« 『ホテリアー』日本版が始まった | トップページ | ドラマ考察②『ゴースト』・・・そのⅠ »

2007年4月22日 (日)

JDGはいつからファンシーになったか

【Written by miyuki】

ドラマ「ゴースト」のことを呟こうと思ったのだが、その前に、この案件。ゴーストのころのJDGは、はっきり言ってファンシーでない。妙に地味な時代であったことよ。

Fancy1ドンスや・・・キミはそのままで十分可愛い。(おいっ)
先月ファンミで久しぶりに顔をあわせた友一行と、次の日新大久保へ出かけた。めったに出かけないが、あの街は相変わらずの賑わいだ。職安通りへ抜ける横道の小さなお店で、店番の若いお兄さんが私をJDGファンと見込んでか、いきなり話しかけてきた。
「韓国ではJDGさんが一番の俳優なんですけどね、私たちはそう思ってるんですけどネ、日本ではどうもヨンさまとかソン・スンホンさんのほうがいいみたいで・・・・。」
「いやあ、私もJDGさんが一番だと思いますよ。マジな話。」

いい年をして少女のようについグッズを買ってしまう感覚って、深く突っ込むと恥ずかしいものがあるが、公式グッズにしろ買ってはいけないグッズにしろ、当人の写真が付いているブツをどこまで人前で使用できるものであろうか。私?私の場合、シールとか、携帯ストラップ、部屋のポスター、カレンダー・・・・くらいかなっ。ということにしておこう。へへっ。持ってはいるのだ、けっこう。いつか韓国でうっかり妙なモノを買っているところを同行のSちゃんに突っ込まれたっけな。ああ、乙女。

Fancy2有名写真家チョ・セヒョン先生の手になる写真。シャツの前は、開いてますが。
tartan姐さんもいつか言っていたが、自分が死んでから遺品整理の人が「これはなんだろう」とブラックホールのような押入れの中から出てきた箱を見て「???」になるのがきっと多分お約束。とほほ。考えるといたたまれないから、それまでにはなんとかしよう・・・と思いつつ。巷のすんほんぐっず、王子ぐっず、ビョンさまぐっず、ヨン様ぐっず、等々、皆様どうしておいでですか~~?
「オカンとボクと、時々、オトン」のおかんじゃないけれど、「私が死んだら開けてください」と箱に書いて身辺きちんとして・・・行けないな、私、多分。(汗)ぜひそうしたいととっても望んではいるのだけれど。

JDGは、動いている姿から最も美しい磁力を出している。おまぬけだったり、へっぴり腰で踊らされていたり、クサイ台詞を言っていても。(役者さんなんだから当たり前なんだが。)しかし、途中でちょっと地味に(丸く)おっさん化したときは、ちっとも写真がファンシーにならず、このころの写真をストラップにして下げてうっとり出来るかというと、そこでマニアの深度が計られる、と釜山旅行記のレビューにも書いた。
(・・・ドンスはおっさんとはちょっとちがうか・・・笑。)

Fancy3まだ、微妙な段階?
若くてぴちぴちで、細っこかったJDGは、じゃあファンシーかというとそういうことでもなくて、写真を見るとご存知のジャニーズ風味。
だいたいファンシー、ファンシーってさっきからどういう基準で?ってなもんだが、つまり、そのう・・・なにかのグッズになってて一応イメージが「おされ」かどうかってことで。うっかりデスクに置き忘れた時、「エエ男でしょ。」としらっと言えるくらいの。(相当恥ずかしいな。)そういやあビニの場合このへん、ちょっとした写真でもなぜか以前からファンシー度は高かったっけ。

Fancy4おおおお~~~・・・(歓喜)
JDG本人のふだんのおされ度については・・・まあ、深く追求せんといてやってくだせえ。(笑)(だいたい、タレントグッズ、本人写真使ってるのはなんだって恥ずかしいだろ、姉ちゃん・・・と妹の声。とほほほ・・・・・)

JDGがいつから「ファンシー」になったか。それはもちろん、あのシンさんに向けてのダイエットの時期以降からだろう。細くなって以前の姿に戻ったというのではなく、もしかすると別人、くらいに違っているところがある。私がはじめて生を拝んだのはファンシー化してからのことで、以前との違いを比べることが出来ないのが残念だ。
ああ・・・10年前からファンをやれなかったのが残念だなあ・・・マニア心をそそる変遷がライブで見たかった。

(追記)

※装飾的、あるいは幻想的などという意味から、日本では独自の方向に「ファンシー」という言葉が展開している。

一般に「ファンシー」という場合、少女趣味と結び付けられることが多い。
ファンシーグッズは単なる装飾品というよりも、おもに10代前半以前の少女向けの、可愛い装飾がこらされたりキャラクターが印刷された商品をさすことがある。こうした品を売る店を「ファンシーショップ」という。
(「ウィキぺディア」より)

※幻想的な、空想的な、意匠をこらした、しゃれた、風変わりな、などを意味する英単語。

外来語としては、ファンシー・グッズやファンシー・ショップなどに見られるようないわゆる「女の子趣味」を形容していることが多い。(「はてなダイアリー」より)

(韓流グッズとファンシーって、なるほど非常に乙女な繋がりだったのね。痛いな~~~^^)

|
|

« 『ホテリアー』日本版が始まった | トップページ | ドラマ考察②『ゴースト』・・・そのⅠ »

miyukiの呟き部屋 (98)」カテゴリの記事

コメント

有難いことに(?) 我ジョンジェにはグッズ系が少ないのですが、
(正しくは、ナイに等しい…)
もしも韓国に飽きた日が来たのなら、
今まで集めた本やDVDは、オークションにでも出そうかと…。
って、その頃には、誰も韓国物なんて見向きもしないか?^^;

↑ GIORDANO画像みたいに、
乳首立ってるドンちゃんにファンシーさを感じます(#^^#)
ギャ、ミアネ~~~☆

投稿: pianon | 2007年4月22日 (日) 21時17分

長い髪のジョンジェくんはけっこうファンシーだった・・・・(遠い目)^^

以前、ウソンくんのストラップを見かけたのですが、またこんど・・・と思ったら、
もう見つからなくなっちゃって。

一度新大久保のお店の人に聞いてみたいものですわ。誰のが一番もうかりまっか?って。

(乳首はファンシーか。私の中でもファンシーだす。どっかからちがう~~とか怒られるかな。へへへっ。)

投稿: miyuki | 2007年4月22日 (日) 21時50分

グッズなんて、こっぱずかしくて持てないです。^^; 
ファンクラブから送られてきたTシャツなんて、とんでもないけど着られない。写真類も引き出しの奥深く。せいぜい携帯の待ち受けとPCの背景ですね…。
ひた隠し、そ知らぬ顔で出入りしていた実家で、「韓国スター名鑑」「韓国ドラマコレクション」系の本が積んであるのを発見し、どっか~ん!「義姉さん、事件だわ…」

姐さん、GIORDANOのドンちゃんに歓喜する姿が笑える…。

投稿: みや | 2007年4月22日 (日) 22時40分

ぶふっ・・・
で、みやさん、お義姉さんはどなたのファンだったので?

そうそう、「モデル」鑑賞中に見つけた
ヒョクくん。確かに美しいっすね。ゴーストのミンジョンさんは、ありゃいろいろそそられますわ。(何が)詳細は、ゴーストのレビューで。(だから、いつ?^^;;)

投稿: miyuki | 2007年4月23日 (月) 01時02分

おはようございます^^
「乳首立ってるドンちゃん」、私も大好物です。よくカン上等兵を罵倒してしまいます。愛のあまり(立てるな!しまっとけ!とか)。
・・・朝っぱらから失礼しました。

投稿: ちほ | 2007年4月23日 (月) 07時54分

うひっひっ・・・
ちほさん。おはようございます。^^
ウチの場合、本来の意味に近いのかな?
「ファンシー」。。。。

投稿: miyuki | 2007年4月23日 (月) 10時07分

とりあえず、写真は下へ行くほどファンシー度が増し、最後の写真はうっうう~~。
こんな表情できるのね。

難しく考えてもらう必要なしの、このままの路線でこてこてファンシー作品もいっちょいってみっか、あ~ん?

今夜GIORDANOのTシャツ着て寝てみようっと。夢見れるかな!?

あっ、みやさんこんばんわ。
どなたの限定Tシャツ持ってらっしゃるの?
ひょっとして・・・めるあどのお方?

投稿: rei | 2007年4月23日 (月) 18時20分

ず~っと「ファンシー」を「ファンキー」と読んでいて、「DGのどこに『ファンキー』が?じいちゃんぼけたか!?」と思い、メールしようかと真剣に思っていました。ボケていたのはあっしでごんす^^;;ハラボジ、ミアネヨ~。

「ファンシー」って乙女にさせる言葉なんだよね。で、廉価(←ここ大事かも)。昔、近所にファンシーグッズ屋さんがあって、サンリオなどと一緒に聖子ちゃんとかたのきんトリオとかのグッズも売っていました。誕生日とかクリスマス会のプレゼント交換に五百円札(玉?…微妙な世代…^^;)を握り締めて買いに行ったな。凄くワクワクした。そのワクワク感は大久保でドン様グッズを見つけたときのよう。
クマが買おうと思うグッズのお写真はGIORDANO以降がほとんどです。理事様は多くの女性を虜にしましたが、グッズと結びつけると「ファンシー」ではないのね…。
「素敵」だけでは語れない何かがGIORDANO以降にあるのだろうか?

投稿: クマ | 2007年4月23日 (月) 18時55分

reiさん、ええでっしゃろ~~・・・とか言いながら、自分で首が絞まったと感じたこのレビューだす。(赤面)^^;;ああはじゅかしい。

クマちゃん、ファンはもとより、JDGにも乙女のエッセンスは降りかかったのかもなあ。(笑)GIORDANO以降、そんな感じ?髭面なのにね。
そうか、ふだん男子なクマちゃんも乙女に戻るだね?^^ふぁんし~~。偉大だ。

投稿: miyuki | 2007年4月23日 (月) 20時22分

>自分で首が絞まったと感じたこのレビュー・・・

あはっ(^^)
読んでるこっちだってこっぱずかしかったわ。
でも、ひょんとDGを結ぶ“をとめ”度満開で、
なかなかいいもの読ませていただきました(笑)

投稿: rei | 2007年4月23日 (月) 20時51分

>読んでるこっちだってこっぱずかしかったわ。

あ、やぱ~~り?面目ねえこってす。
へっへっ。^^;;

投稿: miyuki | 2007年4月23日 (月) 21時30分

>「私が死んだら開けてください」

これはまだ救われます。tartanの場合「私が死んでも絶対に見ないでそのまま山に捨ててください」とマジックで書かなければならない箱が山ほど自室のクローゼットに眠っております(笑)

グッズは精一杯頑張って「ストラップ」と「待ちうけ」(これはグッズじゃないか^^;)くらいですが、うっかりチャン友に見つかろうものなら、「これだれだ? あ、分かった! アナタガシュキデ~~ス!!」と始まるので用心が必要です。

投稿: tartan | 2007年4月23日 (月) 21時56分

tartan姐さん、JDG本人には
うっかり見られてヤバイ、はじゅかしい、
笑える等々の
持ちモノってあるんだろか。

人間生きてるといろいろ回りに
ぼろぼろ溢しまくりだよねえ。

投稿: miyuki | 2007年4月23日 (月) 23時46分

>ふだん男子なクマちゃんも乙女に戻るだね?^^<
笑顔でザックリ突っ込まないで下さい。^^;;いつも乙女だい!(嘘です)

彼の無防備さと言うか、かっこよさの対極にある隙具合と言うか、その辺が妄想加工にはもってこいの素材なんだろうな~。

>JDG本人には
うっかり見られてヤバイ、はじゅかしい、
笑える等々の
持ちモノってあるんだろか。

いっぱいありそうだ。多分本人も持っていることすら忘れているようなものが、ゴロゴロと…。

投稿: クマ | 2007年4月24日 (火) 21時18分

>うっかり見られてヤバイ、はじゅかしい、

それは部屋に転がっているんですか?
それとも身体にくっついているんだすか?

ここの写真見たさに何度もきてしまいます。
ほんまに仔牛ちゃんって目ですね。

キャラ的にはドンス、カン上等兵、クンルンが好きだけど、
やっぱり俳優は見た目が9割ってことでしょうか。

ビジュアルでは他の追随を許さない・・ね。

投稿: rei | 2007年4月24日 (火) 23時19分

reiさん、見たい写真は「ドンス」でっか?

うっかり見られてはじゅかしい、がナンなのか・・・。考え出すと夜も眠れんです。(笑)引越しなんかするとき
見つけたりして眉毛下がるんだな。
隙隙ですわ、クマちゃん。

投稿: miyuki | 2007年4月25日 (水) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ホテリアー』日本版が始まった | トップページ | ドラマ考察②『ゴースト』・・・そのⅠ »