« 銃撃事件のこと | トップページ | JDGはいつからファンシーになったか »

2007年4月20日 (金)

『ホテリアー』日本版が始まった

【Written by miyuki】

韓流に嵌ったばかりの頃に見た「ホテリアー」が、日本でリメイクになると聞いて、どれどれ、と見てみることにした。あのヨン様もオリジナルの役そのままのシン・ドンヒョクとして友情出演するのだという。ほおお~~~・・・・
昨年面白く見ていた「マイボス☆マイヒーロー」も韓国映画のリメイクだった。日本のドラマがあちらでリメイクされることもある。
韓流スターのゲスト出演では、さきおととしの「東京湾景」のパク・ヨンハを思い出す。あの冬ソナの、地味だった(え?)サンヒョクが、フジTV制作のおされなドラマにあって、驚くくらいの存在感を発揮していたっけ。ああ、あのサンヒョク、と思って見ているから目立つような気がしたのか?いや、一概にそんなことでもない気がする。あえて表現するなら、当時の韓流の勢いとでもするべきか。ジウ姫と竹野内豊というキャスティングで話題だった「輪舞曲(ロンド)」、あれはいちおう日本作のドラマだったと記憶している。橋爪功さんがハングル上手くて、シン・ヒョンジュンがいい味を出していたっけ。韓ドラの母キム・へスクまでゲスト出演したのにはちょっと驚いた。

さて、「ホテリアー」ドラマが始まってみると、おもいのほかオリジナルに流れは忠実で、なにやら懐かしい気持ちが盛り上がる。たまたま一緒に見ていた妹に逐一解説してはうるさがられ。へへ。

Hotel1日本版ホテリアーのポスター。完全にヨン様頼みかな。
カン・ウンギョンという脚本家の手になる「ホテリアー」は本当によく出来た世界で、それだけにうっかり崩しようもないのかもしれない。
ヒロインを演じるのは上戸彩。ヨン様記念すべき日本での初CM、オロナミンCで、ヨン様に「元気はちゅらつ!」と言わせたのが彼女であった。ソン・ユナさんのような品の良い大人の女性とはいかないが、ヨン様とハングルの台詞で芝居、なかなか頑張っていたのではないだろうか。
「東京オーシャンホテル」とされているのは、「姉さん、事件です。」の台詞の某有名ドラマでも舞台とされていた、東京湾岸のあのホテル。日本版ドンヒョク・・・企業買収の専門家はあのミッチーこと及川光博で、韓国版の冒頭に出てきたラスベガスのシーンもちょこっとあるにはあった。しかし、ホテルのもと総支配人だった緒方(田辺誠一)がホテルマンを辞め、落ちぶれているその場所はラスベガスでなく、韓国のソウル。なるほど、ヨン様に出ていただくためなのだな、上手いなあ。
マネージャーに成長した杏子(上戸)は、ホテルの危機を救うため、緒方を探しにソウルへ出向き、ロッテホテルでシン・ドンヒョクと出会う。ドンヒョクは、緒方の友達だったのだ・・・
・・・というわけで、ヨン様。異様なまでの存在感であった。思わず正座しようかと思ったくらいで。(笑)彩ちゃん相手に短いシーンながら、真剣な芝居。(あの真面目なヨン様のこと、撮影中もさぞや真剣だったかと・・・)
CMに変わったと思ったら、セ○ムの新しいCMもヨン様。はいはい。
冷静に見てみれば、ヨン様の演技は一貫して、昔からの彼の流れの上にあるのだが、
「ヨン様」というひとつの存在を作り上げた日本で見るにこの存在感。まったく不思議な現象だ。

それにしても、今回結構な面子が周りを固めた気合の入った陣営なのに、最近の日本のドラマどうも人物の描き方がイマイチ上っ面で終わっているようで、惜しい。(この間まで見ていた「華麗なる一族」なんかでもそう思ったのだが。)私が韓国ドラマや映画に慣れすぎてそう見えるのかもしれない、と思ったりもしたが、そのへんどうなんだろう?
俳優さん個人個人は各々良い演技をされているのだが、いかんせんドラマ自体に説得力が足りない。かくいう韓国ドラマとて、劣悪な制作状況やら、ころころ変わる脚本やら、強引だったり、ありえなかったり、いつものお約束みたいな場面にはおいおい(汗)と思ったりもするのだけれど、よく言われるように「日本が忘れた何か」をちゃんとドラマに盛り込んで描いているから、熱烈なるマニアを生んだのだ。

Hotel2_1ミシャ名古屋店でサイン。相変わらず儚い背中だのう。
ヨン様は今後もお出ましになるらしい。オリジナルは主演3人の比重が絶妙で緊張感があったけれど、昨日のあの感じでは日本版はあくまでヒロイン中心。シン・ドンヒョクは幼い頃に、実の父親に捨てられるようにしてアメリカに養子に出された陰のある人物で、人間味のあるホテルの人々に触れ変わって行くという過程があったが、及川ミッチーにあんまりそういう影や引力は感じなかった。いまのところ・・・。(ミッチーのライブにも行ったことのある妹は笑って見ていたが。)実の妹がいて、そのへんの絡みがなかなか泣けるんだけども、エピソード自体カットかな。
しかし、ベット・メイキング(ハウスキーパー)のコンビの2人組とか、社長夫妻のドラ息子とか、料理長とか、ヨン様ドンヒョクがご覧になったら懐かしく笑っていただけそうな面々。ソウルのロケで出てきた、南大門市場が懐かしくなりました。行きたいなあ、ソウル・・・

こじつけのようだが、ホテリアー脚本のカン・ウンギョン・・・とは、うちのJDGのドラマ「ゴースト」を手がけた方でもある。・・というわけで、次回は「ゴースト」のことでも呟いてみようかな。

ホテリアー・日本版サイトはこちら◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

MISSHAのサイトを見ていたら、スタッフ日記でこんな写真を見つけた。名古屋店に行くとうちのJDGのサインがあるらしい。ヤン、今頃どこで何してる?元気か?(泣)

スタッフ日記、こちらから。

|
|

« 銃撃事件のこと | トップページ | JDGはいつからファンシーになったか »

miyukiの呟き部屋 (98)」カテゴリの記事

コメント

残念ながら見逃してしまいました、第1回。
ドンヒョクはヨン様のやった役柄のなかでは一番好きで、数ある韓ドラの中でもかなり好きな方です。
(とか言ってもtartan、見たドラマの数が少なすぎて他と比べようもないのですが(^^ゞ)
そうですか・・・・及川ミッチーですか^^;;; 
それって・・・もしかして結構ビミョー?
tartan的にはヨン様とミッチーはかなりめちゃめちゃ遠いんですけど(笑)

投稿: tartan | 2007年4月21日 (土) 21時42分

及川ミッチー、彩ちゃんの心を
揺さぶる存在らしいっすよ、韓国版と同じく。あれって、けっこう最後に向かって
マジな恋愛ドラマに盛り上がった記憶が・・・ほんでもって、ジニョンとドンヒョクがやっとくっついた時すんげえカタルシスがあったんだよなああ~~~(遠い目)

連続ドラマを見続ける醍醐味って、そゆとこなんだと思うんですが、日本版においては
あんまりそのへんは盛り上がらない予感。
及川ミッチーせっかくのキャラなのに
勿体無いっす。

(たしかにミッチーとヨン様は、遠い^^)

投稿: miyuki | 2007年4月21日 (土) 23時40分

見るつもりはなかったんだけど、ニュースを見るベとテレビつけたら、初回は時間延長とかで、最後の方を見ることになりました。
「ホテリアー」は、つい最近まで、私の中では韓ドラのベスト1でした。韓ドラの王道、交通事故も記憶喪失もドロドロもなく、とってもすっきりとまとまってました。それを、リメイクだと~?おまけに無理やりヨンちゃんゲスト出演だなんて・・・。
上戸彩ちゃんはかわいいんだけど、あの企業ハンターがミッチーか・・・。まあいいけど。で、ホ・ジュノの役を東幹久なんですね。タイムショックでトルネードやっちまってましたっけ。
役者さんたちはいい人たちを集めてあるようですが、このドラマは上戸彩ちゃんのためのドラマなんですね。う~~ん。

投稿: みや | 2007年4月21日 (土) 23時55分

見逃した派です。
わたしもヨンジュン出演作の中では好きなドラマでした。
インテリ臭さくて、冷たくて・・・
わたしこういうのに弱い。
だいたい、すんごいいい仕立てのスーツ着てたのよくわかりましたし。
でもプールでの黒パンシーンははじゅかしかった(;´д`)

ソン・ユナのぴっちぴちの制服スーツは見ていて気持ちよいほど色気があったけど、上戸彩ちゃんはどうでした?

あぁ、ホテリアーのテーマ曲はカラオケで歌ってもウケません。
一同眠気を誘いました。

投稿: rei | 2007年4月22日 (日) 00時32分

reiさん、みやさん、
「ホテリアー」を見ていた頃は
選択肢も世間もまだそんなに広くなかったもんです。
今や知らない俳優さんとか知らないドラマばっかりですだよ。

彩ちゃんの制服姿は、スカートだけが妙に短かった・・・と。^^

ただいま、未見のJDGのドラマを一気に視聴中、へろへろです。
久々にドラマ三昧~~~
(でも、韓ドラも、ちょっと前のほうが
面白いかも・・。)

投稿: miyuki | 2007年4月22日 (日) 01時23分

見た派です。母が見ていたのでつい…。
まとまりが無いな~と言うのが率直な感想です。ストーリより上戸さんとヨンさまを見せるのがメインっぽくてね~。
最後まで見たけど引き込まれなかった。次回はどうなる?とか、この人誰?とか言う疑問もぐるぐるせずさっぱり終わった。
韓国版のホテリアーは、出演者の知名度をさっぴいても評判のいいドラマなだけに残念ッス。
ドラマ企画まで韓流に頼るの止めろ…。

「杏子」を「あんこ」と読んでいたクマでした。^^;;;

投稿: クマ | 2007年4月22日 (日) 11時24分

miyukiさん、「ホテリアー」取り上げてくださってノム キッポヨ。そして、TAMOAからの皆さんのコメントも。(皆さん久しぶりです)
韓国版の2話分を1話で、って感じですが、韓国版第1話「舞台裏の人々」の厨房のシーンがリアリティにあふれていたので、その重々しさに比べるとどうしても映像が軽めでしょうか。予算の関係でしょうかね。石ノ森章太郎の「ホテル」がドラマ化で茶番になってしまったようにはならないでほしいと願います。
ロングの巻き髪で大人びた上戸彩ちゃん、マネージャー役は若すぎでしょう。愛の傷を心に持ってるにゃあ明るすぎ? キム・スンウと同役の田辺誠一君、ソウルの食堂での皿洗い等すさんだ様子は(個人的には)〇でしたが、果たしてスンウっしにどれくらい迫れるか…「紫の人」(by「ガラスの仮面」)になっちゃうのか??
ヨンジュンっしは、心も身体もふくよかになったドンヒョクでした。まあ、特別出演ですから…彼が出るとフィルターがかかっているようなオーラが出すぎでいると感じたのは、ファンの欲目でしょうかね。2話にはほとんど出ないようですし、セコムのCM「マタドール版」もなそうです。
余談)先日TBSの深夜番組「R30」に李鳳宇氏がゲストで出演、韓国は苦難の歴史もあって映画・ドラマにリアリティを好むが、日本は非現実的な作品で勝負しようとしている、と話していたのですが、妙に納得してしまいました。

投稿: ヒデ | 2007年4月22日 (日) 12時27分

クマちゃん、見たのね。お母様も。
話は大体その通りでも、
どこがちがってああなっているのか・・・と
グルグル考えましたわ。

ヒデさん、いらっしゃいませ。^^
そうそう、田辺さんて紫の人だった(爆)
若く見えるけど、ヨン様より3つも上なんですよね。

李鳳宇氏、私も見ていました。興味深かったですね。

今の日本のドラマや映画、人物の描き方にリアリティがないのかな。
先日「男たちの大和」見てしまったのですが、「ブラザーフッド」と比べてしまいましたわ。それから、「硫黄島からの手紙」「父親たちの星条旗」。

投稿: miyuki | 2007年4月22日 (日) 15時45分

アチャ~~~、もう放送されちゃったんですかい!
見逃してしまいましたガナ☆
ヨン様の出番は1話のみなんでしょうかネ?
んで、あのポニーテール(笑)で登場したんですか?
(韓国ドラマみたいに、再放送枠があれば良いのにぃ…)
ヨン様効果で、視聴率どの位まで行ったんでしょうネ~^^

上戸彩の設定がチト若すぎる感もあるけど、
流し目ミッチーと、ユミンをチェックしたいので
今週の放送…忘れなかったら見ます(汗)

投稿: pianon | 2007年4月22日 (日) 21時06分

pianonさん、あの髪型でしたわ。
「談ちゃん」
あれはとても面白そうです。
日本で放送始まったら見よう。

ユミン、もちっといい役上げてもいいのにね。竹中直人氏の秘書兼愛人・・ってか。
そういえば、竹中さんがハングルしゃべるんですが、上手いのかようわからん(笑)

ヨン様は今後もポイントポイントで、お出になるようですよ。

投稿: miyuki | 2007年4月22日 (日) 21時45分

姐さんちょっと、ごめんなすってね。
ヒデさ~ん、ヽ(;▽;)ノおひさっ!!
あちらでも見なくなって、寂しかったよぉ。
お元気そうでよかったわ。

投稿: みや | 2007年4月22日 (日) 22時11分

miyukiオンニ、ごめんなすってね。
みやさん、レスありがと(^o^/
ちょっと、職探し&プチ仕事をしてたら、あちらが閉じてしまったんですよ(ToT)
派遣年齢35才限界説を越えて「エルダー」で勝負っす! ケロンパも韓国プチ語学留学していることですし、ファイティン!
まだまだ「ゴシレ」での関東オフ会諦めてないです!

投稿: ヒデ | 2007年4月23日 (月) 10時38分

またまた二週間ほどご無沙汰しておりました。
その間に『祝・10万ヒット』の偉業達成、遅まきながらお祝い申し上げます。
愛されているんですね~、皆様から。。。うふふっ^^
これからも更なるご活躍をお祈りしています。

さて、めでたくドンゴンさんの最新作が決まったというのに妙な事件が発生してしまって、ファンとしてはまた落ち着かない日々が続いていますね。 実際のところ、正式発表も撮影の予定などの続報も出ず、一日も早く現状を知りたいというのが本音です。

噂の『ホテリアー』面白かったです。 私もスンウ兄ご活躍の韓国版が大好きなので、改めて見直して見たくなりました。 ロケ地はすぐそこのホテルですから、偶然撮影に出くわすことをちょっぴり期待しています。 
ご本家と比べると、ちょっと軽いタッチでしょうか。 彩ちゃんがすごく前面に出ていましたね。 確かに韓国版2話分が1話になって猛スピードといった感じですが、その割には裏方の細かいエピソードなど(前菜ひっくり返し事件や指輪紛失事件)懐かしい感じがしました。 あまりにご本家そっくりで、見たことがある人には次回が想像出来てしまうのがちょっと残念。 実の妹との出会いって、原作通りなら前菜ひっくり返しちゃった子?
配役にも異見はありますが(スンウ兄役がね…)、あまり比べてしまうとつまらなくなってしまうのでほどほどに。 小6の娘は彩ちゃんの大ファンなので喜んで見ていますが、母が気になっているのは、ヨン様が猛烈に愛に目覚めてユナさんをエレベーターに閉じ込めてチューの場面。 ミッチーと彩ちゃんはどうするのか、娘の反応が見もの。
結末も原作通りになるのか、意見が分かれるところなんでしょうね。 私は日本版オリジナルの結末を望んでいるのですが。。。

投稿: スワロ | 2007年4月23日 (月) 12時36分

どこまでが原作通りでいくか気になるところですね。
ヒデさん、「太王四神記」金・銀のプレDVD見ました。準備万端っす。
これで、今年のロッテツアーで済州島ご優待に当選してセット見学のオプショナルに参加すればカンペキ??(笑)

TAMOAは掲示板復活しないのかなあ。
ヨン様の話はあそこでとっても盛り上がったのが懐かしいですよね。
仕事といえば最近私もますますボケが入るようになり、非常にやばいっす。^^;;

スワロさん、このドラマのロケ地も近いんですね。あのホテルは原作みたいなヴィラ?はないので、スイートに滞在なのかな?ミッチー・ドンヒョク。
最近おそまきながら「モデル」鑑賞中でして、スンウ嫁のナムジュさんとらぶらぶのシーンが出てくると、ついうしろにスンちゃんがちらちら・・・・(笑)
元カノいわっしもモデルの時にはちょっとおっかない姐さんになってて。しかし、青春~~て顔ですよね、ドンゴンさん。

次回作、いまごろどんな段取りになっていることやら・・・気になります。

投稿: miyuki | 2007年4月23日 (月) 14時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銃撃事件のこと | トップページ | JDGはいつからファンシーになったか »