもパシフィコでイベントがあり、この日は西門先輩の恋のライバルでもあったお兄さん役イム・ジュファンくんと、つくしの友達カウルのキム・ソウンちゃんが出演だったそうで、お兄さんはあの「霜花店(サンファジョム)」のハンベク様、ちょっと見たかったかも。

2009091910 ところで、じつはイベント中微熱頭痛があったというキム・ヒョンジュンくんが翌日の帰国の日になって高熱、新型インフルエンザ発症、とのニュースにびっくり。東京での入院生活は心細かったことでしょう。ファンも心配でしたよね。16日に無事帰国したそうで、何よりでした。新型インフルエンザ、ものすごくアブナイんですよね。気をつけましょう。私もインフルエンザで肺炎になり入院した時は死ぬかと思いました。同じ病室の人が意識不明になって運ばれていくの見ちゃったり・・・。(思いもよらない症状が出てしまうんですネ、人によっては。)

※写真は16日、金浦空港のヒョンジュンくん。よかったね。happy01さすがに病み上がりっぽいお顔です。

ところで、花男ファンの間で密かにマニアが続出しているという「西田」。道明寺ママの忠実な部下、韓国版ではチョン・サンロク室長、何気に40歳。(細かい?ほほほ。)このかた、じつはドンゴンファンにとっては忘れられない「チング」のウンギ(堤防でドンスにウミガメと水泳選手の話を振られてちょっと答えに困っていた、あのウンギ。最後に寝返って、ドンスを羽交い絞めにしていたあの、ウンギさんです。チョン・ホビンさんといって、映画はなんと「チング」がデビューとのことです。いやあ・・・韓国版西田ウンギと坊ちゃん、萌えましたわ。(馬鹿)

そんなわけで、作っちゃったわ、西田これくしょん。「朱蒙」では、ヒロインを何くれとなく助けるいい男キャラでした。普段の顔だとあんまり西田ってわからないわ~~~。

        200909162

夏休み、半端な時間でしたが地上波でも吹き替え版を放送したこともあって、最終回に向かって気分も盛り上がったのか、5000の会場が当日はほぼ満席でありました。
一気にホルモンが巡って(え?)大汗かいたmiyuki、気持ちよく飲んで翌日はゴン太さんを送りがてら羽田で遊んで飛行機見物して帰ってまいりました。とくに国際線ターミナルの「お見送り」でないあたり。(笑)

    2009091914

※はじめて羽田のデッキに出てみました。こんがり日焼けした飛行機マニア?とおぼしき男子たちが真剣に写真撮っていました。

目下人生のひと区切りをやっているmiyuki、まだイベントは続きます。こんなときにはいいココロの転換にもなるかもしれません。(げ、現実逃避ともいうのかな??やっぱり^^;)というわけで、なんと、あの原点にして昔の男、ぺ④さまのイベントに行くことになりました。豆④様かもしれませんが、これを逃したら生を拝めることももう無かろうかと思いまして。
さてさて、いかが相成りますことやら。(ちょっと不安^^;席までちゃんとたどり着けるのか?東京ドーム。ひ~~~・・・・)

2009091912昨日は四谷の新しい韓国文化院で、ちょっと前の映画ですが「覆面ダルホ」を見ました。日本の「演歌の花道」のリメイクです。主演はチャ・テヒョンくん。

この人は妙にフェロモンがあるというか、時々とってもいいオトコに見えます。彼が歌うトロットも良かったです。オーバーアクションで「千の風・・・」の秋川さんみたいな髪型した演歌のスターが笑えました。

「いい歌であれば、ジャンルは関係なく人の心に届く・・・」というような台詞がありましたが、ほんとですね。

共演の音痴の美人トロット歌手役イ・ソヨンさん、「スキャンダル」「春のワルツ」と見ましたが、この映画がいちばん可愛いかも。

さてさて皆さん、いよいよドンゴンさんのいちばん新しいお写真とインタビューが掲載された雑誌2冊の発売です。

イノライフさんで買うと、「Esqire」のほうはインタビューの日本語訳をつけてくれるそうです。

          2009091913

          ※こちらはバクダン酒翌朝、ではなさそうで・・・・(笑)

| | コメント (8)
|

2009年9月16日 (水)

大統領はディテイルにこだわる。

  200909161_2

弥が上にも高まる期待、今年の釜山映画祭のオープニング上映作品「グッドモーニング・プレジデント」

ドンゴンさんはしばらく大統領ヘアをキープすべく、髪の長さに気を使っているそうな。(洗濯戦士ヤンくんの公開がちょっと先に延びたので、大統領の公開中はこの長さをきーぷするのだ、と嬉しいような悲しいような。think

バクダン酒のELLE(笑)も、表紙のEsquireも、本国では来週発売、日本でも本国とそう間を置かずにキープできることと思います。楽しみですね。

    200909164

日本も一日新政権のニュースで賑わいましたが、総理夫人はじめ、女性議員さんたちのファッションはやはりなにげにチェックしたくなりますね。

男性のほうはスタイル的に選択肢は女性のように多くありませんが、それだけに清潔感やさりげないディテイルが際立ちます。土台がよければ全て良し、ということにはならないあたり、難易度高し。

    11_2

軍部のお偉方も居並ぶ中、何やら熱弁を振るうシーン(?)とおぼしき大統領のシャツは何気にダブルカフスですね。ポイント高し。shinedogshine

    200909163_3

しばらくは、この二・八分けスタイルが、公のお姿のデフォルトになるようです。(長い髪もちょこっと懐かしいぞ、の管理人ですが、しばらくは大統領スタイルを応援するとしましょうかね^^)。

| | コメント (4)
|

2009年9月12日 (土)

ろんりーわんこ・どんごんのモデル日記⑲

    2009091211

昨日、うっかりバクダン酒を飲みすぎてしまいました。眩しくて目を醒ますとこんな砂漠の真ん中デシタ。

    200909122

こんなゴツイやつに乗せられて来たようです。全く記憶が飛んでます。coldsweats01どうしたんだ、ボク。

    200909123

Yちゃあん・・・・途中でなんで止めてくれなかったんだよう・・・。

    200909124

笑ってる場合ぢゃないか・・・・お仕事だかだ。(たぶん。)dogたはっ・・・

    200909125

8月まで、ボクは「大統領」デシタ。二・八分けをキメるために髪も短くして、初めての「大真面目コメディ」に挑んだのです。前評判も上々、自分でもイイ感じでクランクアップ出来て、嬉しくてつい気が緩んでシマイマシタ。

    200909126_2

オンマぁ・・・・sun太陽が黄色いから・・・(大事なキムチ、ちゃんとカバンに入ってるっけ・・・。)

    200909127

砂漠の真ん中でカジノに出かける身支度をするまふぃあのシト。(うそです。)

    200909128

エ?こんな坂で寝るの?エーと・・・・・(無理・・・)

    200909129

先生、もういいデスか?腹筋がプルプルです、目が眩みます、ひい・・・・bearing

    2009091211_4

いつの間にかドコかでホットドックなんて買ってきたYちゃんが、ハイお土産です、とソーセージならぬ「葉巻」をくれました。

    2009091212

渋いぜ・・・Yちゃん・・・・・(と、眉毛が下がる。)

    2009091213

こういう風景をずっと見ていたような、デ・ジャ・ヴュ・・・・(あんにゅい・わんこ)dogdog

    2009091210

現場は女性スタッフも多いので失礼になってはと、おぱんつひとつのお着替えの時は、きっちりカーテンを張ります。

お肌は上半身限定デス。 (女優・・・??ツッコミBY管理人)

※8月末から9月アタマにかけてお出かけだった雑誌ELLE特集の撮影、アメリカでのお姿が本国のネットに載りましたもので、ついつい管理人の妄想呟きが暴走シマシタ^^;すみませんすみません・・・

きっと本編、いつものようにとっても素敵に仕上がっておることと思いマス。楽しみですネ。shinedogshine

    

| | コメント (12)
|

2009年9月11日 (金)

仮想ニュースだよ、大統領^^

    200909106

例によって、ニュースに付いていけておりません、coldsweats01のネット音痴。そんな間にも、大統領は着々とお仕事に邁進中?

よく見ればロゴが「CNN」でなく、「CMN」。いかにもそれらしくの「仮想ニュース」の中の大統領に、我々の理想の大統領の姿、なんと喜ばしいカッコよさ・・・というのが本国での反応らしいです。はいはい、そりゃそうでしょうとも~~。shinedogshine

ニュースはこちらから。 (お持ち帰りできます。)

※グッドモーニング・プレジデント公式サイト

※同・公式ブログ

行ってみてくださいね。happy01

    200909107

大統領のにい・はちヘアには、細川たかし氏よろしくキッチリ決まるハードなヘアスプレイが必須なんだろうなあ(笑)・・・などとつい妄想するあっし。happy02

海のこっちの日本では、仮想ではなくリアル政権交代、期待できるのかどもならんのか、はてさて・・・・

    200909104

「グッドモーニング・プレジデント」は今年の釜山国際映画祭のオープニング上映作品に決定、どんごん・ジウク大統領の門出に上々の舞台が用意されましたね。

そして7日に撮影された、「グッド・ダウンローダーキャンペーン」のポスター、CFでは、ノーギャラで集まったそうそうたるメンバーが揃って合法ダウンロードの推奨を。

    200909103

    200909101

200909102 AMエンターテインメントから、ヒョンビンくん、シン・ミナちゃんも一緒に参加ですね。

ソンギ先生、チュンフン先輩がキャンペーンの共同委員長なんだそうです。「著作権」のあるものは正しいルートで入手しましょうという話なのですが、ついついイケナイ誘惑に惑わされがちなファンのココロ・・・。

苦労して予算を集め、俳優さんたちが一生懸命演技をし、監督さんやスタッフたちと身を削るようにして生み出した作品。きちんと対価に結びつかない不法ダウンロードがはびこることは、結果として映画市場の衰退を招く・・・というわけです。

CFは10月に劇場やテレビ、釜山映画祭会場等で見られるそうな。

親指立てて、「GOOD」ぽーずの委員長ず。wink相変わらず元気でお若い!(ソンギ先生とイ・ハナちゃんが恋愛する映画も釜山で上映されるようで。)

    200909105

大統領とチャン・ジン監督、釜山のBEXCOコンベンションセンターをバックに記念撮影。ここは最近映画の撮影に使われることが多いそうです。(もちろん「大統領」も。)

| | コメント (6)
|

2009年9月 7日 (月)

予告編だよ、大統領!

  20090907

出ました、movie予告編。こちらからどうぞ。 (取り急ぎ、お持ち帰り可。wink

ジウク大統領、おちゃめなはらぼじ大統領に負けるな!^^

ぢつにサワヤカな笑顔ではありませんか。(なぜか、笑・・・。)

◆半年振りにヨコハマのあのホールに行って来ました。若くて可愛い男子たちを拝ませていただき、例によって汗だく&デトックスhappy02

「韓国版・花より男子プレミアムイベント」 (エ?意外ですか?catface)頑張って、レポしますね。

| | コメント (13)
|

2009年9月 6日 (日)

愛の賛歌・・・美輪明宏氏の「音楽会」に行ってきた。

  200909061

愛の賛歌

美輪明宏・セリフ歌詞訳/E.Piaf  M.Mount・作曲/池多孝春・編曲

高く青い空が頭の上に落ちてきたって この大地が割れてひっくり返ったって
世界中のどんな重要な出来事だって どうってこたぁありゃしない
あなたのこの愛の前には 朝日が目覚めたときあなたの温かい掌の下で
あたしの体が愛にふるえている 毎朝が愛に満たされている
あたしにはそれだけで充分

もしあんたが望むんだったら この金髪だって染めるわ
もしあんたが望むんだったら どんな宝物だってお月様だって盗みにいくわ
もしあんたが望むんだったら 愛する祖国も友達もみんな裏切ってみせるわ
もしあんたが望むんだったら 人々に笑われたってあたしは平気
どんな恥ずかしいことだってやってのけるわ

そしてやがて時が訪れて 死があたしから
あんたを引き裂いたといってもそれも平気よ 

だってあたしも必ず死ぬんですもの

そして死んだ後でも二人は手に手を取って 

あのどこまでもどこまでも広がる真っ青な空の
青の中に座って永遠の愛を誓い合うのよ
なんの問題もないあの広々としたあの空の中で 

そして神様もそういうあたし達を
永遠に祝福して下さるでしょう

200909065 ナサケナイ話だが、「十年ひと区切り」とか「いま、潮時」と悟っても、いざ踏み出すのに踏ん切りがつかず苦慮していた先週のこと。花火大会を共催した川向こうの隣県のM市文化会館へ、美輪明宏氏の「音楽会」を聴きに出かけた。
閑静で緑の多い住宅街の中にあるホールには、駅から徒歩の人もいれば、近くからママチャリで乗りつける人、私のように車の人とそれぞれ。都会のホールには無いのんびりした雰囲気が漂い、ホール裏の楽屋口の見えるところにいい塩梅に車を停められた私は、楽屋口に一番近いところに停められたジャガーを「あれって美輪さんの乗ってきたお車だろうか・・・うふふ・・」などとストーカー宜しくしばし車の中から観察していたのであった。(お馬鹿。coldsweats01

美輪さんの舞台を生で拝見するのは二度目だが、まだ小娘だったころ、新宿のオカダヤという手芸用品・布地専門店でお買い物をする美輪さんに遭遇したことがあった。私がそこで何を買おうとして出かけたのかは今となっては思い出せない。美輪さんは、ツバ広の帽子に半分お顔が隠れていて鼻先と口元しか見えなかったけれどすぐにわかった。何か衣装に使うマテリアルなど探しておられたのかもしれない。夏だった。美輪さんはノースリーブを着ていらしたっけ。

200909062 体調を崩されて長く休んでおられたあと、93年に再演成った三島由紀夫氏作の「黒蜥蜴」なぜか手元に台本がある。明智小五郎役だった榎木孝明さんのファンの友達が地方から上京し、一緒にパルコ劇場まで見に行った。そのときに若造ながらに感動して、売店に売っていた黒い表紙の台本を衝動買いしたのだった。

終演後自ら車を運転して駐車場から出てらした美輪さんの、ハンドルを握る手に大きな緑色の石の指輪が嵌っていたのを覚えている。

子供の頃からテレビやドラマで時々見かけていた謎の人も、今やすっかりふつうにテレビで気さくなお姿を見かけるようになった。しかし、戦争や軍隊のこと、差別や礼儀知らずの人間のことを怒る口調は、怖い。

16年前はただ、綺麗だとしか感想が無かった自分だったが、今回えもいわれぬ芳香に包まれて、その力強さ優しさに、思い込みかもしれないが、背中を押してもらっているのをシッカリ感じたのだった。

200909063 会場で本をたくさん売っていたので、まずはこの一冊からだろうと、かねてより気になっていた「紫の履歴書」を購入した。毛筆の丁寧な直筆サインが入っていた。

戦前の長崎の、裕福な家庭に生まれた坊ちゃんは、原爆で何もかも失い没落した家の生活を背負って生きてきた。高度経済成長のころ、恋に浮名を流したり、失敗したり、恋人に死なれたりしながらも、母親の違うきょうだいの面倒を見続けお父上を見送り、33歳までのことが書かれた本は、思い切り昭和の香りがする。

平成生まれの若い人には、到底肌触りとしての実感はわかないかもしれないあの、猥雑で賑やかで、元気だった時代。

親の無償の愛を歌う名曲「ヨイトマケの歌」を生で聴けて嬉しかった。
第一部は日本の古い歌など織り交ぜながら、語りが半分くらい、第二部は一気にシャンソンだったが、第二部で、肩を出した黒いドレスの裾を引いて現れた姿には、会場からマジでふあああ・・・と溜息が。

素足は剥き出しに出来ても、こんなふうにエレガントにドレスの裾を捌(さば)ける『女優』などもう日本にはいないんじゃなかろうか。

200909064 会場は老若男女、女性の割合が多かったけれど、私の隣などは勤め帰りに一人で来たかんじのサラリーマンだった。

アンコールの「愛の賛歌」では、日本語で自らピアフの歌を翻訳した歌詩を朗読してから、フランス語でお歌いになる。金の粉が舞台に降り注いだ時はほとんど泣けて困ってしまった。

愛が美しいと綺麗ごとで歌っているのではなく、ただ二人でいたい、それだけだという切実な想いを歌っている、周りなんてどうでもいい、傲慢な・・・・たとえ二人の上に空が落ちてきても、そのためならなんでもすると歌っているのがピアフの「愛の賛歌」なのよ、そうテレビで語っていらしたのを思い出した。

次の日、目出度く数ヶ月苦しかった状況に区切りをつけられた私は、それから一週間かけて興味深く「紫の履歴書」を読んだのだった。

        200909069_2

※映画「黒蜥蜴」ポスター。監督は深作欣二氏。三島由紀夫氏が自ら、人間の剥製(ひ~~^^;)の役を演ってらしたっけ。「君の欠点はボクに惚れないことだ。」と言って、「紫の履歴書」の初出版の時に「昭和有数の奇書として推す」という序文を寄せた三島先生なのだった。愛。

        2009090610_2

※宝塚でもショー仕立ての舞台があったのですね。あの麻実れいさんも緑川夫人を演じたことがあるのだそうな。

        200909066

※最近はご利益がしきりと噂されるこんなお姿のポートレート。「肖像」という言葉がまさにピッタリ。ちなみに音楽会では、この黄金色の髪はダークな色のウィッグの下に隠れておりまする。

そういえば、いちばんグレードの高いオーラの色は紫なんだと、昔知っていた某漫画家先生(霊感アリ)が話しておられたが(反対に、ヨロシクないオーラは黄土色なんだそうな。)、本の冒頭に「観世音菩薩、身は紫金色(しこんしき)」という言葉が挙げられていた。

しかしオーラとか、霊感とか、そんな話題にだけ惹かれているわけではない。
最後のほうに書かれた、スターというものについての部分、40年前の美輪さんの言葉に私はいたく納得したのだった。

2009090611 “スターとは、舞台へその姿を現した瞬間華やかな色どりの紙吹雪を、天からさっとバラ撒いたような雰囲気を醸し出さなければなりません。

それはふだんからの心意気といいましょうか、念力といいましょうか。それ次第で自分の周囲二メートル四方くらいの空気の色を、スイッチひとつで一瞬凝固させ、変えられるくらいの気合がなくてはなりません。

・・・・・・・そのような、さまざまな念力の操作による技術が自在に出来るだけの能力を身に付けることが、花のあるスターになれる第一歩かと思われます。自分の扮する役柄の人物の歴史や人柄、喜怒哀楽の感情をそのままそっくりうつし絵のように観客の心に投影させるというい、つまり読心術の逆のようなものであります。・・・・・役者とは、たとえ乞食の役を演じても風格や品位を失ってはなりません。そこが生の乞食と舞台の乞食の異いでしょう。

花のあるスターになることは何と大変なことでありましょう。
疲れ果てて、舌を出し肩で息をする野良犬のようになることがよくあります。
それでも、まだ目的地に着いたのではありません。ほんの暫し休憩しているだけなのであります。まだその犬は野を越え、山を越えて努力して走り続けなければならないのであります。

でも仕方がないことです。
それは自分が選んだ道なのでありますから。
永久に終着駅のない旅だと知っていても。”

いつか美輪さんの口からウチのドンゴンさんの名前が出たことがあった。「大人で、礼儀正しくて、いまの日本ではとんと見なくなった、花があるほんとの主演俳優って雰囲気があるでしょう?」(そのとき他に出た名前は、かの④様。笑。美輪さんも冬ソナとか、イブすべとかご覧になる機会があったのだろうか。笑。)

つい「オーラの泉」で何かを言い当てられて大きな瞳をウルウルさせながら美輪さんをじっと見つめるわんこ・どんごんさんshinedogshine、という場面が浮かんだもんだった。

    200909068

※こんな姿のドンゴンさんなら役を演じることの努力はもとより、きっと無条件で褒めていただけることでしょうネ。confidentdogおほっ・・・

紫の履歴書 Book 紫の履歴書

著者:美輪 明宏
販売元:水書坊
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (16)
|

2009年9月 3日 (木)

ザ・大統領ず、発進!?^^

皆様、こんにちは。選挙も終わり、九月の声を聞き、日の暮れるのが早くなってきたことを感じる今日このごろですね。

いろんなニュースに日々付いて行けておりませんが、今日はまずこちらから。

  200909031_2

執務室に大統領3人てんこ盛り、なんと楽しそうなポスターではありませんか。(笑)

公開予定は10月22日。

スンジェ先生は、ケーブルテレビご出演の折、「チャン・ドンゴンは本当に格好いい!」と絶賛してくださったそうな。スンジェ先生は努力を惜しまない後輩にとてもよくしてくださるのだとか。ベートーベン・ウイルスで共演したキム・ミョンミンさんとか、イサンで孫役を演じたパク・チビンくんとか・・・。

    200909032

    200909033

惜しげなく、チャ・ジウク大統領の笑顔をどうぞ~~。shinedogshine

    200909036

おおお、こいつぁ目出度い!!(って何が・・・。coldsweats01)頑張れ!チャ・ジウク大統領!恋はちゃんと、真正面から。ってか。scissorsbomb

    200909034

お茶目なVサイン、スンジェ先生さすがにいちばん大統領っぽいです。   

    200909035

ところで、イム・ハリョンさんはコ・ドゥシムさんのご主人なのですね。男ファーストレディって妙な表現だけど、言ってみればつまり、エリザベス女王のご主人のエジンバラ公みたいな・・・??(ちと、ちがうか・・・・)

これから始まるプロモーションも楽しみですネ。

200909039 ジョンウォンさんの秘密倶楽部??

本国で1日より流れている「太陽はない」の不滅のコンビ、ウソンくんとジョンジェくんの、な何やらやたら楽しそうな男二人のCM。あの清浄園(チョンジョンウォン)の新CMです。

うちのドンゴンさんが旦那さんで無くなってからとんと動向を気にしておりませんでしたが(ごめん)、新しい旦那さんのウソンくん、やっぱりしゅてきですわ。旦那さんはなんとお友達まで家に呼んできてんじょんうぉなの手料理自慢・・・それとも、何やら、淋しい男子を集めて限定会員制秘密倶楽部・・・??(爆)

隣の旦那さんジョンジェくんもいちお、今一人だから!って言ってたし・・・??

いずれにしても、イキの合ったエエ男二人、眼福眼福、ご馳走様デシタ。

200909037楽しい話題の後ですが・・・女優のチャン・ジニョンさんが約一年の闘病空しく胃癌のため35歳の若さで亡くなりました。

恋人に支えられ、頑張っておられたとのこと。癌ってほんとに同じところに出来たとしても個々の進行や症状はそれぞれなんですよね。(うちは見事な癌家系なんデスが。)しかし、若いひとの癌はやはり進行が早いようです。たくさんの仲間の皆さんが弔問に訪れていましたね。

美人薄命・・・ご冥福をお祈りします。(写真は「オーバー・ザ・レインボウ」ジョンジェくんとの共演でした。)

        200909038

先週末、ドン友の皆さんと映画を見に行きました。(グッド・バッド・ウィアード)直前にソウルやら、大阪やらへ行かれていた元気なオトモダチの皆さんから(笑)お土産をいただきました。

    2009090310

ぷぷぷ・・・・大阪土産の「くいだおれ太郎プリン」ドコがプリン?って、シマシマ三角帽子の中にプリンが一個一個入ってますのよ、凝ってますなあ。下に敷いてあるのは紙袋。あまりに秀逸なんで(爆)プリンを食べた後は、そうだなあ、ピクルス君の帽子かな?お馴染み神戸のレンセイ製菓へもJ様、おいでになったようで。袋のものは韓国のブラウニーなどですが、最近かな~りイケてるんです、ふつうにロッテマートとかで買えるクラウンとか、オリオンとかのお菓子たちが。

なにげに交ざってる食べかけドーナツ(笑)はじつはストラップ。これもいただきものです。(甘い香りもするんです。お腹すくから~~~^^;)

    2009090312

コレは、AちゃんがJ様に貰っていた絆創膏。写させていただきましただ。「いたいねん」とか「がまんしてまんねん」とかドンゴンさんとかYちゃんが貼ってたらすごくウケるんだけどな~~。(笑)あ、叔母さまのお店オールインのクリアファイルは私もいただきました^^。右はP様よりいただいたノート。この猫シリーズの雑貨、ついつい見ると買ってしまいます。(乙女ごころ?coldsweats01いくつなんだよ、って言わないでね、ほほほ。)

    2009090311

はい、こちらがアトムと鬼太郎二大スターのコラボはんかち。鬼太郎の頭から覗いてるの、なんて言うかご存知ですか?「ヒョウタンツギ」って言いますの。手塚先生の生んだほぼ最古のキャラらしいです。

J様P様ゴン太さん、ありがとうごじゃいました^^

| | コメント (8)
|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »