« GIORDANO新CMと旬の男の子 | トップページ | 私の頭の中の引き出し »

2006年2月18日 (土)

こんな記事を見た

【Written by miyuki】

※「性交渉時の写真提出せよ」・・・同性愛兵士の人権被害深刻

人権運動愛の部屋など44の社会市民団体の集まりである「人権団体連席会議」は15日、ソウル鍾路区安国洞のヌティナムカフェで記者会見を開き、「軍隊内の同性愛者の人権被害を糾弾する」とし、早急な解決を求めた。
同会議は「昨年6月に入隊したある兵士が、自分が同性愛者であるという事実を明らかにし、軍隊内でカウンセリングを求めたが、軍当局はこのような事実に対し秘密維持の約束を守らなかっただけでなく、同意なしでエイズ検査を受けさせたほか、同性愛者であることを証明するため、性交渉の際の写真まで提出させたという内容が同性愛者人権連帯に受け付けられた」と主張した。
「この報告により、軍隊内で同性愛者がどんなに差別を受け、抑圧的な環境におかれているのかが分かる」とし、軍当局の無責任な行動を批判した。

同性愛者人権連帯の関係者は「男性の同性愛者らが軍入隊を避けることができないという状況の中、同性愛者らはいつもセクハラの加害者として扱われ、自分が同性愛者であるという事実をあたかも罪人のように隠し続け、2年間の兵役に耐えなければならない」と話した。
同会議はまた、「軍当局は同性愛行為の処罰条項である軍刑法第92条と、同性愛を病気または心身障害に規定している国防部令第556号、徴兵身体検査など検査規則を即時廃止し、性的少数者がこれ以上軍隊内で差別と抑圧を受けることがないよう、人権教育と指針、人権ガイドラインをまとめるべき」と主張した。
これに対し軍の関係者は「現在、該当兵士に対する国家人権委員会の真相調査を行われている」とし、「人権委員会の調査結果が出次第、後続措置を取る方針」とした。

朝鮮日報 (2月16日)

***********************************

Bini01_1 昨年11月29日、春川102補充隊に入隊したビニ。なんだかあたかも腕掴まれて、連行されちゃってるみたいだけど。「あら、ツムジ、曲がってるのね~。」とこれを見ながら考えていた。(それでいつもここが寝癖になって立ってたのね、髪。)

言語道断な酷い話だ。徴兵の際、「同性愛者は免除」とどこかで読んだ記憶があったが、よく考えたら、明らかに見かけで判ってしまう場合を除いて、カミングアウトせずに潜在している同性愛者のバアイどうやって判るのだろう?自己申告なのか?という疑問はたしかにあった。
軍隊の共同生活の実際は想像するしかない世界だけれど、現実問題、情けない事態はそれこそいろいろあるのだろう。別に意識しないでいられる身ならそれも普通の事としてやり過ごせるのだろうが、そうもいかずにじっと耐えなければならないココロとカラダを持っていたなら・・・・

「差別されてあたりまえ」などと時代錯誤な話は止めて欲しいものだ。上のニュースのような
無神経な対応も、気の毒すぎる。だいたい「コトの最中の写真」て、あーた、どういう写真なら、確固たる証拠と言い切れるというのだ?エッ?(何を興奮しているのやら、アタシ。)
とんだカミングアウトを強いられたこの兵隊さんの心の傷を思うと、ほんとうに同情を禁じえない。
 
「差別」というのとはまた違う話だけれど、有名芸能人の軍隊生活も大変らしい。我らがウォンビンくんも、広報局勤務の芸能兵でなく、当初から「私は軍隊では、一韓国民キム・ドジンとして、普通に軍隊生活を送り、任務に専念したい。」と表明しているのだが、それでも随分いろいろあったらしい。(上官と記念撮影とか、サイン殺到とか、漏れ聞こえてきたのはそんな話。)もし自分のとなりに、スクリーンやTV画面でよく見ていた顔がいて、これから毎日生活を共にするとしたら・・・・たしかに状況が落ち着くまでにはちょっと時間がかかるのかもしれない。

Army_2_6 Army02_2

Army_4_1








【写真上左】新型幕舎と言われる、新築の宿舎の様子。軍用語では「内務班」だったかな。映画「海岸線」「シルミド」などでめざしのように皆が並んで寝ていたオンドルの寝床でなく、いちおう一人一人独立したベッドだけど、ほとんど学生さんの寮ですな。

【写真上中】シャワー。仕切りは・・・・・無いなあ。

【写真上右】同じく、トイレ。花なんて誰が飾るのやら。野郎ばっかしのトイレに。(造花かな?)こういうところに万一女性が見学などに行ったバアイ、大用の個室使わせてもらうのよね???

|
|

« GIORDANO新CMと旬の男の子 | トップページ | 私の頭の中の引き出し »

miyukiの呟き部屋 (98)」カテゴリの記事

コメント

誰それがノンケだとか、アンノンケだとか、ゆるゆるなことおっしゃってたかと思えば、こんなお堅い内容UPしたりして・・不思議なワールド!!
文中、ひとつ疑問がありまして・・
>同性愛者らはいつもセクハラの加害者として扱われ・・・
色目使ってオトコを誘惑するって決めつけてるみたい文面ですね。そういうことすると加害者?
反対に、無理やりヤラレるケースもあるでしょうに・・それって、セクハラとかの問題じゃなく被害者じゃないんですかねぇ!?

わたし、そちらの世界のことはよくわからないですけど、世の中ナンにでも凹と凸があって初めてうまくいくものなのにねえ。
・・って、何言ってるんだろう・・(^^;

投稿: rei | 2006年2月19日 (日) 20時51分

reiさん、早速のコメント、ありがとうございます。きっと、ヤラレちゃってもてめえがワルイ、いつも物欲しそうである、てな具合で、最初から理不尽な「偏見」で見られちゃっているんでしょうなあ・・・

人間たちがが地球上で生きて行くことにおいて、きっとありとあらゆる差別がこの世からまったく無くなるってこたあ、ありえないんだろうなあ、と思ったりも致します。とほほ、です。

こちら関係の世界のお話、演劇や舞踊の舞台が好きで良く見ていた頃、回りにぽろぽろ、ふわふわ、時には激シク!存在しておりました。^^;;芸の肥やし、とは良く言ったもんですが、ほんと、つれづれに思い出したらおいおい書いてみたいと思っています。え?知りたくない?えへへ・・・まあ、そういわずに。
(韓国デザイン界の巨匠、アンドレ・キム先生は若い頃ふつうに軍隊に行ったのか・・・じつはとっても剛毅な性格でいらっしゃるそうですが、目下、夜中のぐるぐるネタであります。どなたかご存知で?)

投稿: miyuki | 2006年2月19日 (日) 21時33分

miyukiヒョン・・
バレーに、演劇に、舞踏に造詣が深くてらっしゃる・・
今、ふっと思い出したんですけど、ヒョンは、氷上のプリンセスだったお方でした?

投稿: rei | 2006年2月19日 (日) 23時50分

ほえ?どっかでそんなお話出ましたっけ?
大~~~~昔基礎の基礎、
習った事ありましたが。話題のフィギュアスケート。今でも後ろ向きに転ばずには
滑れると思いますぜ。最近の女子フィギュア人気とは裏腹に、スケートリンクが近所に無くなってしまって、今では遊びにいくこともなくなりましたがな。根性が曲がってたのか、素直にまっすぐスピンが出来ず、ジャンプするまでは至りませんで。

先日ソウルの真ん中市庁舎前の野外リンクを見た時久しぶりに滑ってみたくなりましたが、貸し靴がホッケー用みたいなやつだったので断念したっす。

言葉の通じないアジュンマが
万が一スっ転んで人様のお世話にならなきゃ
って事態になったらやばいっすもんね、やっぱ。えへへ。

投稿: miyuki | 2006年2月20日 (月) 03時03分

おはようございます^^
これから皆さんmiyukiヒョンを、「みゆきてぃ~」って呼んでやってください。きっと喜びます・・・いや、殴られます、かな。へへ^^;; きっと近々、バレエや演劇についても、おおいに語ってくれると思いますんで^^ 楽しみに待ちましょう。“激しく存在した”そっち系カップルの修羅場(笑)などについてもね。

すんません、アンドレ・キム先生の軍服姿ってのが、どうしても想像できなくて・・・・
鉄条網に白い薔薇・・・・うむ。

投稿: tartan | 2006年2月20日 (月) 08時46分

みゅきてぃ~・・
思いきってソウルのリンクで転んで怪我でもして入院するっていうのも、日本でレポ待ってる者にはウケたかもしれません。
しかも、入院先にはお目々キラリンの弟Drとか、痰を素手で触るジェウクDrとか、新米ドンウォンDrとか・・カルトなところでは、血腫の位置がねぇ・・というDrとかに出会えたかもしれない。

ヒョンの引出しがひとつひとつ開けられていくの楽しみにしています。
演劇つながりで・・明日ベルサイユのばら公演行ってきま~す。なんやかんや苦労しましたが、チケット入手できたもんで(涙)

投稿: rei | 2006年2月20日 (月) 16時45分

ビニのつむじに思わず反応^^
そうそう!寝癖ここですよね~
みゆきてぃヒョン(殴られる!?)

tartanさんの『鉄条網に白い薔薇・・・・うむ。』ツボでした(爆)


投稿: maaya | 2006年2月20日 (月) 22時01分

キム先生も、ノーメイクだったらきっと普通の・・・・・^^;;(寝る時くらい、ノーメイクですよねえ、たぶん。)
maayaさんは、この場面、生でご覧になったのですよね?曲がったつむじの、まんまる坊主が、画像見てても泣けましたっけ。(T_T)元気に任務に励んでいるかな、ビニや・・・

投稿: miyuki | 2006年2月21日 (火) 03時54分

reiさん、私が知っているベルばらって、
かなり昔のスタアさんのバージョンかも・・・おほほ・・・
ヅカの生徒さんも、最近ほんとに
スタイルいいですよねえ。

血腫のお医者さん、今何処。遠い目。
「輪舞曲」のジウ姫が、
横断歩道を走る姿で再び、遠い目。
相手役が誰であろうと、悲しいシーンでは
盛り上がる涙、走る時はミニョンさんを
追っかけていたユジン・・・

あ、この間のソウル行きで、同行のSちゃんが、ミニョンさんがトラックに撥ねられた場所を詳しく教えてくれましたが、
ナニをどうしても、ホテル前から直にタクシーに乗らなかったわけがわからん・・・荷物ごろごろで、歩いてる姿が撮りたかっただけなんでしょうが、ユン監督。

投稿: miyuki | 2006年2月21日 (火) 05時29分

ヘソは曲がっていないが、つむじが曲がっているってのが、ビニの人となりを如実に表していると思うな~^^
つむじが二つある子は「きかん坊」って聞いたことがありますが・・・・JDG兄さんは、つむじもヘソもまっすぐ! 他も全部真っ直ぐ!って気がします。(・・・てか、他にどっか曲がるとこ、あるんか・笑)

キム先生、化粧落としたらたぶん「阿藤快?」みたいな^^;;;

ミニョンシがはねられた場所を詳しく語れるSちゃんに、今更ながら尊敬の念を抱かずにいられないtartan・・・
監督さん方って、たまに「どうしても撮りたかったの、このシーン」ってな感じで、本筋に関係ない場面を無理矢理入れてないか?と常々疑ってます(笑)

投稿: tartan | 2006年2月21日 (火) 08時36分

tartanさん、JDG兄さん、脚はちょっと曲がってO脚・・・・^^;;最近拍車がかかってるわ。忙しすぎとO脚って、関係ありい??

投稿: miyuki | 2006年2月21日 (火) 11時03分

miyukiさん・・・あのパニック現場の中にワタクシいたとデス~
チラっと見えた凛とした姿に惚れ直しました
もうすぐ100日休暇ですね^^

ドンゴン兄さんってO脚でした(・・?
注目して見てしまいそう・・・(笑)
明日は「PROMISE」見てきます~ここで予習したので理解度はばっちりかと^^

投稿: maaya | 2006年2月21日 (火) 13時23分

tartanさん、「キム先生、化粧落としたらたぶん「阿藤快?」みたいな^^;;;」って、クマも同じ事考えました。
みゅきてぃさんとは「PROMISE」の試写会で同じ格好して同じ所で笑っていました。
お二人とは赤の他人の筈なのに時々、前世が気になるのは何故でしょう?

クマはCYONのスライドフォンのCMのビン君が好きです。つい「だ~るまさんがこ~ろ~んだっ!」と呟いてしまいます。

「だるまさんはクンルンだ」でもいいかな?字余り?

投稿: クマ | 2006年2月21日 (火) 14時23分

爆笑!!!!
「だるまさんはクンルンだ」
なに訛ってるんだいビニや?
こういう小洒落たことを考えるアタマは全然ないんだ、みゅきてぃはっ。
しかし、女子フィギュア。
あまりにジャンプの回転が素晴らしすぎて、
皆尻の肉が「なびく」んだよ、注目してけれ。

・・・こういう余計な先入観を与えるのが
はっきりいって、ヒョンの趣味かも。^^
(ネタバレだらけ。あ・・・)

maayaさんになんだか見る前から笑いのネタを仕込んでしまいました。(兄さんはほんとにO脚です。)

投稿: miyuki | 2006年2月21日 (火) 14時33分

JDG兄さんは並々ならぬO脚ですばい。(どこの人間だよ)
もお、ルパンか松田聖子か兄さんかってくらい。なんせ無理矢理痩せたもんだから、更にスカスカになったのね・・・・
銭湯での兄さんの後姿って、きっとすんごくアブナイだろうなあ~ スッカスッカだもんでのぉ。ぶはははは~\(^0^)/(←誰か~とめてやって。大体兄さん、銭湯に行かないってばさ^^;;)

あ、まじめなレビューだったのに・・・^^;

投稿: tartan | 2006年2月21日 (火) 15時31分

グラミー賞ではグランプリを取りアカデミー賞でも有力視されていたけれどヤハリあるジンクス通りに作品賞を取れなかった『ブロークバック・マウンテン』そのジンクスとは『同性愛』を扱った作品はオスカーを貰えない・・・
※「性交渉時の写真提出せよ」・・・同性愛兵士の人権被害深刻って(゜o゜C=(_ _;バキッ

私の友人にもレズビアン同士のカップルが2組いるし、ゲイよりのバイセクシャル男性にカミングアウトはしていないけれど・・・の
知人もいます(+_+)私はある意味で同性愛とは『究極の愛』のヒトツだと思っています。
ただ愛した人が同じ性を持った人だけれどいつもいつも背中合わせに『別れ=世間の目』を気にしつつ愛をマットウするってチョンマル~(本当に)大変だと思うのけれど、その愛が本物であればまさに最高に美しきものだと思っています♪~( ̄ε ̄;)

投稿: orange929 | 2006年3月 8日 (水) 02時40分

orangeさん、そうですね。
私もかつてゲイの究極のカップルを知っていました。(遠い目)
男女の間の愛がひとつの家族として結実していく、というのが「ストレート」とされているけれど、古今東西いろんな「家族」を描いた名作はたくさんありますよね。
「ブロークバック・マウンテン」は見たい映画のひとつです。

投稿: miyuki | 2006年3月 8日 (水) 06時49分

orangeさん『ブロークバックマウンテン』やはり作品賞逃しましたねえ・・・
JDG兄さん来日のニュースそっちのけで(ホントか?笑)アカデミー賞関係を見ていました。コレが作品賞取れるかどうかってのを世間の皆様と共に大変注目していたのですが・・・・残念でした。

『クラッシュ』って、あれはヒューマンドラマで、あんなに前評高かった『ブローク・・・』が監督賞。アメリカといえどもまだまだ偏見は強いってことでしょうね。

どちらの作品も是非観てみたいです。

投稿: tartan | 2006年3月 8日 (水) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36306/746378

この記事へのトラックバック一覧です: こんな記事を見た:

« GIORDANO新CMと旬の男の子 | トップページ | 私の頭の中の引き出し »