« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

ろんりーわんこ・どんごんのモデル日記⑱

夏の暑さが去ったらいよいよ食欲の秋がやってまいります^^

200908311_2

そうなんです、ウッカリ飲み食いしすぎると、ほっぺやらアゴの下やら、フェイスラインにスグに出てしまうのがボク・・・。デモ、今年は幸い、いい塩梅に仕事のいろんなことでタイミングよく忙しくしてて気が紛れそうです。

そして気が付いたら今年も結局ろんりーのまま、終わってしまうかものイキオイだったり。coldsweats01(ま・・・・イイですよね?この期に及んで焦ったところでどもなりませんしぃ。)

夏の装いを懐かしんで、九月のカレンダーは白い麻の装い・・・如何でしょう。

    200908317

    200908313

こういう帽子のあしらいは、なかなかムズカシイものですネ。

さて・・・・大統領で短くなった髪をアレンジして新境地(と勝手に思ってるアトムなボク。)のGIORDANO、見ていただけましたか?

緑のソックスの先に何を履かされていたか、ジャジャ~~ン、正解はエナメル・スニーカーでありました。

チョッと若作りが過ぎているでしょうか。へへへ。catfacedog(デモ、そこいらへんはスタイリストさんのお仕事ですから。)

        200908312

オトコのファッションは、清潔感とセンスある遊び心・・・とか呟きつつ、マダマダ一人ではどもなりません。(靴は履き心地が最優先ぢゃん!とか言うようになったらただのあじょっしなんだろうな、びくびく・・・)

        200908316

        200908314

実は只今、アメリカ滞在中デス。ジェットの限り、飛んでまいりました。映画公開の前には、大概タイアップで入る雑誌のグラビア撮影のロケです。Yちゃんが、「アメリカのホットドッグ文化はヤッパリ深い・・・。」などと言いながら毎日ケチャップとマスタードたっぷりのホットドッグを食べています。(カレは、そうしてある日パタッと飽きるというのが大体のパターンなんです。)smile

ボクが大統領の役を頑張っている間に、前大統領、前々大統領と、殆ど間を置かずに亡くなって、厳かな葬儀が執り行われました。とくに前々大統領は、ボクが子供のときに見て以来の国葬でした。

この秋、ボクの大統領姿をお目にかける運びとなりますが、これも何かの巡りあわせなのかもしれません。

「大統領も、一人の人間」であることを描いた「グッドモーニング・プレジデント」どうぞ応援ヨロシクお願い致します。

※ろんりーわんこの呟きは、管理人の妄想です^^

    200908318

※管理人より・・・・このところちょと体調不良で更新がままならず、ネタが溜まりまくっております。先週は隣町に美輪さまの音楽会を聞きに行って、すっかりキモチもシャッキリ致しました。ダレも待ってないかもしれませんが、ご紹介したいので待っててくださいましね~~。^^

| | コメント (12)
|

2009年8月25日 (火)

大統領とアトムの間

200908251

おお、夏の名残のビール髭・・・

忠武路国際映画祭のレッドカーペットではどんなスタイルが・・・と楽しみにしておりましたが、セレモニー中止ということで、見られなくて残念でありました。

元気にしているのかな、大統領・・・と思ったら、打ち上げ(?)パーティーのこんなお姿が。

        2009082522

スンジェ先生のアツい視線も後ろから・・・しかし大統領~~、アトム・ヘアもスタイリッシュにキメるには、やっぱりプロの手がいるということでありましょうや?  

あんのう・・・言ってもいいかなあ・・・これは、なんちゅうか、アトムでなくてドコモダケなんでわ・・・???・・・・やばっ・・・ごにょごにょ・・・・coldsweats01 

        200908253

でもいいの、そんなイノセントわんこな瞳dogを構えもせずにまっつぐこっちへ投げてくれてるから(dogは、ハチぃ~?crying)、許しちゃいますとも、大統領。 

おや?おとなりの小父様はひょっとして・・・

        200908254

Maxあぼじ編の俳優さんではないですか。お変り無くお元気な眉毛、何よりでございます。(笑)

それにしても、美丈夫大統領が入ってる時とのギャップ、タマリマセンですなあ。

ど~~んとなった、どんごん、ちゃん・どんごん、と・・・noteうぷぷっ・・・

    200908255

さて・・・下の海の絵は何かと申しますと、これ、ドラマ編「チング」のドンスが描いた絵として作中に登場するものなのだそうです。(ドラマのドンスは、カノジョがいるという設定の他に、実は画家になりたかった、という面もお持ちらしく。)

撮影に使われたあと、キョンテク監督から感謝を込めて、ヒョンビン・ドンスとの縁を結んでくれたドンゴンさんに贈られたとのこと。

        200908256

海と少年・・・AMエンターテインメントのドコかのお部屋に飾られるのでしょうか。

| | コメント (8)
|

2009年8月23日 (日)

八月・花火と虫の声

200908234

ちょっと前は、「台風一過」といえば真っ青な秋の空でしたが(亡き母はそれを、「運動会の日の空」と言いました。)最近は季節がハッキリしないし台風がやってくるときもなんだか脈絡が無いように思えます。

・・・というわけで、私も脈絡無く、風に吹かれるシンさんの愛しい首筋と耳の後ろを・・・。catface

        200908235

        ※「私は、チャン・ドンゴンだ。 〈台風〉のチャン・ドンゴン」、とあります。

夜にはもう虫の声が賑やかですね。

市の広報を見てなんとなく行きたくなり、地元の花火大会の有料席を購入、出かけることにしました。長年住んでいて、わざわざ出かけたのは初めて、という・・・(人混みが苦手。coldsweats01)首都圏片田舎の川の土手、あっちの市とこっちの市の共同開催で両市計一万発・・・ってどんくらい?と想像も出来ませんでしたが、これが結構楽しめました。人出も、ドコからこんなに?と思うほどで。

不況で花火大会が各地で中止になっている中、今年で33回目だそうで、頑張ったんですネ、我が地元。お見それしました。(考えてみたら、出不精のあっし、子供のときの夏祭り以来、大人になってからわざわざ花火を見に出かけたのって、数えるほどしか無かったですわ。)

「ペア席」という有料席はダンボール製の椅子付き。土手の斜面に上手く収まるように出来た組み立て式の優れもの。ブルーシート持参の席よりいいかな、と思いましたが、miyukiはじつは結構立派なガタイをしておりまして。(苦笑)二時間近く座るうちに、人間様から出る湿気(?)を吸ったのかだんだん感触が柔らかくなるのが感じられ、最後のほうで、一段階ふなっと来ました。

「うへえッ!」と半端な声を挙げるあっしに、大笑いする妹。あっしより大きい人はハナから潰れる可能性大ですわな。にょほほ・・・^^;

新しい携帯のカメラで撮ってみようと試みたものの、でんでん上手く撮れておりませんでしたので、他所様の花火の画像をお借りしてきました。(どうかひとつ、イメージつうことで^^;。)

    200908233

    200908236

はなび
                       井上 赳 作詞
                       下総 皖一作曲

       どんと なった
       はなびだ きれいだな
       そら いっぱいに  ひろがった
       しだれやなぎが ひろがった

       どんと なった
       なんびゃく あかい ほし
       いちどに かわって あおいほし
       もいちど かわって きんのほし

この唱歌というと、大川興業のパフォーマンスしか浮かんでこないのですが、こんな歌詞だったんですね。

花火はやっぱり汗かいて、人混みを歩いて、つい高めのビールなんか買ってしまい(汗)、ちょっと生焼けのタコ焼きとかお好み焼きや、フランクフルト食べながら見るのが醍醐味と、改めて日本人の花火好きと季節感を認識した次第です。

たいへん印象的だった当日のお言葉・・・後ろの列の、もちっと高いパイプ椅子の有料席に座っていたおじいちゃんの一言。(ど~~んと上がった大玉を見て)

「現金20万円!」(爆)

近くで、開始から約30分近くずっと叫んでた子供の声「た~~まや~~~!!」 (子供の限界は30分?)お母さん、ぜひ「かぎや」のほうも教えておいてくだせい。coldsweats01

●GIORDANO・緑の靴下その後(笑)●

        200908231

緑色のはアーガイル柄なんだということがわかりましたが、靴のほうはこちら、まだ判明しておりません。今年は足首チラ見せがポイントですか?

        200908232

なんとまあ、細い足首ですことよのう・・・・(ま、男の人の足首ってだいたい細いっちゃ細いもんですがね。)

    200908238

オレンジ色のラインの短いソックスは、その先のニューバランスのスニーカーとの色合わせでした。^^

| | コメント (8)
|

2009年8月21日 (金)

緑の靴下GIORDANO

200908211

今回も、見たまんまでございます。footdogcatface

GIORDANO、アトム頭の秋バージョン、壁紙が出ました。こちらから。

あああ・・・この長い足首に緩く絡んだ緑のソックスの先にどんなクツを履かされておるのかが気になります。ローファーみたいな革靴なのか、それともいつものコンバース?

昔、ビジネスマンのズボンの裾から覗く足首の、靴下がストッキングみたいに半透明なヤツはいただけん、キモいぞ、とか、スーツの下に学生みたいな真っ白な靴下はちょっとなあ・・・とかそんな話があったけども、おしゃれあぴーるポイントの少ない男性にとって、ちらりと見えるアイテムってまさにアキレス腱ですわな。

200908214 と、同時にふとしたカワイイ隙を感じたりも。(相手をどんだけ好意的に見てるかによって、許せたり許せなかったりの、自分を棚に上げっぱなしの女たち。笑。すんません。)

おぱんつ、靴下、色、ていすと、清潔感、もっと進んでにほひ・・・???しゃあああ~~~・・・・・shockbomb

その昔、シネコンの大きなスクリーンに、海賊シンさんの靴下を見た。(また言ってる。ダレか他にいらっしゃいませんかいのう、見た記憶のあるかた・・・。)アレはやっぱり私の妄想が生んだものだったんだろか・・・??

シンさんが、靴下。それだけで、泣ける。crying

隙隙博士の足首をご参照くださいませ。あうあう・・・

私事でありますが、一昨日、いきなり携帯電話の電源が入らなくなり、データがお釈迦になりました。mobilephoneそろそろ機種変更したほうがいいなあ・・・と思っていた矢先でした。

ドコモ・ショップのおねいさんに、液晶画面が点灯もしない状況ではどもなりません、といわれて気が遠くなりました。ああああ・・・・一からまた情報を登録すんのか・・・

しかし、機種変更をした携帯ショップの親切なおねいさんが、今のに変える前の携帯をとってあって、電源が入れば(二年前までの)データは拾えるかもしれませんよ、あれば持ってきてください、と。

200908212 取っておいても単に思い出アイテムでしかない古い携帯。回収されていない古い携帯のことがそういやあ二、三日前ワイドショーで話題になってたっけなあ・・・と思いつつ、昔の傷だらけの携帯電話の電源を入れてみたところ、ずっと待ち受けにしていた、どんごんさんのこの笑顔が出てきて、思い切り遠い目になりましたわ。(雑誌に掲載されたのを、友がスキャンしてくれたんだっけ。)このころの韓国芸能界では、トゥルーレリジョンのブーツカットジーンズが流行ってて、ドンゴンさんもよく穿いていたっけなあ。

おかげで、三分の二くらいまでの電話帳はデータが移行出来て、力が抜けました~。取っておいてよかった・・・携帯ショップのおねいさんも、ありがとう~~lovely

・・・つか、ちゃんとデータはバックアップしておきなさいよ、って話でした。きょうび、携帯電話にはほんとに依存度が高いですからねえ。(ちなみに、画像のほうだけは、貯めたのを直前までの分ちゃんとよそに保存してあったので、助かりました。これも無くなったらけっこう凹みます。)

皆様もどうぞお気をつけて。イキナリ来ますからね~。

※金大中元大統領が亡くなった関連で、24日の忠武路国際映画祭のレッドカーペットと開幕式が中止になったとのこと、久しぶりにドレスアップしたドンゴンさんのお姿が拝見出来る予定だったので、ちょっと残念です。元大統領のご冥福を・・・一時期韓国の観光のPRのCMで穏やかなお姿を見かけたのを懐かしく思い出します。

    200908213

| | コメント (21)
|

2009年8月18日 (火)

八月の空

200908181

今年の盆休み、ちょっとした体調不良もあって、気分的に外に出て夏空を十分に満喫とはいかなかったのだが、思い出してみるに去年の盆休みもやっぱり殆ど家にいて、何故か毎日午後になるとやってきたゲリラ豪雨に怯えつつ、テレビでは北京オリンピックなど見ていたのだっけ。

一年たって、世の不安感、厭世観ばかりがいっそう深まるこの夏だけれど・・・・

日本が戦争に負けた日、よく晴れていたことをいくつもの本やエッセイで読んだ。だからというわけではないが、八月の空には命と戦争と、歴史のことが滲んでいるように思えてならない。毎年回らないアタマながらに一生懸命考えてみることにしている。

これも当然のこと、世代差があるだろう。

こんなおばちゃんの私とて、戦争を知らない子供だが、それでも私が子供の頃は身近に祖父母、伯父や伯母、戦争をくぐって来たひとがまだいっぱいいたものだ。

ある民放のドキュメンタリーで見た南の小さな島の島民と特攻隊員の交流の記憶が印象深かった。

海に落ちたり不時着したりして島民に助けられたが、怪我が重く危篤となりしばし身動きも出来なかった者・・・怪我が軽く基地に戻り、再びの出撃をしていくときに、島に残った戦友のために薬と軍医の処方を書いたもの、それから島民にお礼のお菓子などを入れた包みを落として行き、その後戦死した者。今はお年寄りになった島の人たちは特攻隊員たちのことを今もよく覚えていた・・・。

今の子供たちが思う歴史や戦争は、どんなものなのだろうか。そんな証言を暖かく切ない思いで受け取ることが出来ているだろうか。

ある帰還兵のお年寄りが淡々と証言していた。だんだんと「悪いことをした」とは感じなくなるそんな時代であった。自分が生きなくちゃならないとなればひとはそういうふうになる、と。

戦争絡みだけではない、時代のちょっと狂った、捻じれた悪意は、いまもきっとスグそこに転がっているのに違いない。

    200908184

| | コメント (12)
|

2009年8月14日 (金)

前髪GIORDANO

200908141

本日のタイトルは、いつにも増して「思いつき」全開でございます。(笑)日本では「夏商戦」は不発に終わった、なんてぇニュースも出て、相変わらず不景気なことですが、そうですよね、立秋過ぎればもう秋物がぼちぼち並ぶんですよね。

さて、GIORDANO2009-FALL今回は、大統領で短くなった髪を生かしたスタイリングですが、なんつうか、オールバックの反対の、オールフロントスタイル(造語っすよ)とでも呼びたいような。なかなか可愛くてよろしいのではないかと。

    Giordano2009fall2

思いっきりエイジレスなフレッピースタイル。フレッピーとは所謂アメリカに於ける、「名門私立学校に通う良家の子息に対する俗称」でありますが、韓国では「ソフトで清潔感のある30代のフレッピースタイル」の出来る独身男性モテモテ、らしいんですね。30代フレッピー、なるほど・・・・

        200908144

・・・・なんとなくつい、ただいま視聴途中のこちらのドラマのポスターを思い出しちゃいましたがな。(どんごんさんは、クム・チャンディな立ち位置?bombおほほ・・・・coldsweats01

        200908149

        深い意味はごじゃいませんよ・・・(お花がお揃い~)

    200908142

それでは、順番に紹介して参りましょう。アイテムは、シンプルなパーカに黒のタートルネックセーター・・・定番中の定番ですネ。なればこそ、際立つ髪型のちょっとした変化。

    200908143

    200908145_2

    200908146

    200908147

    200908148

しましまにPコート、真冬になったらまたぞろその上にマフラーぐるぐるtyphoontyphoonも加わるのでありましょうや?dog

    2009081410

    2009081411

    ・・・・・これってもしや所謂、アトム・ヘア・・・・???(小声)happy02

あのよく目立つGIORDANOニコちゃんTシャツは思いのほかいろんなヒトがお召しになったようですね。

キム・ヨナちゃん、スンウ兄さん嫁(誰だかわかりませんでした。)、コメディアンのノ・ホンチョルさん・・・と。^^(元気をだしてキャンペーンの時のなので、今更5月当時のニュース写真ですが。)

        2009081412

| | コメント (12)
|

2009年8月11日 (火)

2009 JANG DONG GUN'S STORY DVDより

    200908111

※JDGが設立したAMエンターテインメントのエントランス、所属の仲間のポートレートを飾った壁の前で。(DVDより)

せっかくのお盆休み、台風による大雨と地震のダブルパンチで各地で心配なことになっております。皆様の御宅に被害は無かったでしょうか。

引き続きお気をつけくださいませ。

さて、先月やってきた今年の横浜でのファンミDVD、感想を一言と思っているうち、大統領のニュースに押し流されて今日になってしまいました。(汗)

これは参加した皆さんにとっては、ドンゴンさんと共有した楽しい時間の大切な思い出の記録。事情があって参加できなかったファンにとっては、ドンゴンさんって演技でないときはこんな顔をして喋るのか、こういう癖があるのかと、ほぼほぼアップで画面から優しく笑う彼を近しく感じることの出来る映像です。

なので、あくまで私個人の感想・呟きとして、読み流してくださいませね。

        200908113

※冒頭、ディレクターズチェアに腰を下ろして静かに語る、「俳優として歩んできた自分の今の思い。」小さな咳払いや、前髪に手をやるしぐさやほっぺぷうも随所に・・・

・・・俳優として歩いてきた17年、そして今、流れた時間を思い返します。

皆さん、頭の中にイメージしてみてください。

初めて躊躇しながら足を踏み入れた撮影スタジオ・・・俳優としての私を生み出した場所でもあります。私が出会ったドラマ、青春ドラマが語るように、私にも不慣れな挑戦の一日一日でした。

家に帰るときにはくたびれていたけれど、若い心は躍り、楽しい日々でした。

人前に立つ事がどんなに大変なことで、それは絶えず努力をしてこそ得られるものだと分かりました。

ドラマ「イブのすべて」を最後に映画の世界へ進みました。私を大きなスクリーン一杯に満たすことは出来ませんでしたが、客席に座る人々に、私の胸の高鳴りがそのまま伝わるよう願いました。

そして、貴重な友との出会いがありました。

人間の欲望と屈折を描いた映画「友へ・チング」を通じて、客席の一人一人の表情を読むことが出来たのです。

また、韓国を越え、中国や日本の俳優とともに映画撮影をしながら、互いに違う価値観と言語、それを越える瞬間に得られる達成感と多くの真の友を得ることが出来ました。

私の俳優人生で、忘れることが出来ない「ブラザーフッド」「タイフーン」・・・民族分断の苦しみ、そして戦争の惨状という大きな台風に巻き込まれ、歪曲される人間性、散々に壊れる家族の話です。家族の大切さと共に、世の中がより平和で幸せになるため、今私に何が出来るかを考えます。

私は毎日毎日、選択の岐路に立っています。

スクリーンに跳び込む瞬間はわたしにとっていつも、心が躍る出来事です。映画を通じて目の前にいる皆さんを少しでも(心)豊かにすることが出来たら私はこの上ない幸せを感じることでしょう。

チャン・ドンゴンという名前で歩いてきたこの道・・・。

チャン・ドンゴンの話でした。

        200908114

※プライベートな一日を撮ってきました、というコンセプトの映像にも発見いろいろ(笑)かばんのファスナー、キチンと丁寧に閉めるのね、とか・・・しかし、あたしゃ~こんな背の低い車は怖いでアリマス。(窓の向こうの隣の車が高い~~泣)黒の限定アウディの内装はキッパリ赤と黒。は、派手ぢゃん??・・・・^^;愛用の眼鏡のフレームはレイバンのようですね。

文字に起こすとけっこう長い冒頭のドンゴンさんの語り。

思い起こしてみれば、熱狂の中にあっても隣にいる人間の、けして大きくない声を聞き分けてちゃんと返事をし、大きな瞳はぽお~~っと彷徨うように見えて、じつはフラットな、冷静な思いを語る時は簡潔に語る・・・ドンゴンさんはいつもそういう人であり、ずっと同じ思いを折に触れファンにちゃんと語ってきたのだった。

困難な時も、姿が見えないときも、待つ人は待ち、離れる人は離れ、大衆とはそうしたもの・・・そういう気まぐれな大衆の心を動かしたり、暖かくしたり、何かを考えさせるのが俳優のしごと、それが「大衆およびファンに対する俳優としての姿勢」・・・・とそんなココロを感じたのであるが・・・

        200908112

※ごめんよ~、ドンゴンさん、見つけちゃったわよ、(爆)やっぱりシッカリ入れてましたのね、お砂糖。にょほほ・・・cafe

        200908115

※事務所の気の置けないスタッフたちに「逃げるな~~」と。この場面、当日ちゃんとこのときにドンゴンさんが呟いていた内容の字幕が付いていたのに、DVDになったら会場での語りの声の字幕になっちゃっててちょっと残念だった。

Yちゃんとカレンダー(HERAの卓上。自分のヤツちゃんと使うのね。笑。)を見ながら何やら確認中。ドンゴンさんのお部屋は建物の間取りとしては中二階にあたるのかな。ステップフロアというのでしょうか。稽古場は地下のようです。

このエントランスでは先日ヒョンビンくんもこの壁をバックにインタビューのお写真を撮っていたっけ。(ドンゴン先輩はよかったよ、とドンスの演技を褒めてくれたんだそうな。)

        200908116

※ふやけたラーメンはもってのほか!!な信念ですからっ。(爆)たしかに「フタしたまま待ってては茹りすぎる、箸でこうやってかき混ぜるのじゃ」云々語ってました。よね?^^

        200908117

        200908118

後で公式上にも翻訳がアップされてファンのみんなの心に沁みた「古い友達への手紙」、そしてアンコールで歌った「君へ行く道」まで、ファンのココロをいつも隣に感じているよ、と伝えるのが今回のファンミのミソであったと思う。

2009081113 しかし、JDG自身のオーラに交ざって放たれて、あの日の会場に満ちたそんな双方の心の交歓みたいなえもいわれぬ「廃人のモト」、当日の重要な脇役ともいえたモノが、どうにもDVDには乗せ切れなかったようなのがちょこっと残念ではあった。

「JDG以外のものは極力出さなくてもよろし」みたいなご意見がひょっとして毎年あるのやもしれないが、このへんの匙加減はたしかに難しい。

「JDG、ほんとうはこういうヒト」ということを読み解くのに意味があるかといえば、それは見る人それぞれのJDG像以上にならないのであって、俳優さんってみんなの思い込みや妄想を一方的に背負わされて、いかにも難儀な商売、申し訳ないことで、と妄想族としては思わずこっそり心で手を合わせていたりもするのだけども。coldsweats01

んで、私もなるべく歪曲した見方はせんように、と目を擦って凝視してみれば、ヤッパリ面白いな、と思うのは、写真に写されている瞬間、合間などオシゴトの時の表情。表現と、素のあわいがスリリングで、ああ、このヒトは綺麗だなあ・・・としみじみ感じる。

3月のファンミのレビューのコメント返しの中で皆さんとお話していて出てきた言葉をココでもう一度、呟いてみたいと思う。

“遠いけれど、近い。近いけれど、遠い・・・・”

スターとはヤッパリこれに尽きるのではなかろうか。

        2009081110

※カメラマンのボリ先生も女性だったんですね。(あら、あんよはビーサン・・・・^^)

     2009081111

※こんな瞬間の表情から、朧に感じる誰にも見せない「涙の甕(かめ)」・・・・

        2009081112

        2009081114

   ※来年は「大統領」の裏話など、たくさん聞かせてくださいね、ドンゴンさん。moviehappy01

「グッドモーニング・プレジデント」クランクアップに際し、「撮影はとても楽しくあっという間の“在任期間”だった。」とJDG、コメントした模様。パク・へイルくんが何かをやらかす市場のシーンは、ドンゴン大統領のストーリー上、やっぱり結構な衝撃のようで・・・。(どきどき・・・)

200908119_2 で・・・このカワイイお子たちは、お兄ちゃんのほうが、チャ・ジウク大統領の少年時代、ちびのほうが息子役とのことです。さすが、お父ちゃんに似て「しましま」がお気に入りのようですネ。t-shirt(爆)

選ばれた基準は目の大きさと眉の形かな?

どんごん大統領は、ちょこっと追加の撮影とか、ポスターの撮影が今日、明日あるようです。で、24日には、ソウル忠武路国際映画祭のレッドカーペットにお出ましとのこと、ニュース画像が楽しみですね。

| | コメント (28)
|

2009年8月 8日 (土)

大統領もバカンス中?

     20090808_2

残暑お見舞い申し上げます。

実り少なくせわしない仕事に翻弄されていた夏前半。crying

気が付いたら、えっ??もう立秋なの?が今年の私の夏です。途中、大統領の大量のお写真にはずいぶん癒されました。ありがとう、大統領。

5日には出番も撮了されて、今はちょっとゆっくりお休み取れているでしょうか。それとも公開に向けていろいろなことが進んでやっぱりマダマダお忙しいでしょうか。

(↓下は本国のほうからそっと・・・・coldsweats01

        200908081

こちらは、市場で庶民と触れ合う大統領、というシーンのロケでしょうか。不動の二八分けも力強くキマッていますな。

        200908082

と、ソコへ何やら暗い瞳の思いつめた顔の青年が。(パク・へイルくん)彼と大統領のシーン、どんな風に展開されるのでしょうか。とても楽しみです。(出会いは市場、なのねん?)

公開に向けて雑誌、映像など、メディアへの露出も増えますね。

そういえば、 「大韓民国俳優図鑑」なるものが出版されるそうです。韓国芸能マネジメント協会会員会社の所属の約700人の俳優たちの「正しいプロフィール」「正しい出処の三枚のお写真」「サイン」が収められ、海外での出版(翻訳?)の予定もあるとのこと。本国版も日本で買えることでしょう。

↓の表紙写真の中で、誰より先にヒョンジン婆やを発見してしまったあっし。あうう・・・。細かすぎて皆さん、ご贔屓さんのお顔が探せますでしょうか???で、ドンゴンさんは?(笑)

「本人提出の写真」と記事にあったので、ご自分のどういう表情のお写真がお気に入りなのかがわかろうというものです。これはぜひ入手したい一冊です。

        2008008089

        200908085

さてさて、最近マスコミを賑わせた話題といえば、ドラマ「彼らの住む世界」で共演しそのまま恋に陥ちた二人、ソン・へギョちゃんと、AMエンターテインメントのカワイイ後輩ヒョンビンくん。

なるほどいい感じですなあ。かっぷるとはかくありき、の見本みたいなとてもバランスがいい二人です。

とってもまっとうな男子の道を歩む後輩を横目に、なかなか思い切り良く女子との噂も投下できない先輩の思いやいかに。(また夜中にビール・・・??でないことを祈りますわ。てか、幸せそうな後輩の姿見て満足しちゃって、んで完結しないように~~~。笑。)

ヒョンビンくんも兵役が控えておるかと・・・思い切り走ってくださいましよ、恋も仕事も。

        200908086

        200908087

なんとなく、載せたくなりましたのよ、去年の秋のソウル、ピンクリボン・マラソンイベントのへギョちゃんとのつーしょっと。なんつうか・・・・ヤッパリ「女優さん二人なお~ら」っぽいのね。前もじおだののリョウォンちゃんと一緒の広告写真でそんなこと思いましたが。あじょっしなのにねえ。dog大統領になるととびきりカッコええのにねえ。

        2009080804

こちらも、微妙にホホエマシイ距離感??キム・テヒちゃんと、同じくこちらは釜山でのピンクリボン・マラソンイベントから。

        200908088

        ね・・・・大統領。^^

        2009080810l

最後にちょっと載せたかった一枚は、ユ・スンホくんの12日公開の映画「四時間目推理領域」のポスター。何やらかなり盗まれちゃったそうな。スンホくんは、普段は気弱そうに笑っているか、地味~~にしてるかんじですが、ひとたびこんな顔されると思わずときめいてしまいますわな。^^

| | コメント (4)
|

2009年8月 3日 (月)

大統領になる方法・・・チャン・ジン監督のインタビューを読んだ

200908031

ムービーウィークの、チャン・ジン監督へのインタビューを興味深く読んだ。
映画「グッドモーニング・プレジデント」は2時間10分くらいの作品に上がるようだ。
オムニバスではなく、キム・ジョンホ大統領(イ・スンジェ)から始まってチャ・ジウク大統領(チャン・ドンゴン)、そしてハン・ギョンジャ大統領(コ・ドゥシム)までだいたい7年くらいの間の話を描くとのこと。

200908032 特定のロールモデルは無く、キム・ジョンホ大統領が当選する宝くじはワールドカップ記念行事のロトだけれども、それがいつのワールドカップにあたるのかは重要なことではなく、一国の大統領という最重要職にあって、ひとりの人間として、見えないところでどんな苦悩を抱えたり、普通の生活があったりするものだろうかという、監督がおっしゃるところの「映画的想像力」から始まった企画なのだという。

素直に好奇心から「大統領の私生活にこんなことがあったら。」「こんな人だったら」みたいにあれこれ出した企画を、実際進行して行くに従って「なんでこう“似てくる”(現実に?)んだろうね」とスタッフと笑ったのだそう。
たしかにある特定の誰かを連想させるイメージがあるのかもしれないが、それで政治的重圧や不便はなく、徹底的に、遠慮なく、大衆コメディ映画として作った、私が今まで作ったコメディの中でももっとも大衆に面白いと思ってもらえるのではないか、キャスティングは最高で、望んだそのままの絵が撮れて・・・。緊張しなさすぎてむしろモンダイ、とてもいい予感がある、と監督は言う。

キスシーンが2回。そういえば、私の映画でキスシーンを撮ったのは初めてかも・・・」なんだそうだが。そうでしたか、監督。(笑)

2009080372 ジウク大統領に「腎臓をくれろ!」と強要する青年を、パク・へイルくんが演じるそうな。(翻訳機で「身長」と出たんですが、身長くれ!って要求もまあ、ないことも無さそうな気がするけど「腎臓」のほうでしょうね。おんなじ綴りなんですが・・・)このシーンはずいぶんミソらしい。

インタビュアーが「チャン・ドンゴンという俳優がコメディをどう消化するのかが、なかなか想像出来ないが。」と問うと、「きっと皆さん驚きますよ。」と監督の言。

「“私はローディング時間が長くかかりそうです。(役を自身に反映させる時間、みたいなニュアンスかな?)”と言ったがほんとうに長くかかった。(笑)
ドンゴン氏だけを呼んで台本のリーディングをしてもらったが、気を悪くするどころかとても熱心にしてくれて、有難かった。彼だけの方式でコメディを解いていくのを撮影しながら見ていて吃驚した。
「髪の先からつま先まですべて解いて行った。」・・・・これはドンゴンさんの役分析のことを差しているのだと思うが、ドンスもシンさんもジンテ兄さんも、みんなみんなそうやって役を自分にみっちり取り込むことで出来上がったんだなあ・・・・と、チャン・ジン監督のお話で改めて大変納得出来、感慨深いものがあった。

        200908033_2

“シン・ヒョンジュン、ウォンビン、チャ・スンウォン、チョン・ジュノに続き今度はチャン・ドンゴンの新しい姿を引き出す。(笑)俳優らの新しい姿を引き出す秘訣があるならば?”

“そんな秘訣がドコにあるかね、俳優らがすべて(自ら)持っていたことだ。 ただ私は俳優らの世間になじみのある姿よりは見慣れない姿を見せるのを好むだけだ。 それが作業する時、はるかに楽しみなのだ。 ”

2回のぽっぽはいずれも初恋のチェヨン(役名イ・ヨン。いつものヨイルでないのね。)さんでとすかね。監督さんもいい手応えビンビンの「グッドモーニング・プレジデント」秋夕(チュソク)の公開とのこと、もうあっという間ですなあ。

        200908034

本当ならもしかして現場見学ツアーが催されていたかもしれない時期にソウルにお出かけしていたJ様P様よりお土産をいただきました。お願いして買ってきていただいたものも。^^
洗顔に使うこんにゃくぽんぽんはお土産定番となり、今回は10ケ入り購入ですよ、と言う話に笑いましたがな。日本にも輸入されてますが、高くなりすぎっす。(泣)
ドラマ「トリプル」OSTは、運転しながら聞くと軽快で洒落たアコースティックな音がいいかんじです。
お土産話も大収穫。(爆)私もソウルに気晴らしに行きたいなあ・・・。
J様P様ありがとうございました。

        200908035

200908036先日一緒にゴシレ弁当を食べた「いつもの友」Fさんと、わんこと一緒に入れるハンバーガー屋さん「R’s」 (アールズ)というお店に行きました。(隣のM市のK団地の中の商店街にあります。)
写真はアボガド・チーズバーガー。うううう、うんまい!!!(感涙)じゅうし~~にとろけるようなパティ(お肉)とチーズ、トマト、レタス、アボガドの絶妙バランスとボリューム。
わんこを連れているお客さんには、さりげなくわんこのひとくちおやつ用のかりかりトーストを添えてくれます。

お写真は当ブログ初の生わんこ出演(笑)Fさんちのビーグル姉妹、上が妹キーちゃん、下が姉のクーちゃん。やんちゃと人格者。ぷぷぷ。(動物を写真に撮るのって難しいっすね~。)

miyukiは戌年なので、なんでかやっぱりわんこには大抵好かれるほうだと思いマス。(いや・・・弱腰miyuki、さらに子分と思われてるのかもな、やっぱ・・・。)coldsweats01

久しぶりに本のご紹介。

「ソウル路地裏チョンマルガイド」チュ・チュンヨンという名前を見てピンときて買ってしまいました。そう、私がビン君入隊の時買って読んだ「韓国軍隊・オレの912日」 (超・オススメです。兵役というものを知るにはまず、この一冊。文章が読みやすい。)の著者のカメラマンさんです。日本人の奥様との共著。先般の「いつからコチュでなく、オトナになるのか」というコラムはこの本の中にあります。(笑)
観光旅行でまず覚えておきたいのは「トイレ、どこですか?」という現地の言葉ですが、男子の場合「ファジャンシリ オディエヨ?」だけでは小便器だけのトイレの鍵を渡されることがあるので万が一のために、と書いてあった「てびょん ぽごしぷんでよ」に大笑い。(大きいほうなんですけど。と訳してありましたがな。)

きょうび、オシャレなソウルのガイド本は一杯出ていますが、これはいろいろ読んで面白い本です。ただ、昨年の出版なので、今年変わった地下鉄の切符のことについては当然載っておりません。もっとも皆さんたぶんガンガンT-moneyをお使いですよね。^^

ソウル 路地裏チョンマル(本当の)ガイド Book ソウル 路地裏チョンマル(本当の)ガイド

著者:矢澤 浩子,チュ・チュンヨン
販売元:ジェイティビィパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

韓国陸軍、オレの912日―いま隣にある徴兵制 (オフサイド・ブックス) Book 韓国陸軍、オレの912日―いま隣にある徴兵制 (オフサイド・ブックス)

著者:水野 あきら,チュ チュンヨン,中山 茂大
販売元:彩流社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

※こちら、講談社+α文庫からも出ているのですが、なじぇか画像が今回貼れませんで・・・こちらは最初に出たバージョンです。あしからず・・・(ちなみに、文庫のほうの表題は「韓国陸軍」でなく「韓国軍隊・オレの912日」になっております。)

| | コメント (16)
|

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »